バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

冬でも楽しく走るためのタイヤ選びをしましょう!(ヤマハ・YSP大分)

2015-12-28 06:59:00 | 用品・パーツ
こんにちは!


営業の上島です。


冬になると、ライダー本人の寒さ対策だけでなく、バイクもいろいろと出来ることがあります。


今回は、そのなかの一つ。


「冬でも楽しく走るためのタイヤ選び」


についてご案内します。


画像は、ブリヂストンタイヤの「T30evo」です。

おススメのツーリングタイヤです!
(なぜおススメかは、これから書きますね)




先回りで説明しますが、今回は「雪山で走る!」「凍結していても走る!」という話ではありません。


まず、タイヤは「寒いと滑る!」ということをご存知ですよね。


寒いと滑るのは、タイヤはゴムですが、ゴムは動かして刺激を与えないとグリップしないから(路面に食いつかない)です。


そこで、「乗り始めは、タイヤをしっかり暖めてください」とご案内しますが、冬は気温が低いし路面は冷たいので、温めることが難しいんです。


そのため、夏場に比べてグリップしなくなり、接地感(タイヤが路面をグリップしている感触)が無くて怖く感じるのです。



さて、ここ数年でタイヤメーカーさんからどんどん新作タイヤが発表されて、性能が向上しています。



どこが変わったかをおおまかに言いますと、


・グリップするだけでなく、曲がりやすくなった。(クセが無く素直に曲がる)


・減りにくくなった(同じぐらいグリップして、もっと長持ち)


・雨の日の安心感が上がった(乾いた路面だけでなく、濡れた路面でも滑りにくい)


・温度変化の影響が少なくなった(寒いときでも滑りにくい)



といったところが大きく成長しています。



そこで、一番最後の「寒いときでも滑りにくい」というところに注目です!


これは。温度が低くても「温まりやすく、温まりきっていなくてもグリップが安定している」ということです。


温まるとものすごくグリップするけど、寒いときはツルツル滑るのでは困りますよね。


それに、早く温まってくれれば、気持ちよく走ることができますからね!




こちらのタイヤ画像は、ブリヂストンタイヤの「S20evo」です。


「T30evo」(上の画像)のほうがツーリング向きで、温まりやすく、濡れた路面での安心感が高く、長持ちします(減りにくい)。


対して「S20evo」は、グリップ性能ではずっと上で、たまにはサーキット走行をしたい!という方にも対応しています。


ハイグリップタイヤは「食いつくけど減りが早い・・・」という弱点がありましたが、かなり減りにくくなっていますよ!





もちろん、5~6年前のハイグリップタイヤと比較しても、寒さによる性能の低下は少ないようです。


おおざっぱにお話ししましたが、冬にせっかく乗るなら、少しでも気持ち良く!ということで、タイヤを選ぶと快適になりますよ~。



タイヤについて気になることや、興味があれば、遠慮なくお問い合わせ下さいね!


ではでは、上島でした~



★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 

YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シグナスX、シグナスX SR、アク... | トップ | 12月28日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。