バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10〜「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

「充電させてもらえませんか?」e-vinoに乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-02-06 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。FM大分 クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

乗り物といえばガソリン(もしくは軽油)で走るのが長らくの間の当たり前

ところが最近では4輪を中心にガソリン+電気、
もしくは電気のみで走るものも徐々に見られるようになってきましたね。

もちろん2輪(バイク)にも
電気で動く「電気バイク」が以前からありますが、

航続距離やパワーの弱さなど、
諸々の事情でいまひとつ普及していませんでした。



そんな中、ヤマハから新しく発売された電気バイクが
今回ご紹介する「eビーノ」。

年末にはテレビ東京の番組で

このeビーノを充電させてもらいながらの
ツーリング企画の番組もあったりしてました。

そういう旅も楽しそうですね。



さてヤマハの電動バイクは、
2002年に発売された「パッソル」から数えて
実は今回のeビーノで6世代目となります。

直近のモデルであったのが「ec-03」で、

航続距離も電動にしては長く(43キロ)、
内部電圧が高い(70V)ためパワフル・・とよいところも多かったのですが、

引き換えにバッテリーが取り外しができず、
家に外部コンセントがないと充電できない

またその上、アース付コンセント(3極のもの)を取り付ける工事が必要など、
その手間から、なかなか販売には結びつかなかったのです。



そこをふまえて今回の「eビーノ」
現実的な改良点を打ち出してきました。

革新的技術を・・というよりもむしろ
今できることで工夫して、使える電動バイクを作る、というように、

案外割り切ったアイディアの電動バイクと言ってもよいかもしれません。

写真のようにバッテリーを取り外して
部屋に持って帰っての充電が可能ですし

それもごく普通の家庭用2極コンセントでOK。
しかも充電時間もおよそ3時間と短いのです。

これだけでも使いやすさで、かなり改善されましたね。
ただし、航続距離はそれと引き換えに、同条件で29キロとなりました。



しかも今回のモデル、シート下には10リットルほどの
収納スペースがあり、そこには「スペアバッテリー」が搭載可能です。

これは、電動専用の車体でなく

ビーノの車体にコンパクトなモーターの組み合わせのため、
内部にスペースが確保しやすくなったおかげだとか。

代わりにEC03よりは12キロ重くなってます。

ただおかげで必要があればバッテリー2個搭載で
後続距離を2倍にすることができます。

ちなみに、この10リットルの収納、縦長ですが案外深い。
ハーフタイプのヘルメットなら収納が可能です。



今回の「eビーノ」、
実は乗る人のターゲットは絞り込んでいるそうです。

それは、都市部在住で半径5km以内の移動をおこなう女性。

・・なのでデザインは、
女性に人気のビーノデザインを迷わず採用。

形はもちろん、大きさなども
ほぼビーノのままなんだそうです。

おかげで後付のオプションパーツも
ビーノのものが多く使えるそうです。



わずか5Kmの移動・・・比較的走行距離の少ない移動を繰り返す方は、
バッテリー(電動でなくバイク用のバッテリー)があがったりしがち、

エンジンから充電される電気より
セルスタートなどで消費される電気の方が多いことが原因です。

「乗らなくてもエンジンかけたほうがいいんですかね・・」
なんていう話はよく聞きますが、

電動ならばそういう心配、まったくないんですよね。

しかもオイル、排気ガスがでないのでとてもクリーン。
そういう点でも女性に喜ばれそうです。



では早速乗ってみましょう。
メインキーをオンにして、

メーター内にある左側のボタンを一回押すと
走行モードが確定。

後はアクセルを開けると、もう前に進みます。

ちなみにモードは通常モードとパワーモードがあり、

通常モードなら時速30キロ(+α)
パワ−モ−ドなら時速40キロ(+α)のスピードが出せます。



走りだすと「音もなく」走りだします。
本当に静か、沈黙のスタート。

ヒュルルルル・・とスムースな走りだしは

正弦波モーターの特性だそうで
走りだしがなめらかなのが特徴、ここはヤマハがこだわったところだそうです。

エンジンのバイクに比べると、力強さにはちょっとかけるものの
平地では、走るに差支えない程度の加速をしてくれます。



乗り味は一言でいえば「軽い」、
エンジンのトルク感も、車重も、です。

車体もガソリンエンジンのビーノ(4ストビーノ)よりも
12キロも軽くできていて、非常に取り回しがしやすい。

これなら力の弱い女性にも優しいことでしょう。

普通のガソリン原付は乗るにあたり、

重さ、パワーから、ちょっと身構えるよう感覚がありますが、
これは、電動自転車感覚、本当に軽々と使えます。



ただし、道路状況や交通の流れによっては
ちょっと力不足な感じは否めません。

そんな時は、メーター内左ボタンを一回押して「パワーモ−ド」にしましょう。
電気の消費と引き換えですが、力強さが感じられます。

パワーモードなら、
速度も40キロちょっとでますので

通常モードでは明らかに弱いと感じたのが
一般の原付に近いパワー感覚で走れます。



このモード切り替えはメーターパネルのボタンで
切り替えるため、走行しながらはちょっと危ない。

でもここではパワーが欲しいといったことが
走行中に突然あったりするものですよね。

そこで、急に坂道に差し掛かったり
一時的に交通の流れに乗るときには

普通のバイクでは、セルスタートスイッチにあたる部分につけられた
「ブーストスイッチ」を押すと30秒間だけ最大パワーが発揮。

このブーストモードだと速度も
およそ50キロくらい出せるそうです。

電動は、スムースさと引き換えに急な加速が弱い印象。
でも、このブースト機能でだいぶ救われる感じがあります。



このeビーノ、

以前のEC-03あたりと比べると、ちょっとがんばって
スピードを出しても安定感が感じられます。

それは電動専用のフレームでなく、

車体の寸法やディメンジョンなどが
すべて4サイクルビーノと同じなため。

電動のパワー感程度であれば余裕。
少々スピードがでてもしっかり受け止めてくれます。



走っているときはとにかく静か。
これは電動ならではですね。

このバイクで一番音がするのが警音器を除けば
ウィンカーリレーの「カッチ、カッチ・・」という作動音です。

基本、走行中は若干のモーター音がするだけなので、
鳥の声や川のせせらぎなど自然の音もよく聞こえます。

ただし、気を付けないと他の歩行者や
自転車に気づいてもらえないことがあるかもしれません。

でも、まるで自転車に乗っているかのような快適さは
エンジン付きのバイクでは味わえませんね。

早朝出勤、深夜帰宅の人も
ご近所迷惑になることは、まったくないでしょう。



100V2極コンセント充電になったり、
バッテリー取り外しが可能と、便利になったかわりに

一回充電での航続距離は29キロとやや少なめな設定になり
(現実はおよそその半分くらい)

長距離通勤や、行く場所が広範囲かつ
不特定な方の移動には向かないでしょう。

しかし、原付バイク自体の使われ方は
特に、女性においてはおよそ50%の人が

一日5キロ以内の距離しか走らない、というデーターもあるんです。



だから、そんな使い方にうまくはまれば、
逆に電動は非常に経済的。

燃料代がかからない(電気だとガソリンの1/10以下)

しかも、オイル交換、ベルト交換、プラグ交換、エアクリーナー交換などもない。
維持管理費まで大幅に削減できるわけですから

まさにバイク屋泣かせの乗り物。

ユーザーからすれば、
結果、非常に安いコストでの移動手段となるでしょう。

・・となれば、原付を使う人も
むしろ電気の方が理にかなうケースがあるのかもしれない

試乗してそんな感想を持ちました。



さて、そんな電動スクーターの使い方に、うまくはまりそうな方、
一度試してみませんか。

YSP大分では
私が試乗したこのeビーノの「試乗車」をご用意する予定です。

ぜひお問い合わせの上、電動の可能性を
当店の試乗車で体感してみてください!









































★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ−ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『VMAX リアマウントベース』中古パーツ入荷しました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-02-06 06:40:00 | 用品・パーツ
こんにちは!

営業の上島です。


下取り、買取で発生した、中古パーツのご案内をします!


今回、「VMAX1700 リアマウントベース」の中古部品が入荷しました!


VMAXは、荷物をひっかけるフックが無いし、リアキャリアを取り付けする場合などには、必要です。


その他の画像と、説明は以下の通りです。




どんな部品か分かりにくい!という方のために、カタログの画像を参考にして下さい。




■ 商品名   ヤマハ純正 VMAX1700 リアマウントベース


■ 機種名   VMAX1700 


■ 適合年式  VMAX1700 全年式 平成21(2009)年〜


■ 価格    お問合せ下さい。(新品本体価格 49,680円)

        部品代+取付工賃込みの金額をご案内します。

        ※ 当店での取り付けのみ行います。
        
        ※ 部品のみの販売はいたしておりません。
        
        ※ 中古部品につき、状態は店頭にてご確認ください。
  

 


★YSP大分までの道順(大分県庁周辺から)

★FM大分 毎週月曜日PM12:05〜クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 

フェイスブック、ツイッターでは、リアルタイムのYSP大分情報をどんどん発信中です。


★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ−ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加