バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

しっかり準備して楽しもう!『レンタルバイク旅行』(ヤマハ・YSP大分)

2016-01-12 06:59:00 | レンタルバイク


ツーリングって意外といろいろな段取りが必要

自分のバイクでない「レンタルバイク」を使った
レンタルツーリングならなおさらです。

自宅を出てくるところから
すでにツーリングは始まっているといえます。

しっかりした準備こそが
レンタルバイクツーリングを成功させるカギです。

そこで今日はレンタルツーリングをするときに
注意しておくことを考えてみましょう。


□1・YSP大分までの交通手段を調べておく

 当店までの経路、スケジュールを事前に調べましょう。
 
 都会にくらべれば交通アクセスがよいとはいえないので
 (だからこそツーリングにはよいのですが・・・)
 しっかり確認しておく必要があります。 

 例えば大分空港からは直通の電車はないので
 高速バスを使うことになります。(大分駅まで約1時間)

 大分駅からはJR久大線で駅3つです。

 何時にYSP大分に到着できるかで、その日どこまで行けるかが決まりますよ。

□2・走りたいルートを決めておく

 
 行きのスケジュール、帰りのスケジュールが決まったら
 それに応じてルートを選定します。

 地図やグーグルマップなどで距離、時間を調べるのですが
 山間部のルートはカーブが多いので
 思ったほどペースがあがらないこともあります。

 あそこもここも行きたい!・・となるのですが、
 欲張らず行きたい場所をしっかり絞る、

 また一部、高速道路を使うなどして
  
 時間内に返却できるように
 余裕を持ったスケジュールを事前にたてましょう。

□3・当日必要なものの準備
 
 季節によっては九州でも、特に山間部ではすごく寒くなることもあります
 ツーリング先で困らないよう服装などには注意しましょう。 

 自分用のウェアをすでにお持ちなら、当店宛に事前に宅配便で
 事前に送っておくのもおすすめです。(お帰りは着払いでお送りします)

 ちなみに当店ではヘルメット、ジャケットなどのレンタルもありますので 
 必要であればお知らせください。
 
□4・帰りの時間を決めて余裕を持って返却
 
 旅にはハプニングがつきもの、だから時間がどうしても押しぎみに
 なってしまうのですが、その日に帰るつもりだと
 最悪、飛行機に間に合わないこともあります。

 帰りの交通機関の時間も調べておきましょう。
 (JR久大線は1時間に2~3便しかありません)

 またレンタル返却の前にはガソリン給油をする必要があります。

 返却手続き自体にも少しお時間をいただきますので
 時間には十分余裕を持って返却しましょう。


さて、お正月を過ぎましたが、
今年は本当に暖かい冬となっており、バイクに乗るにはよい条件です。

YSP大分は2016年も
たくさんのご利用をお待ちしております。

なお当店のレンタルバイクは
メール、お電話での事前予約をお願いしております。

雨天などによるキャンセルも
前日および当日朝までお受けいたしますので

まずはお気軽にご予約ください!


 








★YSP大分までの道順(大分県庁周辺から)


フェイスブック、ツイッターでは、リアルタイムのYSP大分情報をどんどん発信中です。


★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたのバイク カーボンでパワ... | トップ | 1月12日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。