バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

冬を暖かくカッコよく!YAF37-K Motoウィンタースポーツジャケット(ヤマハ・YSP大分)

2016-02-08 06:40:00 | 用品・パーツ
ツーリングも出かける前は寒いと思わなくても

走行風にさらされ続けるうちに、すごく寒く感じた、
という経験はありませんか。

特に、気温はそこそこ高いのに
風が案外冷たいといった秋のシーズンにありがちです。

そこで、YSPにも秋冬用のジャケットが登場。
一部、入荷してきたものをご紹介しましょう!



こちらは『YAF37-K Motoウィンタースポーツジャケット』。

作りを重視するライディングジャケット、レザースーツの老舗
「クシタニ」とワイズギアがコラボレーションして作成した
ヤマハのフラッグシップと言えるモデルです。

昨年のYAF-34の後継モデルですね。

デザインもあえて左右非対称とし、
R1などのSSやMTシリーズなどのネイキッドなどにおすすめの
スポーツイメージ高機能ジャケットなのです。



その機能のいくつかをご紹介しましょう。

例えばこちらが腰の部分、
ツインチューブ仕上げとなっています。

前傾の強いスポーツタイプのバイクは
腰の部分から風が入って寒いことが多いのですが

ここを二重にすることでそれを防止しています。

想定したバイクの特性を考慮した仕上がりですね。



バイクで走る時に、服の隙間から風が入ると
あたたかさが逃げてしまいます。

特に手首の袖部分がそう。

このYAF37-Kは、写真のように
手首が二重になるストームガードが施してあり、

袖口からの風雨の浸入を防いでくれますよ。



ウェストや袖には写真のように
風によるバタつき防止用のタブが設置。

任意に調整ができるようになっています。

またこのジャケットのメイン生地には、
東レコ―テックス「デュールファンク」
2.5層透湿防水生地を採用。

レインスーツと同等の防水性があるので
ツーリング先での突然の雨にも慌てることはありません。



転倒時にも体を守る必要のあるバイク用ジャケットは
どうしても動きが悪くなりがちなのですが、

このジャケットは脇の部分に
「ストレッチ素材」を採用して

ライダーの動きを妨げないようにしています。

またオプションで、レーシングブレストパッドが装着可能。
安全具としての、さらなる機能拡張も可能です。



このYAF37-Kはパーツ点数が100を大幅に超え
熟練した職人しか作れないジャケットなのだとか。

冬物ジャケットは
防寒という、直接性能を実感しやすい部分があるだけに
良しあしがはっきりしてしまいがちですが

クシタニコラボのこの一着なら

秋冬のツーリングも、
余裕をもったものになりそうですね。



YAF37-K Motoウィンタースポーツジャケット

価格¥45360(税込)

カラー ブラック ホワイト

サイズ M~3L

※限定モデルのため 在庫なくなり次第販売終了




★大分インターから約5分 地図・アクセスはこちらから

★雄大な九州・阿蘇をバイクで走る。レンタルバイク、ご予約はこちらから

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

<担当スタッフ休日スケジュール>ご来店の前にご確認ください。


YSP大分公式ホームページ(リニューアルしました)
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月7日(日)のつぶやき | トップ | 大分県人ならだれもが知ってる大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。