バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

「XSR900」60th Anniversary 最後の1台!(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-17 06:59:00 | ニューモデル


イエローに黒のストロボライン
はるか昔、ヤマハのレーシングカラーとして知られたグラフイックですよね。

こちらが昨年、いくつかの機種に
ヤマハ創業60周年記念カラーとしてリリースされました。

いずれも期間限定生産により
すでに生産受付は終了しているのですが

この「XSR900」については
YSP大分にて、残り1台のみご用意できます。

購入タイミングを逃したという方
この機会、どうぞお見逃しなく!


さて、我々オートバイ業界は、
本年2017年から来年にかけ、販路の再編成による専門店化が進みます。

だからこそ、ヤマハのことなら
今後は私たちヤマハ専門店「YSP」へ。

オートバイは、メンテナンスなども大事な乗り物ですよね。

ゆえに購入は、数年後にもアフターサービスが
しっかりできるお店であることが大事です。

ぜひ私たちヤマハ専門店、YSP大分にお任せ下さい。














★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマハレーシングブルーの「CYGNUS-X SR SPECIAL EDITION」登場!(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-17 06:40:00 | ニューモデル


CYGNUS-X SR SPECIAL EDITION

スピードブロックを
織り込んだツートンカラーで
スポーツマインドを刺激するシグナスが登場です。

----------------------------------

シグナスXSRに、待望のヤマハレーシングカラーが登場。
全国限定700台です。

当店の入荷もごく少数となりますので、
お早めにお問合せください!



★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリシティ155に試乗できます!(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-16 06:40:00 | ニューモデル


発売されたばかりのトリシティ155

こちらの試乗車が当店にはございます。

リーニングマルチホイールとよばれる
3輪タイヤのアドバンテージで抜群の安定感

そして低燃費と走りの良さが定評の新型エンジン「ブルーコア」
その走りも試乗にてお確かめいただけます。

さて、そんなトリシティ155ですが、
もし購入をご検討されているのであればYSPでどうぞ!

我々オートバイ業界は、
本年2017年から来年にかけ、販路の再編成による専門店化が進みます。

だからこそ、ヤマハのことなら
今後は私たちヤマハ専門店「YSP」へ。

オートバイは、メンテナンスなども大事な乗り物ですよね。

ゆえに購入は、数年後にもアフターサービスが
しっかりできるお店であることが大事です。

ぜひ私たちヤマハ専門店、YSP大分にお任せ下さい。


★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマハブルーが鮮烈な限定車!「MAJESTY S SPECIAL EDITION」 (ヤマハ・YSP大分)

2017-01-14 06:59:00 | ニューモデル


MAJESTY S SPECIAL EDITION

スピードブロックを織り込んだ
ツートンカラーで上質かつ俊敏な走りを表現しました。

メーカー希望小売価格360,720円 [消費税8%含む](本体価格 334,000円)

発売日:2017年2月10日予定

------------------------------

ヤマハレーシングカラーをイメージさせる
限定カラーのマジェスティSが登場しました。

全国限定500台のため
当店入荷も少数になる予定です。

ぜひ、お早めにお問い合わせください!







★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YZF-R25オーセンテイック外装車 展示中!(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-09 06:40:00 | ニューモデル
かつてのヤマハレーシングカラーのDNAを受け継ぐ赤/白・・・。

これを「オーセンティック」、
ヤマハが認める公式カラー外装として発売したものが
ワイズギア 「オーセンティック外装キット」です。

それを装着した特別なYZF-R25がYSP大分に入荷しています。
簡単にご紹介しましょう!



ヤマハが世界GPなど、白/赤のカラーで走っていたころは主に80年代のころ

そのころ既にバイクに興味を持っていた人にとっては
懐かしく感じることもあるかもしれません。

赤のグラフイックに黒のライン・・

もともとスーパースポーツのR25ですから
よく似合いますよね。

どうせR25に乗るなら「人と違うのが欲しい」
という方にはもってこいのカラーではないでしょうか。



当時、TZR250などにも赤白カラーが多かったので
そのころのバイクの面影も垣間見えます。

ちなみに変更された箇所は

「フロントフェンダー」

「サイドカバー」

「タンクカバー」

「フロントカウル」

「カウリングボディー」

「シングルシートカウル」など



特に「シングルシートカウル」については
よりレーシングな雰囲気が楽しめるアイテム。

まるでレーサーのようです。

これが付属しているのはうれしいですね。

なお、このオーセンテイック外装は期間受注生産品につき、
すでに予約期間が終了しているため新規受注はできないパーツです



ただいまYSP大分では、

そんな「YZF-R25オーセンテイック外装装着車」を店頭にて展示販売中。
ぜひ実物をそばで御覧ください。

ご用意できる数についてはこの1台のみとなります。
価格については店頭にてお確かめください。

お問合せについてはお気軽に
大分唯一のヤマハ専門店、YSP大分へどうぞ!








★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NMAXに乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-06 06:40:00 | ニューモデル
こんにちは。FM大分「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

先日発売されたばかりの「NMAX」。みなさんご存じでしょうか。
そう、ヤマハの新型125ccスクーターです。

早くも幾人かのお客様にご成約をいただいており、人気ぶりをうかがわせます。

購入にあたり、情報を探している方も多いらしく、
当店ブログの「リリースされたばかりのNMAXに乗ってみました!」
毎日たくさんのアクセスをいただいております。
(ご覧いただきありがとうございます)



私、昨日は定休日でお休みだったのですが、
春先らしくお仕事がけっこうあったりしたので
その道中、どうせならと話題のNMAXに乗っていくことにしました!

125ccスクーター(コミューター)といえば
一番よく使う環境は、市街地での走行などのはず。

あれっ、登録行く道、試すのにちょうどいいんじゃないか。

そこでの使い勝手や実力、はたしてどうなのか・・・
ついでに少し探ってみたいとおもいます!



この日は、YSP大分のある賀来から南大分を抜け、国道197号、
さらに「40m道路(大分県道22号大在大分港線)」を走り、三佐まで行きました。

ここは大分臨海工業地帯の近く、交通量が多いルートで、

大在コンテナターミナルなどもあることなどから
大分市を東西につなぐ「物流の動脈」となっています。

なので大型トラックなどもかなり多いですね。

車線数も多く(片側3車線)走行ペースも早い。
原付一種(50cc)や、二種でもサイズの小さな機種ではちょっと怖い道なのです。



大型トラックやトレーラーと走る、

もしそんなところで転倒して
そんなものに踏まれたら、さすがにひとたまりもありません。

だから、それらとは、なるたけ距離をとりたいもの。

そこで求められるのが、
要所でグイッと加速して前に出れる加速力、

追い越し車線にでても、
後続を置いてけぼりにできるくらいのパワーが必要です。



スクーターは、特に125ccはベルトドライブのオートマなので、
どうにもまったりした加速になりがちですが

NMAXは可変バルブタイミングで
低速カムから高速カムへと切り替わり、

その可変するあたりから、力強く元気のよい加速が顔を出します。
なのでクルマの流れ以上のペースも楽々ですよ。



車体が少し長めのためか(シグナス比+45mm)直進安定性がよいですね。

40m道路によくある重い大型トラックによりできてしまった道路の「起伏」は
(横に横切ると、ガタガタなるくらいにへこんでる場所もあったりします)

バイクにとっては怖いもの、不意に振られると恐怖ですが、
そこでNMAXの125らしからぬ安定感が頼りに。

13インチ&しっかり幅のあるタイヤも
それに貢献しているんでしょうね。



あと安定感といえばカーブでもいいですね。

通常の125ccスクーターは小回りが効く代償として
大きいカーブではやや安定感にかける感じがありますが

それがNMAXは、倒しこみがとても穏やかで安心して曲がれる感じで
少し250のビッグスクーターのような雰囲気に似ています。

だけど軽くて素直、表現が難しいところですが、
速度域・カーブのRなどに関わらず、どこでも気持ちよく走れます。



さて、仕事が一段落したので、お昼ご飯にしようかな。

ちょうど帰り道の道沿い、

九州運輸局 大分運輸支局(陸運)横にある
「長浜ラーメン 麺通人(めんつうじん)」に行ってみます。

ここは、整備士免許をとりに来てたころ、
お昼ご飯の時によく通っていたお店なんです。



ラーメンを語るほどくわしくはない私ですが
あっさり系のスープが、素朴な感じがして好きです。

昔、実家の近所にあったラーメン屋さんの味に
ちょっと似てるかな、スープも麺も。

当時のことを思い出すこともあり、
ここのラーメン、時々食べたくなるのです。

写真はいただいた「チャーシューメン」ですよ。



さて、では戻るとしましょう。

この日、割合交通量も多く、
市街地を走ると、信号にひっかかることも多かったです。

シグナスだと、つま先が触れる程度の私でも
もうちょっとでかかとまでつきそうな足つきのよさ。

車体の軽さ(127㎏)と重心の低さのおかげもあり
倒れそうになるグラリ感も少ない。

立ちごけしそうになる予感はまったくないですね。



3車線もあるような幹線道路、

そこそこ距離のある通勤にバイクを使う人の中には、
そんな場所を走る人も多いと思いますが

このNMAX。そういう場面での使用をよく考えて開発されている様子。

とても快適に、しかも素早い移動をすることができました。
そういう環境なら無条件におすすめできるバイクです。

しかも一回の給油で4~600円程度ですむ経済性。

もし通勤をしなくてはいけない環境にあるとするならば、
こういうスクーターをぜひ使ってみたいと思いました。



総じて言えば、もっと狭い道などでは他のバイクにも利点はあるものの

様々な走り方を要求されるこのようなルートを走るということであれば、
NMAXは、まさに最適な1台といえるでしょう。

さてYSP大分ではそんなNMAXをはじめとして、
多くの試乗車をご用意しております。

ぜひご来店の上、その実力をご体感ください。











★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSP大分 地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BOLT-Rスペック 当店にてご覧になれます(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-05 06:40:00 | ニューモデル



景色を眺めながら走るには
やっぱりアメリカンクルーザーが最高。

YSP大分に
BOLT-Rスペックのガンメタが入荷しています。

この型からガンメタは光沢があるタイプに変わりました。
落ち着いたカラーで人気のある色です。

興味のある方は、ぜひご覧ください!





★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中
 
★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「充電させてもらえませんか?」で使われてる電気バイクに試乗できます。(ヤマハ・YSP大分)

2017-01-03 06:59:00 | ニューモデル


電気だけで動くスクーター
「eビーノ(イービーノ)」に乗ってみませんか。


YSP大分店頭にて 随時試乗可能
試乗に必要なもの:原付免許以上・長袖・長ズボンなどバイク乗車にふさわしい服装
(ヘルメットはお貸しできます)



「充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)でも使われている
電動スクーター「eビーノ」

こちらの試乗車をYSP大分にてご用意しております。
電動ならではの楽しさをぜひ体験してみてください。


YSP大分 地図


ヤマハ eビーノについてくわしくはこちらから
ヤマハ発動機株式会社 E-Vino(電動バイク)





★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XSR900 新色「ブラック」展示中!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-31 06:40:00 | ニューモデル
今年人気だったバイクといえば・・・

大型でパッと思い浮かぶのが
やはりこのバイク、XSR900です。

レトロなスタイルと最新技術を組み合わせ
見て楽しい、乗ってうれしいバイクなんですよね。

そんなXSR900にこの秋、新色がデビュー、

ブラックメタリックX(ブラック)です。

その新色の車両がYSP大分に入荷しております。
簡単にご紹介しましょう!



タンクは光沢のあるブラックに
シルバーのラインが入っています。

このシルバーの部分はXSR900の
マットグレーメタリック3(マットグレー)のアルミ地肌そのままで

アルミのヘアラインが入るこだわりの仕上がり

ステッカーペタリ、でないところが気が利いてます。



そんなXSR900のブラック、
ただいまYSP大分で店頭にて展示中です。

あわせて60THカラー(黄色ストロボ)
についても展示しておりますので

XSRが気になっていらっしゃる方は
ぜひご覧になりにお越しください。


※12/30より休業、年始は1/5(木)からの営業となります。







★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FJR1300AS ただいま当店にて展示中!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-30 06:40:00 | ニューモデル


高速道路を利用したツーリングなどで
その実力を発揮するスポーツツアラーFJR1300AS

その2016年モデル、当店にて展示中です。

コーナーでのバンク角に応じて
照らし方を変えるコーナーリングランプや
6速になったトランスミッションを装備。

その魅力を大幅に増しています。

写真ではその魅力は伝わりにくいかも
当店でぜひ、実車をご確認ください。

ご来店をお待ちしております。 


※12/30より休業、年始は1/5(木)からの営業となります。


★YSP大分までの道順(大分県庁周辺から)


フェイスブック、ツイッターでは、リアルタイムのYSP大分情報をどんどん発信中です。


★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 

YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSP大分 地図

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューモデル「トリシティ155」に試乗してみました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-28 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

「トリシティ」は「前2輪」+「後1輪」の3輪バイク。

トライクのように固定されていないため
バイクと同様に傾いて曲がり、停止時は自立しません。

排気量は125ccの原付二種なのですが
そのトリシティに、この度155ccの軽二輪仕様が発売されました!

YSP大分に、その「試乗車」が届きましたので
ご紹介したいと思います!



バイクはブレーキを掛けると「前」へと荷重が移動します。

なので前輪タイヤが「主ブレーキ」となります。

そのため・・2輪のオートバイは、
後輪に比べ細い「前輪タイヤ」1本で、
その荷重をすべてうけとめなければいけない。

ところがトリシティは「二本のタイヤ」でしっかりと受け止められます。



しかもトリシティは左ブレーキレバーを操作すると
前輪後輪へと自動でバランスよく効力を発生するしくみで

どなたでも完璧なブレーキングができるんです。

さらに「155トリシティ」はブレーキがABS仕様のみとなり、
安心度がアップしました。



また前輪は、カーブを曲がる際に
方向を決めるという重要な役割もありますので、

それが二つある、ということは曲がる際にとても有利なのです。

これらは「LMW(リーニングマルチホイール)」と呼ばれる
ヤマハの3輪バイクの利点ですね。



そんなLMWの新機種「トリシティ155」、

トリシティ125にはなかった、新しい機能がいくつか装備されていますよ。

ひとつ目は、サイドスタンド使用時に、
車体が動かないようロックできる「パーキングブレーキ」。

バイクが勝手に転がって、スタンドが外れるのを防ぎます。

ワンクラス上の「マジェスティFI(250)」などと同様の装備ですね。



そして、ライトには新たに「LEDヘッドランプ」が標準装備。

最近のヤマハ、ニューモデルのトレンドですね。

今回、試乗で夜間も走ってみましたが、
写真のように、まずまずしっかり明るい。

白い光は、暗い夜道で対向車に
存在をアピールしてくれるので頼りがいがあります。



23.5リットルと少し大きくなったシートボックスを開けると
新設された「LED照明」が光ります。

LEDなので消費電力も少なそう。

日が落ちた仕事帰りなどの
荷物の出し入れの時に、とても重宝しそうです。



レッグシールドの右足部分には、

ボタンワンプッシュで開閉できる「グローブボックス」が新設。

その中には「12V・DCジャック」も用意され、
スマホの充電なども移動中にできそうです。



さて155ccと排気量をアップしたトリシティ
肝心の走りのほうはどうなったのか、興味深いところ。

この日、午前中は雨で、天気はいまひとつでしたが
午後にはうまい具合に雨もやんできました!

いまのうちに「試乗」してみましょう。



155ccになり、125CCの「11PS」から「15PS」へと
4馬力もアップしたこのバイク、

「マジェスティS」っぽく、ロケットのような
猛然と走るイメージを持っていたのですが、

あれ?、意外にも125ccよりも「落ち着いた」走りの印象ですね。

加速の最中の音も、125より少し控えめに感じます。



このモデル、燃費の良さが売り
ヤマハが誇る新型エンジン「ブルーコア」を搭載。

トリシティ125は、このブルーコアではなく、
WMTCモード値「38.8km/L」なのに対して

なんと「41.7km/L」と、燃費が125を上回ります。

ちなみにですが、125トリシティも
燃費がよいことで好評をいただいているバイク。

それより排気量が「30cc」増え、
重さが「9キロ(ABSモデル対比)」重いのにも関わらず、です。
これってすごいことですよね?



出足こそ車重が軽く、クラッチの設定も加速重視らしい
125トリシティの方が元気よく感じましたが、

ブルーコアの特徴のひとつ「可変バルブ(VVA)」が切り替わる回転数からは
155らしい加速に、いつの間にか変わっていきます。

ワインディング的なカーブでは、
3輪の安心感もあり、ついつい攻めてみたくなります。



そして155ccは軽二輪、ということは・・
そうです、「高速道路」にも乗れるんです。

そこで、いざ高速へ!

YSP大分最寄りのインターチェンジ、
「大分インター」から「光吉インター」まで走ってみるとしましょう。



このバイク、「ETC」がまだついていないので
一般レーンより入ります。

高速の「通行券」は、先ほど紹介した
右前のグローブボックスに放り込めますね。

ETCの車載器は入りそうにない小さなスペースですが

あれば、このようになにかと便利なようです。



高速に入って、速度80キロ~90キロの巡航は楽勝。
快適なクルージングができます。

ただ、さすがに速度が100キロ以上だとちょっと厳しいかも。

このくらい走るなら十分といえるかもしれませんが、
追い越し車線から前走車を抜くときは、ちょっと頑張らないといけません。

でも3輪なので、風からの影響も少なく、
他のクルマと走る時に安心感があり、怖さは全ありません。

高速道路で通勤される方にもこの点、おすすめできそうです。



シート高は「780mm」、と125トリシティと同じ、

でもシート形状からか、あるいは材質からか、
125よりやや高めにも感じます。

車体の全長は、トリシティ125よりも75mm長く、
そのおかげで足元はレッグシールドまでが少し広くなりました。

またハンドルは125に比べ、少し手前に引かれているので
ポジションは、だいぶゆったり目です。



つまりトリシティ125に比べ、ビッグスクーターや
アメリカンに近いライディングポジションです。

なので近距離が中心の125よりも、
やや長距離を走る使い方にも対応できることでしょう。

そして先に述べた燃費の良さ、
これはツーリングなどでもプラスの要素となるはず。

カスタムベースとしての面白さも期待できるデザインなので
通勤だけでなく、幅広い使い方が楽しめそうなスクーターですね。



2輪が好きな人は、3輪バイクがいいと言われたところで
なんかすっきりしないところがあるのかもしれませんが、

ぜひ「新しい乗り物」として先入観なしに乗ってみてください。

乗り物好きな人なら、その面白さ、きっとわかっていただけるはずです!

ちなみにYSP大分には、トリシティ125の試乗車もご用意しておりますので、
トリシティ155との乗り比べもお楽しみいただけます。

ご来店の上、ぜひお試しください!








★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YSP大分のPAS試乗車「PAS CITY-C」に乗ってみた!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-25 06:59:00 | ニューモデル
YSP大分の主な仕事はバイク屋さん。

でも、電動アシスト自転車メーカー「ヤマハ」のショップであることから
「電チャリ」PASの取り扱いもしています。

当店にそのPASの試乗車が届きました。

そこで早速、やる気スイッチいれて
自分で組み上げて(1時間40分かかった・・)乗ってみました!

ちょっとご紹介しましょう。



こちらのカラーは「マットオリーブ」
濃い艶消しグリーン。

こちらはホイールが20インチ。

車体が小さいので背の低い人でも楽々乗れる大きさです。

今年の2016年5月12日に発売されたばかりの自転車ですよ。



この新しいモデルは、
タイヤサイズが小さい20型モデルにも関わらず、

ペダル1回転で進む距離が26型並みとなっているそうです。

だから快適に走行できるんですよね。

事実走ってみるとコンパクトな車体ながら
よく走る実感がありますよ。



オートエコモードプラスではアシストが走行可能な距離は59Km。

昔のパスに比べればずいぶんとバッテリーも長持ちですね。

もちろんアシストの強さを変更して
走行条件に応じた走りを楽しめます。



車体のデザインに目を向けてみましょう。

リベットの光るシートや
個性的なグリップはブラウンの色。

なかなかおしゃれな色使い



ちなみにメインスタンド、キャリア、
フロントバスケットはオプション装備。

街の中にさりげなく停めていても
絵になるスタイリングですね。



砲弾型のヘッドライト。
写真のようにLEDらしい白く強い光です。

電源をバッテリーからとることができる
アシスト自転車らしい光ですね。

またテールランプは太陽光で充電するタイプで
暗くなると自動で点灯をはじめ、

夜間、後続のクルマなどに存在を知らせます。



この電動アシスト自転車は、構造上漕ぎだしや
坂道など、足に負担の大きい場所でモーターにより助けてくれます。

だから楽に走る事ができるます。

今やこれは、50CCの原付バイクよりも出荷台数が多いくらい

ヘルメットをかぶらなくてよい
価格がお手頃などがその理由なのでしょう。



そんな電動アシスト自転車の
「PAS CITY-C」

ただいまYSP大分で試乗車をご用意しております。

その楽な走り心地、ぜひお試しください!







★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XSR900に乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-12 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。FMクローバーレディオテラス
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

ヤマハからリリースされたネオレトロスポーツXSR900。

こちらの試乗車がYSP大分に届きました。

早速、XSRがどんなバイクなのか試してみることにしましょう。



先日は外観などをご紹介しましたが、
今日は、その乗り味に注目してチェックしてみます。

それでは早速出発。
まずはお店の近くの市街地を抜けていきます。

ライディングポジションは、
タンクがロングになっている分、着座位置が後方に位置し

兄弟モデルMT-09よりだいぶ後ろに感じますね。



しかし、それによりオフロードモデルのようなポジションから、
ロードスポーツモデルの印象が強まった気がします。

ただハンドル幅は09同様広いままなので
それがかつてのAMAスーパーバイクレーサーのような雰囲気。

リターンライダー世代には
それもレトロを感じさせるポイントのひとつではないでしょうか。



さて街中では、信号待ちなどで
クラッチを握る回数もおのずと増えます。

このXSR900は、新たに「アシスト&スリッパークラッチ」が装備。
これのおかげでクラッチが非常に軽いのです。

もし目隠しをして握ったとしたならば
それが250ccだと言われても信じてしまいそう・・。

このアシストクラッチは、遠心力を利用して
クラッチを圧着させるしくみなので、その分クラッチスプリングが弱くても大丈夫。
だからクラッチが軽いのですね。

これは遠乗りする人や、女性など力の弱い人にもうれしい機能です。



市街地などや、ちょっと長めの距離をツーリングするときは
パワーがあまり出過ぎない方がいい場面もあるかと思います。

そんな時は、D-MODE(走行モード切替システム)の「Bモード」がおすすめ。
加速がマイルドで乗りやすく、長く乗っても疲れないのです。

またこのXSR、モード切替のスイッチ操作に変更があります。

09はデフォルト(初期設定)がSTD、BモードやAモードを選択していても
メインスイッチをONにするとSTDに戻ってしまい、
そのたび、選びなおさなくてはいけなかったので面倒でしたが、

このXSRでは、直前に選んだモードを保存できるので便利になりました。



さて、いよいよカーブの続く、
ちょっと気持ちよく走れる場所に来てみました。

早速走ってみましょう。

こういう場所での加速の気持ちよさはMT09譲り、

「おおっ! 速い~!」

特に5000回転から上のそれは高揚感があり
まるで2ストのバイクであるかのよう・・RZ250やTZR250みたい。

このXSR、レトロなテイストのスタイルでありながらも
この走りの面白さ!インパクト!これこそが「バイク」ですよね。



しかし、ただレスポンスがよいだけならば
ちょっと危険なバイク、で終わるところですが

それだけじゃないところがこのバイクのすごいところ。
このXSR900、安全装備も充実しているんです。

最近、装備しているバイクも多くなったABSはもちろん

「アシスト&スリッパークラッチ」による
エンジンブレーキ抑制の効果が、なかなかのものですよ。



シフトダウンをミスってエンジンブレーキを効かせすぎると
それによってスリップ→転倒することもありますよね。

でも、このクラッチのおかげで、かなりラフにギアを
2、3段落としたとしてもそんな心配はまったくありませんでした。

どんな状況でもMotoGpレーサーのように
スムースに滑るようにコーナーに侵入ができてしまう。

以前、エンジンブレーキを効かせすぎて転倒してしまった経験のある私としては、
非常に大きな効果を感じることができました。



MT-09は、そのアグレッシブなエンジン性格ゆえ、

ラフなアクセルワークにより、
スリップダウンしてしまう方もいらっしゃいましたが

強弱2段階+OFFと、介入度を切り替えることができる
「TCS(トラクションコントロール)」が装備されたことで
その心配もかなり少なくなりました



特にAモードでガッツリと攻めて走る時に
その恩恵を強く感じます。

タイヤのグリップギリギリにパワーをかけていくときは
もし滑ったら・・という緊張感がついてまわるものですが、

このTCSがあることで、少々無茶しても大丈夫・・と、
安心して攻めていくことができます。

写真のスイッチで強弱を送るようにして変更できますよ。



さて、このXSR900、総じていうならば、

見るものを安心させる昔ながらのデザインの美しさを持ちながら、
「ただレトロなだけじゃない」、走りを楽しめるバイクだということ

昔バイクに乗っていたというリターンライダーならば、
峠のワインディングをひたすら走った

わくわくしたあのころの「バイクの楽しさ」を思い出すことができるはずです。



そして仮に、若いころよりも体力に衰えを
少し感じることがあったにしても

その走りがけして破たんすることのないように、

エンジンブレーキを抑制する「スリッパークラッチ」
ラフなアクセルワークを制御する「TCS」、ブレーキのロックを防ぐ「ABS」と
盛りだくさんの安全装備で

リターンライダーの方などのバイクライフをガッチリ守ってくれるはずです。

そんなXSR900、YSP大分では試乗車をご用意。
次はどうぞあなた自身でお確かめください!










★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSP大分 地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重い?遅い?アメリカンの魅力って何(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-08 06:59:00 | ニューモデル
バイクの魅力ってなんでしょう。

アメリカンは重い、走らない、曲がらないなど
欠陥、低スペックバイクのような言われ方をすることがありますが

サーキットに行けば、ベストタイムをたたき出すようなバイクだけが
本当に魅力のあるバイクなのでしょうか。

もちろんロケットのような速さを持つバイクも
魅力的ではあるのですが、

それと相反するようなバイクも、大いに魅力的だと思います。

当店の店頭にある「BOLT-RSPEC」で
そのあたりをちょっとご紹介しましょう!



例えばメールやメッセンジャーで伝えれば間違いなく速いところを
あえて一生懸命書いた手書きの手紙を送る・・

スマホでは伝わらない何かが残りそうです。

なんでも速ければいいってものじゃない、
バイクもそうかもしれないと思うのです。

だってバイクは、移動手段やスポーツの道具のみならず
ゆったりした自分だけの「贅沢な時間」を過ごすためのものじゃないですか。

だったら、自分の「リズム」にあったバイクの方が
その役割を果たしてくれるのではないか、ということなのです。



こちらのBOLTは、
まさにそんなゆったり時間を過ごすバイクの典型といえます。

写真のフレームからはみ出るような存在感のエンジン。

これはV型の2気筒エンジンらしく
振動を「鼓動」として感じることができる味のあるものです。

このエンジンの鼓動は、走行中に、
少しゆったりしたリズムを作ってくれる大事な「隠し味」になり、
どこまでも走っていきたくなります。

この良さが、よくわからなくなっている人は

バイクに乗ってる時も、
日常生活同様に少し忙しくなりすぎてる・・のかもしれません。
(あ、それって自分じゃないのか・・?)



さて仮に「どこまでも走りたい!」として
それを支える車体がしっかりしていなくてはなりません。

YSPに展示させていただいているこちらは
グレードアップモデルの「R-SPEC」で

サスペンションにはこのように
リザーバータンクが装備されておりスポーティー。

非常に短くまとめられたサスですが
これがショートストロークでも衝撃をよく吸収してくれるんです。

もちろん、足つき性も抜群。信号待ちでは余裕です。



そしてバイクは「見て楽しむ」という側面もありますよね。

その時にしっかりした「車体の大きさ」があったほうが
より迫力があるじゃないですか。

そういう意味では「アメリカン」の車体は最高に魅力的。
街中で、つい意味もなくバイクを停めて見たくなります。

また走りの面では加速、減速、カーブなどすべてを
「ゆったりとしたリズム」でまとめてくれるので
落ち着いた操作ができます。

またR-SPECのホイールはサイドが切削加工されたアルマイト仕上げ。
存在感のある車体を美しく飾ってくれています。



いかがですか。とらえ方によって
アメリカンクルーザーも非常によいバイクだと思いませんか。

昨今、各社から最新機能搭載のニューモデルがこうも続々と出ると
速い、軽いバイク以外は、ダメな気がついしてしまいますが

バイクを選ぶのは「自分の求めるものがなにか」を
よくわかってからの方がよさそうですね。

さて、このBOLTシリーズにYSP大分ではYSP限定
「2.9%ばりあぶるローン低金利キャンペーン」を12/31まで実施中です。

大型バイクになれば、金利の違いで十数万円の違いになることもざらです。

ぜひこの機会にご利用ください!






★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YZF-R25・オーセンテイック外装・装着車 入荷しました!(ヤマハ・YSP大分)

2016-12-07 06:40:00 | ニューモデル
かつてのヤマハレーシングカラーのDNAを受け継ぐ赤/白・・・。

これを「オーセンティック」、
ヤマハが認める公式カラー外装として発売したものが
ワイズギア 「オーセンティック外装キット」です。

それを装着した特別なYZF-R25がYSP大分に入荷してきましたので
簡単にご紹介しましょう!



ヤマハが世界GPなど、白/赤のカラーで走っていたころは主に80年代のころ

そのころ既にバイクに興味を持っていた人にとっては
懐かしく感じることもあるかもしれません。

赤のグラフイックに黒のライン・・

もともとスーパースポーツのR25ですから
よく似合いますよね。

どうせR25に乗るなら「人と違うのが欲しい」
という方にはもってこいのカラーではないでしょうか。



当時、TZR250などにも赤白カラーが多かったので
そのころのバイクの面影も垣間見えます。

ちなみに変更された箇所は

「フロントフェンダー」

「サイドカバー」

「タンクカバー」

「フロントカウル」

「カウリングボディー」

「シングルシートカウル」など



特に「シングルシートカウル」については
よりレーシングな雰囲気が楽しめるアイテム。

まるでレーサーのようです。

これが付属しているのはうれしいですね。

なお、このオーセンテイック外装は期間受注生産品につき、
すでに予約期間が終了しているため新規受注はできないパーツです



ただいまYSP大分では、

そんな「YZF-R25オーセンテイック外装装着車」を店頭にて展示販売中。
ぜひ実物をそばで御覧ください。

ご用意できる数についてはこの1台のみとなります。
価格については店頭にてお確かめください。

お問合せについてはお気軽に
大分唯一のヤマハ専門店、YSP大分へどうぞ!








★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyu
コメント
この記事をはてなブックマークに追加