のみろく

飲んだお酒の記録※日本酒メイン
高いお酒、評価の良いお酒が必ずしも自分の好みとは限りません
お酒は二十歳を過ぎてから

南 特別純米

2017-03-06 22:59:57 | お酒
今回は高知県にある有限会社 南酒造場さんの 南 特別純米です。
無濾過の生酒ですよ。





インパクトのあるラベルですね。
これは・・・みなみ?なん?読み方が判りません。

開封。
薫りはほんの少しで麹っぽい匂いです。
どことなく酸味が強そうな感もかもし出してますよ。

では戴きます。
お-
強い麹の薫り、それに負けない酸味、そしてガッツリした苦味。
日本酒度+8は伊達じゃないと言っている感じがあります。

甘酸っぱい?フルーティー?笑わせるな日本酒は辛口だ
といったところですね。

まー自分は甘酸っぱくフルーティーなお酒が好きなんですが
ここまで男気を出して硬派な感じも悪くないです。

初日からおつまみ投入。
本日はからあげ。からあげ好きなんですよ。
辛口だと食事と一緒に飲めるのが良いですね。
お酒もから揚げもパワーアップします。


さて二日目。
うーん、麹の薫りが薄まった感じです。
それと一緒に酸味も弱くなった気がします。
ちょっと残念。
とは言ってもまだ鼻に抜けるくらいの酸味はあるんですけどね。
かわりに強く感じるのが苦味。
薫りと酸味が弱くなった分、前に出てきたのかもしれませんが
ここまで強く感じるとちょっと苦手です。

変化が出てしまうのは生酒の宿命ですかね~。
瓶詰めでこれだけ違うのですから、樽から直だとまた凄いんだろうなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒龍 純吟 | トップ | 越乃景虎 名水仕込 特別純米酒 »

コメントを投稿

お酒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。