水車ボランティア(+古今和歌集)

ボランティア解説員としての見聞を中心として、始めたボケ防止メモ。11年目。新たに古今和歌集の独断解釈を加える。
 

古今集(266)

2017-04-20 13:48:20 | 古今和歌集
132 とどむべきものとはなしに はかなくも ちる花ごとにたぐふ心か
やよひのつごもりの日、花つみより帰りける女どもを見てよめる
みつね

季節の進行をおしとどめることはできないのだけれど、咲き誇った花が次々と散っていくのはなんともさびしいものです。


来週あたりが、旧暦三月末日でしょうか。
数日前から、とんでもなく高温になりましたが、今日あたりは平年にもどったようです。

新緑のミドリがきれいで、過ごしやすい季節になりました。

元気に歩こう、といきたいところですが、ギックリ腰にやられました。しばらくちんまりせねばばりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今集(265) | トップ | 古今集(267) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。