ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

2012年12月21日の天体配列とはこういうこと

2012-12-19 14:35:11 | アセンション基礎知識


2012年12月21日の冬至の日に、天体で何が起こるのか、26000年のサイクルが終わるとはどういうことか、よくわからない方へ。

この動画、英語ですが、絵を見ているだけでも、何となく理解できるでしょう。100%真実とは言い切れないものの、かなりよくできています。

キーとなる考え方は、通常、我々は、太陽系をイメージする時、不動の太陽が中心にあって、その周囲を同心円上にいくつもの惑星が回っていると思いがちですが。

実は、太陽自身が惑星を引き連れて、太陽系全体で、宇宙の中を、ものすごいスピードで、大きな軌道を描いて、移動しているのです。

なかなか楽しい動画です。3次元のサイエンスで、アセンションを理解したい人の一助になれば。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀河連邦からのメッセージ(... | トップ | ロシアの大手テレビが闇の支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL