電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

青木やよひ『ベートーヴェンの生涯』を読む

2010年01月28日 06時15分45秒 | -ノンフィクション
ベートーヴェンの生涯を描いた小型の本には、ロマン・ロランの『ベートーヴェンの生涯』をはじめとして、有益なものがたくさんありますが、さらに素晴らしい本が加わりました。平凡社新書で、青木やよひ著『ベートーヴェンの生涯』です。コンパクトですが、価値ある本だと感じます。クラシック音楽に関心のある方、ベートーヴェンという人間に興味のある方には、ぜひご一読をおすすめいたします!

著者について、以前『ベートーヴェン・不滅の恋人』という文庫本で、アントーニア・ブレンターノ説(*1)を提唱した人と知りました。その後、様々な発見から、この説がほぼまちがいないものとして認識されていると思っています。著者らしく、ベートーヴェンの周囲の人間模様、家族や女性たちや友人、後援者たちについても、その人間性を推し測りながら、作曲家の姿を描いていきます。一度読了して、現在再読中。以下、気づいたことをメモしました。

■ベートーヴェンの祖母について。これは、意外な盲点でした。

ベートーヴェンの祖母は、「かなり早い時期からアルコール依存症となって修道院の施設に収容され、そこで亡くなっている。(中略)祖父を尊敬し、後年その肖像画をボンからとり寄せて終生身辺に飾っていたベートーヴェンも、祖母については何も語っていない。」(p.16)

■ベートーヴェンの母親について。彼女は、ロマン・ロランが言うようないやしい身分ではないとのこと。彼女の父親は宮廷の料理長であり、親戚には企業家や参事会員や高位の聖職者もいたことがわかっているそうです。脚注には、このような誤解の原因として、ロマン・ロランが依拠した、シントラーの伝記の記述をあげています。ここで、シントラーの伝記の怪しさ(*2)がすでに見えています。

■ベートーヴェンの父親像について。宮廷楽長だった父(ルートヴィヒの祖父)の反対を押し切り、21歳の未亡人と結婚したということですが、この女性がベートーヴェンを産みます。祖母とは違い、辛抱づよい妻であり、優しく愛情ふかい母親だったらしい。ところが、父親が勤めていた宮廷楽長の地位を得ることができなかった劣等感や、妻子だけでなく施設にいる母親の面倒をみなければならない責任も負担だったのか、父(祖父)の死を契機に深酒に溺れ始めます。このあたり、堕落した悪人という見方は必ずしも適切ではないようで、同情の余地があります。

■ベートーヴェンの読書のきっかけについて。これは、やっぱりブロイニング夫人の影響が大きいようです。

ブロイニング家には、古典としての哲学書や文学書があっても当然だが、それに加えてクロプシュトック、ヘルダー、ゲーテ、シラーなどの同時代のドイツ文学や詩の本も揃っていた。(p.32)


■ベートーヴェンのパトロンたちについて。
ピアノ協奏曲第4番を献呈されているルドルフ大公は、オーストリア皇帝の異母弟で、1806年当時18歳、ベートーヴェンは36歳ですので、ちょうどダブルスコアです。彼は、病弱のため軍務につけず僧職を運命づけられていたそうで、これは意外!もっと年長の、いかめしい人かと思っておりました。幼い頃から音楽の才に恵まれ、15歳で自ら望んでベートーヴェンを師としたとのこと。たいへん温厚な性格だったために、ベートーヴェンと対立していない、とあります。

■ハイリゲンシュタットの遺書について

ここで彼が決別しようとしたのは自分の「生」そのものではなく、それまですがってきた(快癒という)「希望」だった。それが失われた代わりに、天才の自覚が生れたのだ。そういう意味でこの文書は、「遺書」というよりもむしろ信条告白であり、彼の内面における死と回生の道筋を示す記録として読まれるべきであろう。(p.115-6)

耳疾の快癒という希望を封印した記録。なるほど、過去と決別し、運命と戦う作曲家の誕生として読むならば、よく理解できると納得の文章です。

そのほか、ナネッテ・シュトライヒャーとピアノの発達など、興味深い内容が盛り沢山です。全部を抜粋するわけにもいきませんので、このくらいにしておきますが、再読でも興味深い発見がたくさんあります。著者らしい、フェミニズムの香りも少~しだけいたしますが、これはなかなか興味深い本です!

実は、本書が著者の絶筆だった(*3)そうで、ご冥福をお祈りするとともに、素晴らしい本を残していただいたことに心から感謝したいと思います。

(*1):青木やよひ「ベートーヴェン≪不滅の恋人≫研究の現在」~国立音楽大学・音楽研究所のサイトに掲載されたPDF
(*2):アントン・シンドラーに関するWikipediaの記述
(*3):青木やよひ先生最後のベートーヴェン~「知と文明のフォーラム」に掲載された平凡社新書編集者の弔辞

【追記】
後で読んでみたら、末梢的なことばかりに感心しているような文章になっていましたので、「ハイリゲンシュタットの遺書について」の項を追記しました。また、シンドラーについては素人が根拠なく誹謗しているように見えるおそれがあると考え、 Wikipedia の記述を参照するようにしました。
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 自宅で食べる食事は | トップ | 今年の備忘録ノートはA5判のS... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シントラーの伝記 (KAYO)
2010-01-28 20:01:22
シントラーの伝記には、たしかに誤謬や故意の捏造があると思います。しかし通読しまして、私は得るところが多くありました。
生身のベートーヴェンを感じさせてくれるのはシントラーの伝記だけです。
正確さだけに価値をおくなら、キリストの伝記の類などは一切読めないでしょうね。本人の書いたものさえ怪しいでしょう。ルソーの「告白」には捏造もあるということですから。
青木やよひさんの著書 (望 岳人)
2010-01-28 20:46:00
今晩は。青木やよひさんの著書では、『ベートーヴェン“不滅の恋人”の謎を解く (講談社現代新書) 』を読んだことがあります。大変綿密な考証でためになりました。ご紹介の本も興味があります。

昨年暮れに御逝去されたということはこちらで初めて知り、驚きました。御冥福おお祈りしたいと思います。
KAYO さん、 (narkejp)
2010-01-29 06:20:25
コメントありがとうございます。どうも、不興を買ってしまったようですね。あいすみません(^_^;)>poripori
望 岳人 さん、 (narkejp)
2010-01-29 06:23:07
コメントありがとうございます。判型はコンパクトですが、内容はなかなか素晴らしいものでした。従来のベートーヴェン像をかなり修正させるものがありました。私はめったに他人にものを薦めたりしないほうですが、これはおすすめできるものだと感じました。
Unknown (プッスン)
2010-05-21 15:40:32
はじめまして。昨日青木さんの『ベートーヴェンの生涯』を読み終えたばかりです。夫の紹介でしたが、本当に感動しました。自分の中にあったベートーヴェン像がまったく違った姿で現れてきました。その夜、文末のシューベルトのように夫とワインで乾杯しました。もちろんベートーヴェンを聴きながら。青木さんのことをもっと知りたくてこのブログに出会いました。今は今は岡田暁生著『西洋音楽史』中公新書を読んでいます。音楽素人の私にもとても面白いです。
プッスン さん、 (narkejp)
2010-05-21 21:25:41
はじめまして。コメントありがとうございます。本書は、再読三読、読むたびに興味深い発見があり、コンパクトですが本当に優れた本だと思います。著者のことは、『ベートーヴェン・不滅の恋人』という文庫本で知ったのが始まりです。推理の過程がたいへん興味深く感じられました。本書が絶筆と知り、驚きました。当方、キャリアだけは半世紀近い素人音楽愛好家です。今後ともどうぞよろしく。またお越しください(^_^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ベートーヴェンの生涯 青木やよひ (クラシックをipodで聴こう)
日本を代表するベートーヴェン研究家の遺著 ベートーヴェンの生涯 青木やよひ 平凡社新書