今日は何色?

わが家にこねこがやってきました。
初めての子育て?に悪戦苦闘中です。
でも、癒される毎日…。

ウインブルドンはロジャーの優勝。

2017-07-17 22:47:13 | 見るスポーツ

書くことは他にもあって、日付順ということを考えると、これは後のことなのですが、

やっぱり先に書かないと。

とっても嬉しいことなのでね。

 

忙しさと時差で全然見られなかったウインブルドン。

やっとロジャーを見られたのは昨夜の決勝。

もちろん、放送された試合は録画してますけど、オンタイムで見たのは昨日が初めて。

ジョコが棄権したりアンディやナダルが負けて、フェデラーが制するのでは?という期待は

かなり高かったです。

決勝の相手がチリッチ。

チリッチのファーストサーブが入ったらかなり苦しい試合になるなと思ったけど、

終わってみたら全試合ストレートで勝利するというすごい結果。

8度目のウインブルドン優勝でした。

 

途中、チリッチが涙して棄権するのではないか?という場面がありましたが、

チリッチは気持ちを落ち着けて試合を続けました。

準決勝でできたマメがかなり酷い状況で、思うように動けなかったこと、決勝なのに・・・という

思いから涙が出てきてしまったよう。

チリッチ、真面目な選手だから考えてしまったのでしょう。

あの状況から試合に復帰して最後まで戦ったチリッチは強いと思います。

 

表彰式には双子のお嬢ちゃんと双子のお坊ちゃんも。

お嬢ちゃん、ママに似てきたね~(^。^)

あ、1人いないぞ。

別の場面でキャッチ。

お姉ちゃん2人は前にも画面でとらえたことがあったけど、

男の子2人は見たことなかったかも。

3歳になって少しはパパがテニスしていることがわかるようになったかな?

パパはこのお子さんたちの姿を見た瞬間、涙でした。

 

4人のお子さんたち、パパのこの姿は嬉しいね。

35歳342日でのウインブルドン優勝は最年長記録。グランドスラムの最多優勝も19に。

凄すぎます。

一時期、もう引退が近いと思っていたけど、それからさらに強くなっています。

まさかウインブルドンでもう一度勝つ日がくるなんて思ってなかったし。

「芝に愛された男、芝の帝王」などと呼ばれているけど、芝で勝つのは難しい。

だけど、この調子が続くのなら来年も・・・なんて期待してしまいます。

 

とはいえ、年齢も年齢だから、あと数年とは思っているけど、まだフェデラーのプレーが見られるのはとても嬉しいです。

フェデラーのテニス、ホントに好き。

録画した試合、見なくちゃ。

 

 

 

『テニス』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母と片づけ | トップ | 旦那さんとお友達からのお土産。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (may day)
2017-07-18 20:52:13
今年も悲喜こもごものあったウインブルドン
でしたね。

お子さん双子が二組なんですか?
すごい確率ですねぇ
ご両親も双子の血筋なんでしょうか?

30歳を過ぎても、活躍している選手は
人知れず努力をされているのだと思います。
おめでとうございます♪

maydayさん (narumin)
2017-07-18 22:27:19
試合はほとんど見られてないのですが、
ニュースを見ると、いろいろとあった大会でした。

フェデラーの子供、2組の双子なんです。
辿っていけば双子入るかもしれませんが、
フェデラー夫妻、そのご両親が双子というのは
聞いたことがないです。「双子の血筋じゃないのに
すごいね」とネットでも話題になったような・・・。

チリッチに準決勝で敗れたクエリーも34歳。
今年は30代が元気です。
女子だって決勝に進んだヴィーナスは37歳。

凄い努力だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む