ハートの贈りもの―2016―黄金時代04年

2016-道は分かれていきます。他者奉仕の道を選び、”一なるものの法”を共に学んでゆく人のためのサイトです。

福島放射能・除染技術が存在するのに検討しないのは、避難者に申し訳ない。

2013-02-07 14:29:08 | 脱原発
これは、唖蝉坊の日記さんのサイトで取り上げられていた内容で、私も重要だと思いますので、少し書きます。

ケシェ財団は、日本の返事を待っている。





福島原発からの放射能汚染を心配して、様々に知恵を絞っている方々がいますね。

それはそれで、素晴らしいことですね。個人のレベルでは。

しかし、もっと大きく、原発自体を封じ込め、土壌汚染の除去を効果的に行える技術が、既に存在しているとしたら?

日本政府に、既に供与されているのです。政治家、官僚、経済界、利権集団が、それを隠しているのです。

もし、日本を憂える気持ちが本物なら、日本を放射能汚染から救いたいという気持ちが本物なら、新しいテクノロジーについて、重力磁場システムによる封じ込め技術について、どこまで進んでいるのか、とことん調べてみるべきではないでしょうか。

私たちはもっと、声を大にして、日本政府に要求しなければいけないのではないでしょうか。

宇宙人詐欺?だとか、それこそいつまでも闇の奴らの偽情報シナリオに踊らされていては、もったいないですね。

いまだに、アセンション詐欺だの、宇宙人詐欺だの、天体詐欺だの、古い小さな3次元の枠組みの中で考え、判断し、その外へ踏み出すのを怖がっている人々がいます。

闇の勢力、イルミナティ、NWO、ジャパン・ハンドラー等々、その存在を知っていて、奴らがどれだけ悪事を働いてきたか、私たちを幻想の中に閉じ込めてきたか、その手の内をも見抜いているのに、ことサイエンスとなると、いまだに奴らに吹き込まれてきた論理の枠組みから、抜け出せないでいるのです。

もし、このケシェ氏の話が本物だったら、それによって、どれだけの人が、どれだけの国土が救われるでしょうか。真剣に検討する価値はあります。

アセンション詐欺も、宇宙人詐欺も、本物が存在するからこそ、詐欺が存在するのです。

闇の奴らは、本物の周囲に偽情報をまき散らして、懸命に攪乱してきたのです。本物を隠すには、偽情報の中に埋もれさせてしまうのが、最も効果的だからです。

この頃、我が家も、ニュースを含め、いわゆる普通のチャンネルはまったく見ないで、ヒストリー・チャンネルやディスカバリー・チャンネルを見るのですが、ヒストリー・チャンネル等では、驚くほどディスクロージャーが進んでいます。

専門家にコメントさせ、「~かもしれません。~の可能性があります。」といった表現で焦点をぼかしつつも、その実、真実に対して、人々に目を開かせています。

私たちが、古代に地球を訪れたいくつかのヒューマノイド型文明の子孫であることは間違いなく、「宇宙人?怖い!」と言うのは、子供が初めて出会う親戚の伯父・伯母を怖がるのと同じくらいに可笑しなことです。

この数十年間、レプティリアンやその手下のネオコン・ナチと結託し、数々の誘拐事件を起こしたグレイのような悪いET が存在したのは確かですが、それよりもはるかに多くの光の種族、本来の私たちの親戚が、過去も今も、地球と関係を保ってきたのです。

その彼らが、自分たちの子孫を守りたいと思うのは、極めて自然ではないですか? 核戦争だけは、絶対にダメだと、彼らが、核弾頭を無力化してくれています。

福島原発を抱える日本の上空にも、毎日のように、葉巻型のフリートが現れて、守ってくれています。


(2月11日、北海道上空。ご自分で、NASA のLance の映像を、確認して下さい。)

はるか遠く、例えば、250万光年離れたアンドロメダ星雲から訪れるなんて、物理的に無理だと考え、そこで思考停止してしまう人は、3次元しか、存在しないと思っているからです。

宇宙のすべてはエネルギーでできているので、エネルギーレベルが上がれば、3次元とは異なる存在様式が可能になるのです。距離も時間も、問題ではなくなるのです。

宇宙人詐欺だ!なんて叫んでいる人も、真実を今生でまだ思い出せないでいるソウルであり、肉体の容れ物をはるかに超えた巨大なエネルギーのかたまり、光の存在なのです。上から見ると、光り輝いているそうですよ。人生の道筋は、転生前に自分で決めてきていますから、ふさわしい時期に思い出すことでしょう。

スピリチュアリティとサイエンスは一体です。この先、今、神秘主義や形而上学と言われているものこそ、究極のサイエンスであることが、いずれ知られるようになるでしょう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サスーン財閥から賄賂をもら... | トップ | 本当に私企業だった米政府や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL