水車ボランティア(+古今和歌集)

ボランティア解説員としての見聞を中心として、始めたボケ防止メモ。11年目。新たに古今和歌集の独断解釈を加える。
 

古今集(13)

2017-03-20 16:03:52 | 古今和歌集
13 花の香を 風のたよりにたぐえてぞ 鶯さそふしるべには遣る
寛平の御時きさいの宮の歌合のうた
紀とものり

風に花の香りをのせ、鶯を誘い出しましょう。


メルヘンチックな歌で、気に入っています。

しかし、今どきの春は、杉花粉症に悩まされ、あまり機嫌がよろしくありません。
今日あたりは、目・鼻・喉のすべてが最悪でどうしようもありません。

今年は、例年のひどさ以上で、さすがの医者ぎらいも、薬を処方してもらいましたので、今夜は、この薬を飲むことにします。
あと二週間ぐらいの我慢でしょうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今集(258) | トップ | 古今集(260) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。