電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

白い大晦日

2016年12月31日 06時15分00秒 | 季節と行事
2016(平成28)年も、本日が最後となりました。幸いに本降りではありませんが、数センチ程度の積雪量で、白い大晦日となっております。今年もいろいろなことがありました。家族のプライベートな「事件」は除いて、大小取り混ぜて個人的に印象的なニュースを挙げてみると、

  1. 母屋の水回りを中心としてリフォームを実施
  2. 現在の勤務先で昇任して継続することに
  3. 新たに桃「美晴白桃」の苗木を植える
  4. hp社のデスクトップパソコンを購入しLinux専用とする
  5. TWSBI社の万年筆ダイヤモンド580ALラヴァーを購入し利用を開始
  6. WEB小説『本好きの下克上』にハマる

などでしょうか。冬に入り、妻が少々具合を悪くしたのも影響が大きい「事件」でしょう。

演奏会では、

  • 久良木夏海チェロリサイタルVol.2
  • アフィニス音楽祭2016合同オーケストラ演奏会
  • 山形交響楽団定期演奏会(特に第251回と第253回が印象的)
  • 山形弦楽四重奏団定期演奏会(特に第58回と第61回が印象的)

などがとりわけ記憶に残りました。

映画では、「殿!利息でござる」「シン・ゴジラ」でしょうか。
読了した本の冊数は例年の半分になり、56冊でした。この理由は、昇任とはいえ仕事が増えたことと、9月頃からWEB小説『本好きの下克上』にはまり、紙の本を手にする機会が減ったことが挙げられます(^o^;)>poripori
今年読み終えた中で、特に印象に残る本を挙げてみると、

  • 坂本敏夫『典獄と934人のメロス』
  • 中岡哲郎『日本近代技術の形成』
  • 帚木蓬生『閉鎖病棟』
  • 佐伯泰英『居眠り磐音江戸双紙』シリーズ完結

などでしょうか。



それにしても、葬儀と法事が多かった! そういう年代なのだろうと思いますが、ほとんど毎月のように、なにかしら葬儀や法事が入りました。親戚や友人知人の間で、親世代が次々に亡くなっていくのを見ると、否応なくやがては自分たちの番だと感じられます。一日一日を大切に過ごしたいとは思いつつ、あまりに張り詰めた生活は送りたくない、淡々と過ごしていければと願ってしまいます。

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
« カーディガンのボタン付け | トップ | 新年のご挨拶 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。