0010110 ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年 

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

3次元と5次元の融合; フラッシュでかいま見るプラズマシップ

2017-04-20 13:55:30 | マイ・スターファミリー



4月17日の夜は、ここ仙台でも激しい雨が降りました。ふたたび、TFのシップを呼んで、写真を撮らせてもらいました。上の写真です。

シップなのでしょうが、何だか天蓋というか、大きなテントみたいな形をしていますね。

前回お話しましたが、フラッシュを炊いた瞬間、肉眼ではもっとはっきりした光の粒子の物体が見えるのですが、カメラの方が追いつかなくて、シャッターが間に合わなかったり、ピンぼけで、形がもやもやになってしまったり。

そのため、フラッシュの中の一瞬の世界を覗いてみたくて、撮影するカメラの後ろから、別のカメラで動画を撮ってみました。

その動画から、フラッシュが光った瞬間をスナップしたのが下の写真です。




ね、カメラのすぐそばに来てくれているでしょう?

何か構造物が写っています。。複雑な形をしているようです。シップって、こんな形をしているのでしょうか。それとも、一部分だけが写っているのかな。

フラッシュの光が届く範囲はとても狭いので、そこに姿を収めるとなると、サイズも相当小さくして写ってくれているということです。まあ、もともと違う次元に存在しているので、ここから見るのとは全然違う形、サイズなのでしょうけれど。

そして、下の3枚は、個人シップではなくて、三角の辺のようなものが見えるので、以前写したピラミッド型の母艦?のような気がします。








この夜は強い低気圧が来ていたので、オーブたちも、”暴れん坊”ってくらいにイキイキしていました。もう、自由自在に弾けている感じ。。イヤ、ほんとに、破けちゃってました。アハハ ヽ(^◇^*)/

でも、この、オーブが塊になっているところ、次元を超えて何かがいるんです。。たぶん、巨大な光のシップです。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創造主による講義録(4/20最... | トップ | ツインフレーム・他者奉仕・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL