黒猫ジジィの毎日にゃん!教室のみなさんと猫を紹介   たまにプライベートなことも・・・  

黒猫ジジィは人気者
2017.12より猫ブログになりました
姫路市飾磨区、飾磨駅北にある
【なるせ音楽教室】

表紙のイラスト・記念品タオルのイラスト

2010-04-30 | ♪いつものレッスン風景
発表会のプログラム表紙のイラストと
記念品になる、染め抜きタオルのイラストをたくさん応募いただきありがとうございました。

表紙のイラスト 29名
記念タオルのイラスト 26名の応募がありました。

誰の作品が選ばれたかな?

発表は連休明けにします。
実際におめにかけるのはプログラムが出来てからで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日 祝日

2010-04-29 | プライベート
祝日とはいえない お仕事、音楽関連一日でした。

朝、母の誕生日のお祝いかわりに

おはぎを50個つくり(そんなに作って誰がたべるんだ・・?)

9時から、ういちゃんのレッスン。
10時から 寛治くんのレッスン。

家では練習できないドラムだから教室で頑張る二人。

昼からコンサートに行き

帰ってから 5時から士貴くんのレッスン。

そして6時から打ち合わせ。



発表会のバンドライブの部。

ギターやベースの分担。 いわゆる14曲分のシフトつくり。
ギタリスト小宮氏とベーシスト有川氏にきてもらって打ち合わせ。
参加のみなさんの経験度や曲の趣向、いろいろ考慮して
バンドライブの部が盛り上がるように考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなのコンサート

2010-04-29 | 音楽いろいろ・ちょっと言いたいだけ~
はる先生から頂いたチケットを
オーケストラ体験をしてもらいたいからと花子さんちに差し上げたところ
キャンセルがでたからと また1枚融通してもらい
それもはる先生の送迎つきで行っておりました。ありがとうございます。

いやはや楽しいコンサートでした。
日の丸少年と、その少年にたいするリアクションがたのしい指揮者の岩村 力さんでした。
詳しいことは はる先生ブログへ。

わたしは写真の紹介を。
写真を撮ってはいけないとはなかったので・・・




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Pianoの発表会をしてみたい

2010-04-29 | 音楽いろいろ・ちょっと言いたいだけ~
毎年しているじゃありませんか・・

 だあれ 突っ込むのは?


毎年していますが今年は11年ぶりに 文化センターで開催。
となると 借りるピアノはスタインウェイ。

おとなの人でスタインウェイなら参加してみたいと言わせる
宴会のお料理ランクじゃないけれど
好みは人それぞれあっても
松竹梅の「松」に属するPianoです。


ここのところ 午前中はPianoソロで午後はバンドライヴ。

せっかくの「松」ランクピアノで
文化センターは反響板はある。

反響板の内側にピアノを1台置いてするのが
私の中での「ピアノの発表会」
シンプルである意味ピアノ(楽器)にとってベストの状態。


そこでざっと思いめぐるのは

えっと 反響板は設置してもらえても
午後のバンドのセッティングに変えるのに時間かかるかな。
平台組んでドラムをセッティング、アンプだマイクだミキサーだなんてしていると
時間かかるかな。午後の時間が押してきて五時を過ぎたら全てに夜間料金が
かかるしな~。 あら ホール付きの人件費もかかる。

  とかなんとか考え込んでしまう。

となると最初から反響板はなしか・・・


 ま 連休あけたらホール付きの舞台さんに問い合わせてみよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月レッスン徒然

2010-04-28 | ♪いつものレッスン風景


この春からの、ともかちゃん。
発表会の曲を選びました。
先生が弾いている横でのりのりでリズムを取っていた曲に決定。





まなちゃんです。
去年は恥かしくて発表会では弾きませんでしたが、
今年は気合充分です。
1年生になるとさすが頑張っているね。





れいちゃんがコンガで合わせているのは
「えんそくだわっはっは」です
写真では紹介できませんが いい音がでていましたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親の気持ち

2010-04-27 | 音楽子育て回想
久しぶりの「音楽子育て回想」です。

今までの仕事を退職して、私と同じ道を歩みだした長女。

そんな立場になって気になりだしたのが

小さい頃音楽的にどう育てられたからしい。


話しかわって 子育て真っ最中に私は2度長女を川へ連れて行き

「こんな子は 捨ててやる!」と嫌がる娘を車から引き剥がそうとしたことがある。

市川下流の広い河原をみながら土手の端っこで親子バトルである。

その記憶が長女には鮮明に残っているらしい。

ただ なぜ川に捨てられるに至ったかはよく覚えていないらしい。


体力があって身体が大きかったのと リズム感を育てたいとの思いで、

私のドラムのお師匠さんに、娘のレッスンを頼んだ。

「小さい子は無理、おかあさんが教えたらいい」と一度は断わられ

「親では無理です。わたしがフォローをしますから」と

 頼み込んでレッスンを受けられることになった。

当時4歳5ヶ月の娘。 先生が断りたい気持ちもよくわかる。



最初の半年ほどは 先生も私も娘も手探り状態。

そして、男の子より絶対やんちゃと思われる娘。


「お母さんが先生に頼み込んでまでレッスンをしてもらっていたのに

 その先生の頭にスティックを後ろから持っていって突き出して

 『鬼!』ってやっていたら そりゃお母さんは川に捨てたくなるわね

 そんな親の事情なんて知らなかった」

 やっと捨てに行った親の気持ちがわかってくれたのね。


 そのことがあってから娘はまじめにやりだし

 なんとかレッスンが進められるようになりました。

 もし全く興味がなかったり あとの親のフォローがないと

 その時点で嫌いになっていたかも知れません。 これもある種の賭けみたいなものです。


 音楽の早期教育には親の覚悟と力添えがいりますよ。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレキギターの体験レッスン

2010-04-26 | ♪ギター(荻野先生)のレッスン風景

 

 昨日は荻野先生がエレキギターの講師になって

 初めての体験レッスンでした。

 私も立ち会っていました。

 体験のT君もドキドキだったでしょうが

 荻野先生も心臓バクバクだったのでは?

 ご両親も私も見ている中での体験レッスンでしたが

 T君の腕はなかなか見込みのあるものでしたよ。

 

 エレキのテクニックは抜群の荻野先生。

 これからもいろいろ頑張って下さいね。

 

 この度の発表会は荻野先生もバックバンドの助っ人で参加します。

 ギターも2本でステージができますので

 ドラムコースでバンドで参加の人、楽しみにしてくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片手リコーダー 2 見てはいけない動画

2010-04-25 | ♪いつものレッスン風景
イブちゃんへ

付け焼刃的指使いですが
片手リコーダーを吹いてみました。

昨日買って さっき練習をしていきなりですから
それにすっぴんですから(いつもすっぴんなんですが
イブちゃん以外はスルーしてください。 





ミッキーマウスマーチ
  (高いミの指使いを覚えたらできそう)

山の音楽家
  (低いドとファのフラットが大変だ~


 まずは綺麗な音を出せるよう タンギングからかな
 木製の楽器は一気に吹かずに徐々に慣らし吹きしてください。
 結構、つばより温度差による水滴がたまりますから
 お掃除棒に包帯みたいな薄い短冊状の布を巻きつけてお掃除すると
 上手くいきますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片手リコーダー

2010-04-25 | ♪いつものレッスン風景

 

 普通に遊んでいたら、右手が不自由なんてみじんも感じさせないイブちゃん。

 持ち前のバイタリティーで何でもこなしてきました。

 家庭でもハンディーを理由に決して甘やかさない方針だそうで、

 教室でも決して甘やかしてはいませんが、好きなことを好きなように

 伸ばせる事をどんどん伸ばす方針でやっていますので

 ちょっと先生が叱ってもへこたれません。

 

 音楽が大好きで、教室に通うのが大好きなイブちゃんですが

 お母さんが早い時期から気になっていたのは、

 3年生からのリコーダー導入。

 私は勉強不足で片手リコーダーがあるとは知りませんでしたので

 左手でできる範囲でして、音楽でも他のことで伸ばしたらと言ったのでした。

 しかし イブちゃんはどうしてもリコーダーでしたい曲があると、

 みんなと同じように音がだしたいと言ったそうで、

 他社で指が極端短い人用のリコーダーは持っていたのですが。

 (全て輪切りになっていてトーンホールの位置が左右にずらせる)

 お母さんが主治医からの紹介で 片手用をYAMAHAが作っているとのことで

 私もいっしょに練習してみようと購入しました。

 (衝動買いというより リコーダーは好きなので他のことはケチっても

  これにはお金をかけてもいいと瞬間思いました。 やっぱ 衝動買いか・・)

 

 クラリネットみたいにキーがついていて

 片手で上手く下のホールもふさげるようになっています。

 

 甘やかさない方針でも、リコーダーは穴を押さえなくてはならないし

 その穴の位置を変えるわけにはいかない。

 普通のリコーダーなら「ソラシドレ」しか出せない。

 だったら片手リコーダーは必要な楽器です。

  

  ちょうどピアノのレッスン時に、リコーダーが届いたので

  早速吹いてみました。

  本体部分が木製でキーもデリケートなので取り扱いには注意しなければ

  なりませんが、イブちゃんはうれしそう。

 

 イブちゃんの家でもピーピー。

 これで3年生のみんなと同じ土俵に立てました。

 上手く吹けるかどうかは ハンディのあるなし関係なく

 練習しだいですからね。

 リコーダーは吹き方で音色もピッチもかわりますから

 来週からはしばらくリコーダーのレッスンをしようかな。

 

 学校の教材と思えば高いですが、

 一つの楽器とすれば、開発した人の手間や

 少数派楽器を作るメーカーの手間を考えると納得価格です。

 でも国かどこかから補助がでてもいいようにも思えるのですが。

 

 調べたら片手リコーダーについていろいろありました。

 たまに楽器店のからの要請があったらリコーダー講師として

 小学校へ赴くこともありますので勉強になります。

 ♪誰もがリコーダーを楽しめるように

 ♪リコーダーの吹き方や歴史

 ♪YAMAHA片手リコーダーカタログ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新旧交代 勢ぞろい

2010-04-24 | PTAコーラス・ムーミンズ

 

 先日、PTAコーラスムーミンズの今年の役員さん(左側3人)と

 昨年度の役員さん(右側3人)が教室に来て下さって、

 今年度の打ち合わせをしました。

 年間にする曲を大体決めていましたので

 開講式にはみなさまにお渡しできるでしょう。

 昨年の役員さんも残ってくださるので

 今年の部員は多くなるかな? どんな方がコーラスに来てくださるか

 楽しみです。

 今年の発表の場は、

 11月6日 小学校音楽会

          小学校の音楽会では運動会の時しか聞くことのない

          校歌を歌おうかと案がでました。

          母校の校歌ですから今でもばっちり覚えていますよ。

 11月7日 パルナソスでの市民文化祭

          昨年、私の編曲でとりあげた「クリスタルチルドレン」を

          今年はオリジナル3部合唱でしましょう。

          

 2月11日 パルナソスでの交歓会

          1年の締めくくりはお父さんも参加する予定。

 

 あと12月またチャリティーコンサートがあるのかな。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳コピー 裏話

2010-04-23 | 音楽いろいろ・ちょっと言いたいだけ~

 

 耳コピーはできるならしたくない。

 集中力がいるし時間がかかる。

 集中力がと時間がなくておまけに脳が活性がつらくなっているお年頃。

 しかし生徒さんがしたい曲の楽譜がなければするしかない。

 したい曲が一番。ましてドラムは。

 

 耳コピーで楽譜を興す専門職はそんな手間なことはしないのでしょうが

 ①まずは聞いて頭におぼえさせないといけない。

 ②知らない曲はなんども聞いてまず好きになる。

 ③ヴォーカルが入っていると音がなんか歌詞に飲み込まれて聞き取りにくい。

 (インストものはどうにかなるのですが)

 ④打ち込みで作った音源は音源そのものが加工してあるしあとでどうにでも

 加工できるからいわゆる私にしたら受け入れにくいピコピコ音。

 

 この4項目を楽にやり過ごすには

 そりゃ 壬生娘にたのむしかないな~

  ボーカル入りでも大丈夫。 電子音も受け入れる。

  音楽脳はまだ進化できるお年頃。

 

 てなわけで 今は私と同じ時間帯で仕事をしている壬生娘は

 午前中はよく実家の教室にきております。

 昨日、いざ耳コピー。 いざ!と私は意気込まないと出来ないのがつらい。

 

 ささっと聞いたら すぐにカタカナのドレミで書いてくれるのですわ。

 それを横で五線譜になおすのが私。 

 五線譜になおしたのを弾いて確かめていると

 「のり わるぅ~ そこ違う」と横から突っ込みを入れるのが

 仕事が休みだったメアリー。

 三人でやると早くできました。

 

 あとコードを聞き取るの疲れるから 一応勘簡単なコード進行みたいだから

 理屈ではこうなると適当に書き込もうと思ったら

 壬生娘がベース音をコピーしてくれて

 この音がまずルートかということにして完了。

 

 そして今日、ドラムパートの耳コピーです。

 リズムは取れますので一人でやりますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発表会の選曲 2010

2010-04-22 | レッスンのすすめ方

 

 発表会の曲をまだ決めていない、決めてもらっていない人いますよね。

 初めて参加する人は、あまり負担を感じないように、

 レッスンの延長線上にある、背伸びをしない曲を考えています。

 取り掛かる時期も、学校になれた連休明けくらいを考えています。

 今まで何回も参加した人の中にもまだ決まっていない人、

 決まっていても練習をまだしないように言われている人もありますね。

 今している教本や曲を頑張って仕上げて切りをつけてから取り組んでほしいので

 まだ練習に取りかかっていない人もあります。

 それに短期集中型 言い換えれば長く練習していると飽きてしまうこともあるので

 性格も考えながらすすめています。

 

 発表会の練習で気をつけたいのは

 特に小さい子、その曲ばかりをしていると

 今までの教本が弾けなくなってしまう子がよくあります。

 発表会の曲が教本と音域が違っていたりすると

 ものの見事に忘れてしまうのです。

 今まで何をしてきたのかな~と言いたくなるときもありますが

 これは特別なことでなくて

 子ども、とくに導入期の子に多いです。

 毎日 順序だててコツコツ繰り返し覚える作業がいかに大切かということです。

 そのためにも初めて参加の人は普段のレッスンの延長線上の

 選曲をしています。

 

 昨年も同様のことを書いていますので参照にしてください

 「発表会のしおり」はじめての発表会

  こちらも参照してください。

  初めての方には同様の内容をプリントにしてお渡ししています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月ももう後半

2010-04-21 | 教室便り&お知らせ

 

 新学期になってもう2週間。

教室も同じように年度がかわって新しい気持ちでスタートしています。

この進学、進級の時期は頑張りすぎたり気疲れで本人が気付かないところで

とても疲れて体調を崩しやすい時期です。

まだまだ期待と不安がまざった時期でもありますので

皆様におかれましても無理のないようにお願いいたします。

私自身は発表会の準備をそろそろ本格的に始めようと気合が入ってきておりますが

皆さんの気持ちとチグハグにならないように気をつけたいと思います。

なにかと気になる点がありましたら、ご意見ご相談お待ちしています。

 

このようにブログで教室の考え方を発信していて

皆さんに言ったつもりになっておりますが、

そうそうネットを見ている方ばかりではないと思いますので

紙面でも発信を努めたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラムコース 曲目

2010-04-20 | 教室便り&お知らせ

 

7月4日の発表会に向けてのお知らせ

ドラムコース 曲目ラインナップ(19日現在)

 (曲目提出 バンドパート譜提出は4月28日までです)


バンドの部

中学生以上、または小学生でも経験年数のある人が参加する部です

【1】少女S(スキャンダル)

【2】WAO!(ユニコーン)

【3】Butterfly(木村カエラ)

【4】虹(コブクロ)

【5】How Do I Survive?(Superfly)

【6】負けないで(ZARD)

【7】じょいふる(いきものがかり)

【8】YELL(いきものがかり)

【9】嘘(Sid)

【10】空も飛べるはず(スピッツ)

【11】輝きながら・・(徳永英明)

【12】Super Love Song(B’z)

  (これはプログラム順ではありません、前回のお知らせより変更があります)

例年通り有川先生 小宮先生ベース、ギターをお願いしています。

今年は荻野祐樹先生ギターもで参加していただけます。

曲によっては豪華にギター2本でバンド編成をします。

どのような編成になるかは、参加の皆さんのやる気しだいです。

2本必要な曲でもやる気が見られないい場合は1本も考えますので

ぜひ頑張っていただきたいです。

発表会で希望すればドラムコースの人が自前でバンドを組まなくても

バンド形式でドラムが叩ける設定は個人教室ではなかなか出来ないことです。

教室の主旨に賛同していただける ギタリスト、ベーシストがいればこそ

できますので、ドラムコースの人はその点を踏まえてしっかり

頑張っていただきたいです。

 

ファミリーの部

ピアノとボーカルであわせるバージョン

(曲によってはピアノソロだけで合わせる場合も)

ドラムを中心にちびっ子、またはファミリーで参加していただく部です。

 

【1】3月9日(レミオロメン)

【2】100%勇気(忍たま乱太郎)

【3】Happiness(嵐)

【4】Dragon Soul(ドラゴンボール改)

【5】ハピハピ(クレヨンしんちゃん)

【6】君をのせて(久石 譲)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボストンピアノ

2010-04-19 | 音楽いろいろ・ちょっと言いたいだけ~

 

 第二教室にボストンピアノが入りました。

 UP118です。 

 小ぶりですがバランスのよい私のお気に入りです。

 

 このピアノは生徒さんのピアノでした。

 購入の際、私がこのUP118をおすすめしたのです。

 小さいけれどしっかりしたよいピアノです。

 

 この度、都合で手放すことになり、

 ○ケモトピアノに査定受けたのですが他によいところは知りませんかと

 連絡を受け、知らない人に渡るくらいなら私が引き取ることにしました。

 手放されたのは残念ですが 私が大切に使います。

 おそらく下の娘のピアノになると思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加