ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

逮捕も裁判も、既に進行している―司令官アシュタルからのメッセージ(3/20)

2012-03-27 19:49:18 | その他のチャネル・メッセージ


Ashtar - Confirmations of Arrests and Changes (アシュタル・コマンドの司令官アシュタルより―逮捕の確認、そして変化について)

こんにちは。皆さんが聞いたニュースを実証できる見通しがついて、我々は、とても興奮している。それは、真実が現れつつある、ということだ。多くのことは、既に達成されており、やり残していることは少ない。本当だ。詳しい期日は言えないが、すべてが動き出している。逆行も、停滞も、決して起こらない。

我々は、事態を掌握している。それは、皆さんの安全が、我々の最優先・最重要課題であることを意味する。自由には、多くの側面があるが、我々は、愛、情け、許し、感謝をもって、必要なことを達成している。我々は、皆さんと協同で、ミッションに取り組んでいる。障害は取り除かれている!

我々は、情報提供を続けてきた。我々と同じ真実を告げる多くのソースが存在する。ストーリーは同じである。銀河勢力が、地下基地を撤去した。それは、闇の奴らが、自分たちの避難所として作り上げた場所だった。最高位の支配者でいたい者が、地球上で薄汚い仕事をさせるために、手下たちに、ステルスや、スペース・テクノロジーなど、スターウォーズの類のテクノロジーを与えていた。我々は、それにも対処した。

奴らは、地球上だろうと、地球外だろうと、地下だろうと、どの基地へも逃げられない。何故なら、我々が、すべての選択肢を封じたからだ。それは、我々がただ、この領域を制御するためではない。皆さんがついに、生まれながらに持つ権利、自由を楽しめるようにするためだ。愛に集中し、アセンションに備えて大きな進歩を感じるられるようにするためだ。皆さんはもはや、誰かが見ていないか、危険がないか、怖れて、後ろを振り返ったり、肩越しに見る必要はなくなったのだ。

助けが必要なら、手を伸ばすのだ。時間は短くなっている。そして、自らも、善意のバトンを渡すのだ。我々は、逃げ道をふさいだ。ほぼ世界中の人から盗み、不法に蓄積したドルを、我々は没収している。我々はそれを、平等に、あらゆる人に再分配する。クローンについて聞いただろうが、多くのクローンやホログラム(レーザービーム立体画像)が存在する。まだ、人間の体で残っている者たちは、パニックを起こして右往左往している。

奴らは、破れかぶれになって、極めて破壊的なプランを継ぎはぎしている。だが、我々はここで断言する。’それは起こらない!’それらはただ、証拠目的だけの、最後の悪あがきだ。何故なら、奴らの逮捕が進行していて、全員、裁判にかけられるか、既にかけられているからだ。既に行われた裁判は、フィルムに記録されており、それらは、現在進行中の映像として、いずれ提示されるだろう。最大の破壊を起こす権限を持っていた者たち、そのほとんどは、既に、対応済みである。

この世界の亀の王ヤートル(絵本:闇のボス)が、公式にひっくり返れば、世界はそろって安堵のため息をつくだろう。だが、我々のミッションは、その安心感を、い・ま、拡げることなのだ。皆さんは、突然に肩の荷が軽くなった人が、楽に息をするようになったのを見たことがあるだろう。彼らは、背筋を伸ばして立ち上がり、肉体だけでなく、存在のすべての面でストレスとなっていた重荷から解き放たれ、新しく自由を見出して、喜びに包まれる。

人々は、スピリチュアルな存在として抑圧されていただけではなく、高次元のハイアーセルフからも切り離されていた。それは、寂しい感覚だ。ひどく絶望してしまう感覚だ。美しい、とても美しい光の存在をも、惨めな存在に変えてしまう。しかし、楽に息ができるようになった時、人々が、自分自身と、自分の進化、何をしにここへ来たのか、その情熱に集中できるようになった時、彼らは、自分が本当は何者であるかという真実と、自由をもって、自分自身を表現してゆく。今、我々のミッションは、あらゆる存在に、マザー・ガイアの王国では、すべてがうまく行っていると、安心させることなのだ。それは、人間だけが対象ではない。

地球が揺れる時、いや、M9.2 のような揺れを言っているのではない、地球が少し揺れる時、動物だけではなく、植物も、クリスタルも、それを感じることを知っているか? だから、人間だけでなく、この王国のすべて、あらゆる存在を安心させることが、我々のミッションなのだ。正しく見極めてほしい。最近起こった極悪非道な破壊は、闇の奴らが、支配を続けようとして起こした狂気の試みだ。奴らは、自分の喉さえ切るようにプログラムされている。醜悪だが、邪魔立てする者に対しては、奴らは、配偶者だろうが、子供だろうが、そうするようにプログラムされているのだ。

突然、気がふれて、乱射や凶行事件を起こしたように見える者たち、すべて、その原因は何か知っているか? それは、彼らに無線で伝えられたプログラミングによるものなのだ。本人は、プログラムされたことを知らない。だが、誰かが、プログラムが発動するよう、シグナルを送った。

彼らには、愛と情け、許しと感謝を送ることだ。プログラムのスイッチは切られている。まだ少しは残っているので、皆さんは、高次元からの愛のメッセージに応えてほしい。そして、絶対的な意思をもって、地球の平和を要求してほしい。戦争に携わる者だったとしても、そんな事件を起こしたのは、そのプログラムが唯一の原因だからだ。そして、まだ、多くの戦争が続行中だ。アフリカを見よ。報道されているアフガニスタンだけではない。

シリアのような国には、まだ戦争を起こそうとする者たちが残っている。韓国も、少しガタガタしている。だが、そんな試みは無益だ。我々が、戦争は絶対に起こさせないからだ。そうする能力がある。そして、誰の旗印のもとに、我々は活動しているか? 皆さんだ。皆さんが、許可を与えたのだ。皆さんが、地球に平和を求めたのだ。そして、我々は、それに答えた。共に立ち向かおう!

以下、省略。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矯正のために、闇の手下たち... | トップ | 左脳と右脳を、合体させよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL