水車ボランティア(+古今和歌集)

ボランティア解説員としての見聞を中心として、始めたボケ防止メモ。11年目。新たに古今和歌集の独断解釈を加える。
 

古今集(281)

2017-06-19 11:07:12 | 古今和歌集
475 世の中はかくこそありけれ 吹く風の目に見ぬ人も恋しかりけり
題しらず
つらゆき

世の中って面白いですね~。風を目にすることはできませんが、その風のように、うわさだけで見たこともない女性のことを、ああだこうだと言っているのですから。


画像の無い古代では、「どこそこのだれとかさんはすごい美人なんだってよう」というウワサがどんどん膨らんでしまうのでしょうか。もしかしたら、小野小町さんもこのたぐいかもしれませんね~。実態以上に風聞が巨大になってしまった。


このような古代に比べ、現代は厳しい。昔、とんでもない美人であった方のテレビに映る現状に、時々ガックリくることがあります。
昔きれいであった俳優さんは、その今のお姿を見せるにあたって、どうかその当時のイメージを壊さぬよう配慮をお願いしたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今集(280) | トップ | 古今集(282) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。