バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

BOLT-Cスペック 試乗会 インプレッション(ヤマハ・YSP大分)

2015-03-19 06:59:00 | ニューモデル
こんにちはFM大分レディオクルージング(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

3月17日火曜、今日はオートポリスに来ています。

先日ご紹介したYZF-R3にも乗った
ヤマハの販売店向け試乗会が開催されています。

お天気は快晴、気温もあがり、
超久々、絶好の「バイク日和」なのです。



実はこの日、どうしても乗ってみたかったバイクがもう一台。

それがこの「ボルトC-SPEC(ボルトカフェ)」

アメリカンクルーザー「BOLT」をベースに
セパレートハンドルを装着した「カフェレーサー」仕様の派生モデルです。



カフェレーサーとはちなみに

昔、イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、

自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために
改造したのがその起源とされているそうですよ。



ヤマハプラットフォーム戦略
(同じエンジン・フレームの派生モデルを多く生産すること)

・・により作られたボルトの兄弟車とも言えるこのバイク

スタイルはいわずもがな、ご覧のとおりのカッコよさですが
でははたしてその「走り」は一体どうなのか。

まだあまりインプレッションも出ていないようなので
気になっている方も多いことでしょう。

そのあたりを今日は試してみましょう!



ちなみにセパレートハンドルとは

一般的に棒状の「バーハンドル」を撤去
左右のフロントフォークに直付けでハンドルを装着。

低い攻めのポジションを作りだすというものです。

あわせてステップを後方に持っていきバランスをとります。

完成したライディングフォームは
美しく前傾を保つものとなり、

それがカフェのカッコよさの原点となります。



では早速またがってみることにしましょう。
よいしょ。さすがにボルト、重さはそこそこあります。

あれ、シートが柔らかいですね。

カフェレーサー、というからSRなどのカスタムパーツによくある
硬いものを想像していましたが全然柔らかい、

SR400の厚いノーマルシートのように
座ったらずぃっ、と沈み込む感じで

そのおかげで見た目ほど足つきは悪くないようです。



そしてハンドルの位置ですが、

ノーマルのボルトに比べればもちろん低いものの、
セパレートハンドルの割にはちょうど良い高さ感。

また、ちょっと脇を絞ったら
しっくりくる幅感はおさまりがよいですね。

そして950CCバイクとして意外なのがクラッチの軽さ、
なんか250ccのバイクみたい、です。

指、1、2本でも十分操作可能
ヘアピンカーブ、シケインで速度調節のための半クラも容易そうです。



さて、それでは試乗を開始してみましょう。

ステップ位置は最初にまたがった時こそ
思わずステップの場所を探してしまい

ブレーキを踏みそこないそうになりましたが

走りだすと、ハンドル・ステップ・シートの三角関係が絶妙なためか、
妙なしっくり感があります。

前傾だけど楽なんだなこれが。

これがメーカーメイドのポジションの完成度の高さなんでしょうか。



SRなどでセパハン、バックステップを装着すると

この三角関係がちぐはぐで座りが悪いと感じることがありませんか。

でもこのバイク、このままロングツーリングに行ってもいいかも・・
なんて感じるほどのしっくり感があります。



しかもバイクの重心バランスと
ライダーの重心位置も最適化されているようで

コーナーなどに入る時にきちんとコントロールして、
バイクに影響を与えている実感があり

曲げようとするのに曲がっていかない気持ち悪さもありません。
コーナー攻めて、ちゃんと楽しいバイクになっていますね!



ハンドリングもアメリカンがベースとは思えないほど素直で

一般的に短いセパハンだと
おさえは効きにくいように思いますが

思ったところにきちんと落ち着きます。

ただハンドルをとってつけただけのバイクではないようで、
このあたり、ヤマハは計算済みのようですね。



ストレートに来ました。
では、エンジンは果たしてどうか。

ここはさすがBOLTの950CCVツインエンジン、
「ドドドド・・!」と力強い加速をします。

SR400をはじめとする、小排気量カフェレーサーは
コーナーの立ち上がりこそ力強さを感じますが

スピードが乗るにつれ、トルク感が薄くなり
ただ回っているだけの残念感があります。



ところがこちらはさすがに余裕。

豪快なトルクをごく低速から、
高速道路で走るような速度域まで、まき散らすようにして走りますね。

図太いパワーで、
迫力のあるカフェレーサー・・それがこのバイクの魅力なのです。



テイスティなカフェレーサーは走りが弱いという概念を
覆してくれそうという点でこのBOLT C-SPEC。

そのスタイリングのみならず、

走りの楽しみの両立という点でも面白い存在になりそうです。


さて4/18(日)には

このBOLT C-SPECにも乗れる「ヤマハ試乗会(お客様向け)」が
今回の会場 オートポリスレイクサイドコースであるのをご存じですか

こちらは当日会場で受け付けいたします。(無料)

ご来場いただき、
ヤマハのニューモデルをぜひ体感してみてください!





























★YSP大分 facebook

★FM大分 毎週月曜日PM6:15~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-ky
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月18日(水)のつぶやき | トップ | 3月19日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。