バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

最速インプレッション(?)新型『シグナスXSR』に乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-11-20 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。YSP大分社長をやっております、ナルさんこと河野成久です。

東京モーターショーも終わったばかり、
・・ですが、ヤマハは来年に向けてニューモデルを続々と予定しているようです。

そんな中、ヤマハ来季ニューモデルの第一弾、
『シグナスxSR』が発売されました。

今回のシグナスは、マイナーチェンジに見せかけて
けっこう変更点が多い様子。

本日、YSP大分に早くも「試乗車」が届きましたので、
新型シグナスⅩSRはどんな感じなのか、ちょっとお知らせいたします!



今回の試乗車のカラーはブルー。

先日終わったばかりMotoGpの
『ヤマハファクトリーレーシング』をイメージさせる色づかいですね。

他にもホワイト、ブラック、マットブラック、レッドなどのラインナップがあります。

これまでシグナスはスタンダードの「X」と
スポーティな上級グレードの「XSR」と2タイプがあり

それぞれに価格も違っていたのですが、
今回から『XSR』のみに統一されました。



あわせて価格も¥270000(税抜)から
¥285000(税抜)へと変更。

これまでのモデルが割安だったというのもありますが、
今回¥15000もの値上げとなります。

スポーティーであるとはいえ
125ccスクーターといえばある意味実用車。

はたして、価格上昇分の価値を有すのかどうか、
興味深いところではないでしょうか。



試乗してみる前に、車体の細かいところを見てみましょうか。

丁寧に赤のステッチが施された「シート」は
いままでのモデルよりも前側が薄くなった感じがします。

事実シート高は775mmとなり、
前モデルよりも10mm低い数字となりました。

うん・・実際にまたがると、
以前のやや腰高な感じが、和らいだ気がしますね。

これならいままで『足つき』からシグナスを敬遠していた人も
無理なく乗れるかもしれません。



足を置くフットボードが平らな造りであり、
そこも荷物などを置くスペースとして利用できるのもシグナスの便利なところ。

買い物袋などを、その上に下げることのできる
「コンビニフック」は今までも装備されていましたが、

それがさらに
バッグの『持ち手』が外れにくい「リングタイプ」のものになりました。

そして、29リットルの
シ-ト下トランクの収納力はほぼそのまま。

しっかり「運べる」バイクであることも、
『シグナス』の魅力のひとつといえるでしょう。



そして今回のモデルチェンジで最大の変更点

リアブレーキが上級モデルであるマジェスティ同様に
『ディスクブレーキ』へと変わりました。

この後、実際に走ってみたのですが、
効き味はドラムブレーキよりも、案外マイルドです。

でも、逆にコントロールがしやすいので
急激にロックするようなことも少ない。

滑りやすい路面でも、安心してブレーキが使えそうでした。



バイクが来てからナンバー登録に行ってもらって
もうすでに時間は4時。

日が暮れる前に、早速試乗してみることにしましょう!

・・とはいえ、ただ新しいので走っただけでは
なにがよいのかわかりにくい。

今回、比較車両として、普段代車として使用している
シグナスXSR(SE44J)と乗り比べて判断してみました。

今までのモデルと比べて
どのあたりが進化したのか興味深いですね!



お店を出て、走りだしてみます。

「おおっ、けっこう走るなぁ」。

今回の搭載されたエンジンは、
燃費がリッターあたり3kmほど向上しているのですが

最高出力は、今までのモデルより低くなっていて9.8PS(11PS)
これを以前よりも1000回転低い回転数で発生します。

「ええっ、9.8ps?前より走らなくなったんじゃないの~?」

うんうん、普通そう思いますよね・・・。

・・・ところが、試乗してみたらそうではなかったのです。



馬力は低いはずなのに・・むしろ逆に少し力強く感じます。

それもそのはず、
最大トルクは1.0kgf.m(0.93kgf.m)と逆に増加

エンジン回転数で稼ぐのでなく、
「豊かなトルク」でぐいぐい進む感覚なのです。

しかも、新型のもうひとつのアピールポイントが「4.0kg」もの軽量化。

その影響は大きく、スルスルとスピードに乗る
機敏な加速を見せてくれます。

これらにより、燃費の向上と、加速の力強さの実現という
相反する要素の両立を実現しています。



フロントフォーク10%、リアアーム40%
ホイール16%と、足回りは軽量化され

加え、剛性はそのままに5%軽くなったフレーム

いままでのシグナスの、ガッチリしてるけど
その代わりにずしっと重たい印象が少なくなりました。

カーブでの倒しこみも
前モデルに比べてとても軽い印象。

ひとまわり小さく感じるほどに
取り回しの良さが大きく向上しています。



その他の装備に目をむけてみます。

リアのテールランプは「LED」化されました。

赤く輝く「アイライン」タイプにリニューアル、

他社にはない独特のデザインが
ひと目で新しいシグナスであることがわかります。

またスピードメーターのデザインも一新され
よりスポーティーでカッコよくなりました。

性能の部分とあわせてこれらの装備も、
15000円分の価格アップを納得させてくれる要素ではないかと思います。



さて、この新型シグナスX、2004年に初代が発売されてから
今回のモデルチェンジで、すでに4代目。

実車を目の前にして・・また試乗してみて・・
デザイン、エンジン、車体、それぞれが
さらなる大きな進化を遂げていると思いました。

『シグナス新型』、ホント~によくなっていますよ!

この新型シグナスXSR、
ただいまYSP大分では試乗車をご用意しております。

その乗り味の違い、次はあなた自身でお確かめください!











★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分市以外も!ヤマハを買うなら... | トップ | 11月20日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。