電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

プレシャス・カルテット山形公演vol.2でハイドン、ブリッジ、ブラームスを聴く

2014年03月29日 06時03分39秒 | -室内楽
天気予報では全国的に好天でしたので、一日休みを取って、果樹園の剪定枝の後片付けに精を出しましたが、まだ終わりません。発芽の前に、そろそろ休眠期の防除をしなければならず、なんとか今週中には終えたいところです。にもかかわらず、夕方から山形市の遊学館ホールに出かけ、プレシャス・カルテット山形公演vol.2を聴きました。今回の曲目は、

(1) ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調「皇帝」
(2) ブリッジ ロンドンデリー・エアー
(3) ブラームス 弦楽四重奏曲第1番ハ短調Op.51.1

というものです。前回(*1)は、かなり親しみやすい曲目もありましたが、今回はぐっと渋いプログラムとなっています。今回は、簡潔で読みやすいプログラムノートもあって、良かった良かった(^o^)/



遊学館ホールは、講演会だとか○○式典などでは入ったことがありますが、音楽会、しかも室内楽の演奏会は初めての経験です。ステージには、演奏者の背面に反響板を置き、天井にもシート状のものを吊り下げて吹き抜けでない形にしています。開演前のホールの聴衆のざわつきを聴く限り、石造りと木造とを併用した構造で、けっこう反響はあるようです。三月末の花の金曜日という、送別会シーズンのせいか、お客さんの入りは今ひとつで、もったいない! それとも、県営駐車場で割引が受けられるとはいうものの、専用駐車場を持たない会場を郊外のマイカー族が敬遠し、徒歩や自転車で来れる人が中心だったのでしょうか。

ステージ上は、向かって左から、第1ヴァイオリン:水色のドレスの加藤えりなさん、第2ヴァイオリン:白いドレスの古川仁菜さん、ヴィオラ:ピンクのドレスの岡さおりさん、そしてチェロ:黒いシャツ姿の小川和久さんです。

前半は、ハイドンの「皇帝」。安定感のある技術とアンサンブルが、バランスの良い響きを生み出します。どちらかといえば、外に向かう陽性な表現というよりは、内に向かう求心的な演奏と感じました。例の「皇帝讃歌」を含む第2楽章も、静かで美しいものでした。
続くブリッジの「ロンドンデリー・エアー」は、「ロンドンデリーの歌」もしくは「ダニーボーイ」として親しんでいる旋律がどこかに聞こえる現代風の音楽です。ヴィオラに魅力的なフレーズが多く、「ダニーボーイ」の旋律がかなりはっきりと出てくるところなどは、特に印象的です。四人の合奏で再び「ダニーボーイ」の旋律がしっかり出てくるところは、いい音楽だな~と聴き惚れます。

15分の休憩の後、後半はブラームスです。第1楽章:アレグロ。緊張感と集中力を要する音楽が、緻密に、しかし激しさを内包して演奏されます。ヴィオラの長く引く音が印象的。第2楽章:ロマンツェ、ポコ・アダージョ。ブラームスらしく、内声から入ります。優しく穏やかな音楽。終わり方も、ヴァイオリンがピツィカートなのに、ヴィオラとチェロは弓で、始まりに対応しているのでしょうか。第3楽章:アレグレット・モルト・モデラート・エ・コモド~ウン・ポコ・ピウ・アニマート。第2ヴァイオリンがユラユラと揺れる間、他の3人がピツィカートを奏するなど、面白いところがたくさんあります。優しい音楽です。第4楽章:アレグロ。出だしの悲劇的な気分など、「ハ短調」を意識したのでしょうか。劇的な昂揚があります。あ~、良かった!

アンコールは、アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」(*2)。皆さんがそうなのかもしれませんが、特に第1ヴァイオリンの加藤さん、この曲がお好きなのでしょうね。のって演奏されているのがよくわかりました。私もこの曲が大好きですので、のりのりで(^o^)聴きました。帰りの車中でも、この曲がエンドレスでリピートしておりました(^o^)/

(*1):プレシャス・カルテット山形公演を聴く(1),(2)~「電網郊外散歩道」2013年7月
(*2):記憶が曖昧になってしまいましたが、もしかしたら「ブエノスアイレスの四季」から「春」だったかもしれません(^o^;)>poripori

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 山形一寸亭で「天ぷらせいろ... | トップ | 山響「街なか音楽会スペシャ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。