ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

大量逮捕は始まったのか?まだなのか?

2012-07-05 14:08:37 | その他コンスピラシー
大量逮捕は起こっているのか、いないのか。いろいろな情報が飛び交っています。

信頼できるソースからのメッセージを照合してみました。

1. AAマイケル(大天使ミカエル)

大量逮捕の代わりに、天界は、「エネルギー封じ込め」を実施することに変更した。そのエネルギー・コンテナに閉じ込められた人は、ネガティブなエネルギーを外に出せなくなる。その人の行いは、愛と調和を目指すものだけとなる。コンテナに注ぎ込まれる愛と光のエネルギーにより、いわば、リハビリが行われる。

その1例は、オバマ大統領の国民皆保険制度の裁判において、大方の予想に反して、突然、「合憲」へと判断を覆した最高裁長官のジョン・ロバート氏だそうです。(大天使に、名指しされちゃいましたね、この方、笑)

米最高裁「合憲」判断 決め手はロバーツ長官 オバマ氏「賭け」が奏功



決め手となったのは意外にも、ブッシュ前大統領が指名した保守派のロバーツ長官の合憲判断で、5対4の僅差だった。


2. サルーサ銀河連邦(グレッグ・ジャイルズ)アシュタル・コマンド(グレッグ・ジャイルズ)マシュー・メッセージペンタゴン・インサイダー Drake

逮捕は、イルミナティトップの者を対象に、散発的に、既に始まっている。軍、法執行官は動いている。だが、大量逮捕という形ではない。

3. 銀河連邦(シェルダン・ナイドル)

青信号は出ているが、最後の’発射’には至っていない。

4. レジスタンス・ムーブメント CobraDavid Wilcock

最後の青信号が出た、という報告はなし。

さてさて、、、、総合して、私がどう考えているかと言いますと。。。。

「大量」ではないけれど、散発的に、「逮捕」は起こっているのだ、と思います。それが、上空から銀河連邦の見ている視点です。

しかし、それと平行して、「大天使たち」による、ネガティブ・エネルギーの封じ込めも、起こっています。

スピリチュアル・ファミリー、スペース・ファミリーは、3次元の私たちが考えるような、強固な垂直組織に属して行動しているわけではありません。テレパシーが通じるので、その気になれば、お互いに何をしているのか、理解し合うのは簡単です。しかも、「愛と調和」を目指すという目的は一緒ですから、普段は、それぞれ独自に選んだやり方で、天からの布告を実行しているのではないでしょうか。

AAマイケルによると、「大天使が始めたエネルギー封じ込めに関して、まもなく銀河連邦も、そのことに言及するだろう」とのことです。つまり、天界の方針に、やがて彼らも従ってくるだろうと、見ているわけです。

ということは、地上では、メディアで大騒ぎになるような「軍隊がガーッと取り囲んで、建物の中から、多数の人を引き出してくる」というような構図は、見られないのではないかと、予想されます。

既に進行中とのことですから、一部のイルミナティ・トップの者たちの逮捕は終了し、今後も、逮捕される者は出てくるのでしょうが、低いレベルの多くの人々に関しては、大天使たちが構築する「エネルギー・コンテナ」に閉じ込められて、現在、彼らが行っている業務の遂行にはまったく支障を来たさない状態で、しかし、ロバート長官の例のように、愛と調和を目指す決断・行動しか許されなくなるのでしょう。

それはそれで、素晴らしいことではありませんか。ヾ(@^▽^@)ノ

大騒ぎして早急に逮捕しなくても、権力の座につかせたまま、今後は、その力を、公共のために、正義のために用いるようにさせる。我々にとっては、非常に有益ですよね。

「奴らが、逮捕という肉体的な拘束を受けるところを、どうしても見たい」、そう思ってしまう人は、復讐心に捉われてしまっているのでは? 復讐心は、奴らと同じ低い波動に、自分をつなぎ止めてしまうものです。

以前も書きましたが、
この先、何ひとつ、私たちを脅かすものはなく、何も知らない人をパニックに陥らせることもなく、穏やかに、すべてが良い方向へ変わってゆくとしたら、それで、十分に有難いことではないか、そう、私には思えるのですが。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もはや避けられない国際金融... | トップ | Fear Monger 第3報; ○○は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL