いつかはあの頂に

還暦過ぎて少し焦っている老クライマーです。いつかは昔のようにアルパインクライミングへの復帰ができたらいいねえ。

御在所岳東多古知谷

2017-06-28 | 鈴鹿
ジム仲間のKさんと御在所岳東多古知谷へ

鈴鹿スカイラインの表道登山道近くの駐車場から出発です。ここはすでに高度700mですから高低差は450mほどしかありません。




まずは石積み堰堤の上から入渓します。


すぐにゴルジュが始まります。最初の滝は左側をへつります。


ゴーロが出てきてその奥から直登可能な小滝がいくつか現れます。


本日はシャワークライミングが味わえます。


20mほどの斜瀑は左の水線を簡単に上がれます。


落ち口付近を登るKさん


この谷最大の百間滝です。 カムなどの登攀装備はもってないので素直に左岸を巻きました。


落ち口から鎌ヶ岳が望めます。 ちょっと曇り空が残念ですが。


百間滝の落ち口から下を覗いてみたい気がしますが。怖いので止めておきます。


ここは癒される風景


どの滝もフリクションがよく効いてます。


ホールドはすべて順層なのでガシガシ登れます。


二股は知らない間にうっかり右又に入ってしまいました。 小尾根を越えて左又に入ります。


ここからも直登可能な連瀑地帯になります。


わざと濡れたりしてめちゃ楽しい滝登り。

しばらくするとロープで遮られた場所が表道登山道との合流点でした。
少し登れば御在所岳山頂(本当の山頂ではないですが)でした。

帰りは最短の表道登山道を下山しました。

本日の核心部は百間滝の高巻きでした。ルートファインディングも足場の悪さもコース内で一番悪く感じました。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢高原かっとび伊吹の下見ハイク | トップ | 伊吹山下見ハイク2回目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鈴鹿」カテゴリの最新記事