バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

BOLT-C SPECに「ブレットカウル」を装着しちゃいました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-02-03 06:59:00 | 用品・パーツ
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

ボルトをベース車両としてカフェレーサー風に仕上げられた
ボルトC-SPEC (ボルトカフェ)。

そういう存在であればこそ、
やはり自分オリジナルのカスタムを施していくこと

それが本来の楽しみ方と言えるのではないでしょうか。

今回、お客様のH様から
そんなボルトC-SPECの「カスタム」のご依頼をいただきました。

少しご紹介いたしましょう。



こちらは「ブレットカウル」

本来C-SPECにはつかないものを
取り付けステーなどをワンオフで作成することで装着いたしました。

ハンドルや、ライトなどの位置が違うことで
そのままではつかないパーツ。

でも、うまくカスタムすることで
写真のように最初からあつらえたような仕上がりです。

ちなみに色については純正色にあわせ、オリジナル塗装しています。



そして二人乗りする機会を今後作りたいということで、
ボルト用の「パッセンジャーバックレスト」を装着。

後部に適度なボリューム感をもたせることで
バランスのよいスタイリングとなっています。

よりカフェレーサーらしい印象になったのではないでしょうか。



さらに電気的に作動する「タコメーターを
純正スピードメーターの横に装着しました。

ブレットカウルが装備されたことで、
カスタム感の強いコクピットまわりとなり

セパレートハンドルとあいまって
スポーティーな印象を与えてくれます。

またPIAAのLEDフォグランプを装着

照らす範囲がサイド方向にひろがることで
夜間の走行に安心感を与えてくれます。



このようにボルトC-SPECの良さは
自分ならではのカスタムを加えていく余地が多いことではないでしょうか。

オーナーのアィディアや発想力で
さらにカッコよさを増すことができる、

カスタムバイクの醍醐味ですね。

そんなボルトC-SPECのことなら
ぜひYSP大分におまかせ

ぜひご相談ください!





★YSP大分までの道順(大分県庁周辺から)


フェイスブック、ツイッターでは、リアルタイムのYSP大分情報をどんどん発信中です。


★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午後3時以降は予約なしでも... | トップ | 『VMAX サイドカバーセット... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワンオフステーについて (Unknown)
2016-02-06 08:42:15
初めまして。
私もBOLT Cスペックに乗っており、以前からブレットカウルを付けたいと思っていました。
そこでお伺いしたいのですが、Cスペックへの取付に必要なワンオフステーのみを販売して頂くことは出来ないでしょうか?
直接お店の方へ行ければ一番良いですが、関東在住なものでして……

もし可能であればよろしくお願い致します。
Unknown (naru250f)
2016-02-06 16:11:57
お問い合わせありがとうございます。
ステーは現物合わせで作成したものですので
ステーのみの販売はいたしておりません。
(申し訳ありません)
よろしくお願いします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。