電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

映画「英国王のスピーチ」を観る

2011年04月28日 06時03分12秒 | 映画TVドラマ
先の代休日に、映画「英国王のスピーチ」を観てきました(*1)。「英国史上、もっとも内気な王」あるいは「バッキンガム宮殿に隠された、感動の実話」というキャッチコピーのとおり、子供の頃から吃音に悩み、人前で話せない内気なヨーク公が、よりによって英国王になってしまった、ジョージ六世のお話です。

夫の悩みを共にする妻のエリザベスは、高名な言語聴覚士の治療が効果を示さないことから、異端のスピーチ矯正専門家であるライオネルの診療所に足を運びます。このあたり、夫人の気品と優しさが描かれます。そして、エリザベスの愛を受けるヨーク公アルバートは、風変わりな治療に、いったんは怒って断念します。治療とは、ヘッドホンをつけ、大音量で音楽が鳴る中で、スピーチ原稿を読むこと。自分の声が聞こえなければ、どもらない、ということに気づくかどうかです。少年期の自分を厳しく育てた父王の強制に自虐的に反発するアルバートは、ライオネルの診療所で録音した自分のスピーチが、まったくどもっていないことに驚き、再び彼の治療を受けるようになるのです。吃音症状が、心の成長が阻害されたためと見るライオネルは、固く閉ざしたヨーク公の心を解きほぐそうとします。対等の人間として、次第に信頼を寄せていくヨーク公。父王の死後、兄エドワードがいったんは王位を継ぎますが、王冠よりも恋を選んだために、弟が王位を継ぐことになったのでした。ただしその時代は、ヒトラーが台頭し、ヨーロッパに戦雲がたちこめるまさにその時期。国民を鼓舞し、ナチス・ドイツとの開戦を告げる役目は、新王に回って来ます。世紀のスピーチの始まりです。

いい映画でした。ライオネルと国王の友情も、ライオネルの妻の善良さと優しさも、とても良かった。涙腺を刺激するのではなく、次第に高まる緊張感とその解放へ導く手法も好感度が高いものでした。それと、音楽が良かった。パンフレットにも詳細な記載はありませんでしたが、

大音響の音楽の中でスピーチ・・・モーツァルト「フィガロの結婚」序曲
ライオネルと国王の訓練場面・・・モーツァルト「クラリネット協奏曲」
緊張高まる世紀のスピーチ場面・・・ベートーヴェン「交響曲第7番」第2楽章
エピローグ・・・ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第5番《皇帝》」第3楽章

などが使われていたようです。演奏は、クレジット・ロールを急いで読み取ったところ、「ロンドン交響楽団」とあったようでした。指揮者や音楽担当者は不明。

(*1):なにかと忙しい日々ですが~「電網郊外散歩道」2011年4月
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 美崎栄一郎『「結果を出す人... | トップ | 社会は多くの努力の集積から... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第7番第2楽章 (sakurai)
2011-04-30 21:46:51
よかったですねえ。
音楽の使いどころも効いてました!
大好きな第7番の第2楽章の使いどころに、涙、涙でしたわ。
正当にイギリスにこだわった作りも、好感度大でした。
連休はお忙しいですか?畑もあるのでしょうか?
いろいろと気ぜわしいですが、ゆったり音楽でも聞いてたいとこです。
sakurai さん、 (narkejp)
2011-05-01 06:01:41
コメントありがとうございます。「英国王のスピーチ」、ほんとに良かったですね。女王の許可が出なくて、ずっと脚本をあたためていた間に、ライオネルの遺族から資料を見せてもらうことができたとのことですので、それも効果的に作用しているのでしょうか。おっしゃるとおり、音楽がまた良かったです~。ベートーヴェンの交響曲第7番の第2楽章を、あんなふうに使うなんて、思ってもみませんでした。脱帽です。
あ! (きし)
2011-05-03 20:18:50
スピーチのシーンの曲を調べようと思っていたのでしたが、調べずにわかっちゃいました(笑)
ありがとうございました~。
きし さん、 (narkejp)
2011-05-03 20:54:18
コメントありがとうございます。調べる楽しみをスポイルしたようで、ごめんなさい(^o^)/
でも、「のだめ」のテーマ曲「ベト7」の第2楽章が、こんなふうに使われるなんて、びっくりですね~。うまいもんです。さすがです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...
史劇を愉しむ~第19章「英国王のスピーチ」 The King's Speech(2010 ワインスタイン・カンパニー) (事務職員へのこの1冊)
第18章「蒼き狼」はこちら。 皇室の万世一系ってのもかなり疑わしいが、イギリスの
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イ...