水車ボランティア(+古今和歌集)

ボランティア解説員としての見聞を中心として、始めたボケ防止メモ。11年目。新たに古今和歌集の独断解釈を加える。
 

古今集(273)

2017-05-18 10:29:10 | 古今和歌集
142 音羽山けさこえくれば 郭公こずえはるかに今ぞ鳴くなる
音羽山をこえける時に郭公のなくをききて
きのとものり

今朝、音羽山を越えて(近江から京都に帰って)きたのですが、遠くの方でホトトギスが鳴くのを聞きました。(いよいよ夏ですね~)


ホトトギスとウグイスを混同しがち、かもしれない。

鳴き声の違いがトッキョキョカキョクとホーホケキョ、とそらんじている。たぶんこれでいいはずだ。

山歩きなどして、鳥のサエズリに耳を傾けたいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卯の花 | トップ | 古今集(274) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。