ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

資金切れでいよいよ追い詰められた闇の勢力、11月にメガイベントを画策か

2013-10-29 21:43:24 | ベンジャミン・フルフォードからの情報
Ben Fulford: This Halloween will haunt the cabalists for a long time, October 29, 2013
Posted on October 28, 2013


David Wilcock Update Via Benjamin Fulford Blog - October 28, 2013

上記は、今週のベンジャミン・フルフォード週報・英語版、加えて、それに対するDavid Wilcock のコメントのリンクです。

舞台裏で、大きな動きが加速しています。いえ、もはや舞台裏ではなく、表のメディアにも、多くのヒントが漏れ出ていますね。

アメリカは、ごく短期間、債務上限の制限を取っ払い、デフォルトを回避し、政府の運転資金を捻出するのに成功したわけですが、それは、単なる一時しのぎに過ぎません。根本的には、何一つ解決されていません。

日本のマスゴミは相変わらず何事も無かったかのように呑気な報道を続けていますが、米経済はいよいよにっちもさっちも行かなくなっています。マーケットが「ついに、これまで!」と判断し、引導を渡せば、一触即発で、大混乱が起こるでしょう。

ベンジャミン情報によると、サバタイ派マフィア、即ちイスラエルやアメリカ政府、そのエージェント達は、八方塞がりの状況のようです。

簡単ですが、まとめると、以下のような情報を伝えてくれています。

世界各国のアメリカ離れ、イスラエル離れが、加速しています。

NSA のスパイ問題では、アメリカは多くの同盟国を敵に回しました。シリアの化学兵器問題を通じて、中東での権威も失墜しました。アメリカがもはや頼りにならないので、サウジアラビアもアメリカ離れを起こしつつあります。さらに、EU までもが、アメリカに対して、北朝鮮並みに、SWIFT金融データバンクへのアクセスを禁止する決定を下しました。

ネタニエフも、シリアやイランに対する戦争の道を閉ざされ、ローマ法王にも見捨てられ、孤立しています。

代わって、世界中に影響を及ぼし始めたのは、プーチン大統領です。

また、アメリカ国内においては先週、不可解な出来事がありました。下院議員全員が、ある議員の葬儀に出席するために議会を閉鎖し、様々な委員会もキャンセルして、空軍機でフロリダに向かったのです。

ところが、日帰りだったはずが、予定が変更になり、いまだに議員たちの所在の確認が取れていないのだとか。

ネットでは、「彼らは逮捕されたのでは?」という噂が流れているそうです。

全員が逮捕とまでは行かなくても、何処かに缶詰にされて取り調べを受けた、という可能性はありますね。

そして、とにかく闇の勢力は、もはやお金が無い!

米連銀は、中国から融資してもらうために、ブラックホークやアパッチを中国に売っているそうです。

また、これは、「え? 危ないじゃない!」と、誰もがびっくりしたニュースでしたね。イギリスが、中国に対し、イギリス国内の原発の建設や運営への参入を認めたというもの。これも、中国からお金をもらうためでしょう。

さらに、JPモルガン・チェースが、チェース元本店ビルを、中国に売却しました。これが意味するところは、実質的に、JPモルガン・チェースは中国資本に引き渡されたのだとか。

このほとんどの情報は表のメディアでも流れたもので、私も読みましたし、David Wilcock も、独自の複数のインサイダーから、確認しているそうです。

即ち、「これまでとは違う、何かとても異常な事態が起こっている」、少なくとも、「もし闇の勢力がこれまで通りに勢力を保持していたとしたら、とてもあり得ないような報道がなされている」、ということは、確実に言えるわけです。

ただ一点、David Wilcock が、ベンジャミンさんと見解が分かれるのは、(そして、私とも)、

「オバマ大統領が闇の勢力の手先というのは間違い。彼は、プーチン氏と協力し合っているのだよ」、という点です。

ベンジャミンさんは相変わらず、オバマ大統領は闇の勢力のパペットに過ぎないと考えていますからね。しかし、私も何度も繰り返しますが、オバマ大統領は光の勢力です。イルミナティに囲まれて、大変な苦労をしながらも、光の勝利を目指して、実に高度な戦略を練っています。

さて、問題は、11月おそらく上旬に、闇の勢力が、何か非常に大きな事件、メガ・イベントを画策しているというDavid Wilcock からの情報です。

アメリカ人の83%が劇的な影響を受け、それが起こった時点で、その場所から長期にわたり移動できなくなるようなイベント、だそうですが。

一体、何でしょう。デフォルト宣言か。あるいは大規模なテロか。電力網やネットワークでも破壊するのでしょうか。スペースからの偽旗攻撃か。

核を使った攻撃はあり得ないでしょう。スペース・ファミリーが許しませんから。

26日の日本・福島沖M7.1の地震は闇の勢力によって起こされた人工地震だったと言われていますが、実際のところ、宮城にいる私も確かに、普通ではない、3・11によく似た異様な揺れを感じました。

この期に及んでも、いまだ闇の勢力は起死回生の望みを捨てていないようです。

しかし、私たちは、恐怖を感じる必要はありません。どのような出来事が起こるにせよ、それは、光の勢力のシナリオ、神の計画には織り込み済みであり、必ずやそれをきっかけに、より良き世界の実現へ向けて、ドミノは次々に倒れてゆくはずです。

しっかり深く呼吸して、グラウンディングしましょう。頭頂から光を取り入れ、地球の核まで届くように、光を吐き出しましょう。自分を、セントラル・サンからやってくる光を地球に導くための媒体として、周囲に光を広げましょう。

波動を高めていれば、いわば私たちの周囲にはシールドができます。きっと大丈夫ですから。

Be in joy! これから起こる出来事を大いに楽しみましょうね!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風27号を撃退し日本を守... | トップ | 活発化する太陽、奇跡のエネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
子どもの心で、陽気に (ひらけゴマ)
(「ハートの贈りもの」さんの記事「資金切れでいよいよ追い詰められた闇の勢力、11月にメガイベントを画策か」を読んで) いよいよ人類開放の具体的動きが見えてきた。興奮する心をおさえ、腹を据える時。と言いたくなるけど、そんなことより、祝い酒でも飲んで、陽....