電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

佐伯一麦「Nさんの机で~ものをめぐる文学的自叙伝」で「オーディオ(1)」を読む

2016年10月13日 19時15分52秒 | Weblog
地元紙の山形新聞で、佐伯一麦「Nさんの机で~ものをめぐる文学的自叙伝」という連載を楽しみに読んでいます。これまでもたびたび取り上げていますが、今回はなんと「オーディオ」の第一回!

内容的には、原稿を書くのに使っているノートパソコンで、USB端子にDACを接続し、ヘッドホンを通じてバッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ第2番のシャコンヌ」や、同じくバッハのマタイ受難曲の終結合唱「われらは涙流してひざまずき」、あるいはワーグナーの楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」の前奏曲などを聴いている、というのですから、思わずスクラップしてしまいました。



佐伯一麦さんが愛用するのは「ドラゴンフライ」という製品らしく、「空間再生が別次元」と評価しています。検索して調べて見ると、小型のUSBメモリのような形の製品。ふむふむ、なかなか興味深いです。

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
« 閑話休題 | トップ | 「Bun2」第68号(2016年10月号... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。