バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

WR250R・サブタンク装着しました!(ヤマハ・YSP大分)

2008-11-23 07:40:48 | ニューモデル
この↓の画像を見て「・・ん?」と思った人は
鋭いひとです。

WR250Rのマフラーが左側についていますね
そう、これはマフラーではありません
実はYSP大分が製作した
サブガソリンタンクなんです

ちなみに本物のマフラーはこちら側です

後ろから見るとこんな感じ
まるでデュアルサイレンサーのようです


WRの性能はすごいのですが
人によっては
ガソリンタンク容量(7.6L)に
少し物足りなさを感じていました。

気持ちよく山中で一日遊ぶために
タンクを増量して10L程度の容量を
確保できないかとの相談を受け

そこで作ったのが
このWR250R用、サブタンクです。



このサブタンク、容量は約3・5L
ガソリンが減ったら後部のサブタンクから
ホースを介して電磁ポンプで圧送して
ガソリンを送り込むことができます



こちらが給油口です



キャップ開けるとこんな感じ



こちらが送り込むための
電磁ポンプです



こちらが作動スイッチ



タンク本体側の燃料パイプです


当初、タンク本体を増量しようと考えていたのですが
左右に分かれるアルミフレームの中にあるタンク本体の
増量はうまくいきませんでした。
そこでマフラーと反対側のスペース
うまく使い増設しました。

当然、自然には本体へは
ガソリンは流れませんので
電磁ポンプで送り込むカタチを取ったのです


応用すれば
トリッカー、セローなどにも利用できそうです

法律上のからみもあり、他のビッグタンクなどと同様に
公道走行不可ですが面白いですよね




ヤマハYSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デルタバレル4はこんな音・... | トップ | 大分から行く関西・伊勢の旅... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんなの待ってました・・・ (まじょ)
2008-12-25 23:24:51
偶然こちらを発見してしまいました!
当方もWRに乗っており、
航続距離の短さ”だけ”がWRの弱点と考えておりました(走行150kmからソワソワしだします)
が!まさに「これさえあれば!」と思ってしまいます。
コレって販売してます?
タンク本体のみとか・・・・
是非市販化希望 (くま)
2011-12-03 13:57:31

はじめまして

当方セロー250ですが、サブタンクで、ネット検索してこちらに辿りつきました。

これは、容量もデザインも、良く
是非 市販化してもらいたいですね。

今 現在は、2,4Lの携行缶をリアキャリア
にくくりつけて走行しております。

こちらの製品なら落とす心配も無く
良いですね (^◇^)
WRサブタンク是非市販して下さい (大野)
2015-09-16 10:45:17
WRのスタイルを崩さず素晴らしい出来ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。