電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

パワータンク・ボールペンのアルミ軸とノートを選ぶ

2012年11月12日 06時03分00秒 | 手帳文具書斎
愛用していた初代パワータンクのクリップが壊れてしまったので、後継を探して、出張先のLoftで文具売り場をのぞきました。



そこで見つけたのが、パワータンク・スマートのアルミ軸のやつです。お値段は、税別で1,000円。田舎の良心的文具店とは違って、まったく値引きはなし。でも、さすがに都会だけあって、ちゃんと各種製品がもれなく展示されています。色は、手帳やノートカバーの色にあわせてブラウンを選びました。軸は細身ですが、なんとか実用になるようです。さっそくクリップが折れた初代パワータンクから1.0mmの芯を移し替えて、上向きにもビニールにも書くことができる、携帯用・万能太字環境が復活しました。

その他に、キャンパスノートのルーズリーフとらせん綴じノート「エッジタイトル」もあわせて購入。ルーズリーフの方は、「さらさら」タイプと「しっかり」書けるタイプの二種類が発売されていますが、田舎の文具店では「しっかり」タイプは見たことがありませんでしたので、万年筆で書くときの書き味を比較してみようと、好奇心で一冊を確保。らせん綴じノートの方は、サイズがA5判のものです。これも当地ではあまり見かけないタイプですので、予備に確保したものです。

出張中のハプニングも、これでなんとか解決。良かった良かった。

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 初代パワータンク・ボールペ... | トップ | 「六花コンサート」を聴く »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。