水車ボランティア(+山家鳥虫歌)

ボランティア解説員としての見聞から始めた、ボケ防止メモ。12年目。新たに「山家鳥虫歌(近世諸国民謡集)」を加える。
 

古今集(280)

2017-06-15 10:10:49 | 古今和歌集
752 見ても又またも見まくのほしければ なるるを人は厭ふべらなり
題しらず
読み人しらず

お会いしたのに、すぐに又お会いしたくなります。が、どうも(あなたは)私と同じ気持ちではないようです。(私のことが嫌いなのではなく、)きっとすぐに馴れ馴れしくなるのがおいやなのですね。


自分が好まれていないことをなかなか認めることができず、こんな歌を作ってしまうのでしょうか。


古今集には恋歌が多い。
今までは、なんとなく避けてきたのだが、種が尽きそうなので、取り上げねばならぬかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今集(279) | トップ | 古今集(281) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

古今和歌集」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。