ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

法王の辞任!いよいよ終盤へ。

2013-02-12 15:02:14 | 政治・経済ニュースから


辞任発表から数時間後に、バチカンの大聖堂に落ちた雷。(天の意志の表れか?)



12億の信者を擁するカトリック界に、激震が走っています。

法王の存命中の辞任は600年ぶりだそうで、極めて異例です。しかも、周囲に何の相談も無かったようです。

もちろん、これは、ベンジャミン情報などで、去年から言われてきたことですが。

よほど、光の勢力側から追い詰められたのか、それとも、天界のいう「ネガティブエネルギーの封じ込め」が効いて、法王自身にも光が差してきたのでしょうか。

聖職者による性的虐待被害者の団体、ローマ法王の退位を歓迎

オランダ女王の譲位、フィジー周辺へ逃げたロックフェラー、法王の辞任、そして、日本では、これも極めて異例の日銀総裁の任期中の辞任、いずれも、闇の勢力の権力の衰えと関係があります。

次は、エリザベス女王の譲位、、でしょう。

良き宇宙人、我々の親戚・スペースファミリーによって、核兵器の使用がことごとく阻止されたため、第三次世界大戦が起こせないまま、地球はアセンションを無事に迎えました。

しばらくはまだ、3次元と5次元のスポットが地球上で入り混じるので、闇の勢力の悪事は尾を引くでしょうが、それも時間の問題です。

「アセンションなんて嘘、地球の黄金時代なんて嘘」と主張する人がまだいるようですが、何故、このように軍産複合体の力が急速に弱まり、地球全体に鉄壁の支配を敷いてきたはずのNWO の世界支配のシナリオが消えつつあるのか、その理由を考えてみたいですね。

どのような勢力が、ほぼ不可能に近かった、これほど難易度の高い介入を行い得たのでしょうか?

M6、7、8といった地震が相次ぐ中で、去年以降、何故、大被害にならないのでしょうか?

何故、メルトダウンを起こした福島原発が、まだ原形を保っていられるのでしょうか?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争の終結に真摯に努力して... | トップ | 銀河連邦からのメッセージ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ローマほ~おぉ~! (楽しいアセンション・次元上昇 ~5次元への旅~)
偽イルミナティーの中枢の一部が、いよいよ具体的に解体、崩落し始まりましたね~ 法王の辞任!いよいよ終盤へ。 法王ベネディクトはイースターまでに予想された逮捕と教会の富の没収を避けて辞職した。  2013年2月12日  ローマ法王退位で稲妻(動画) 聖マ...