電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

イヌサフランはあるのに、どうしてネコサフランはないの?

2014年09月26日 06時03分51秒 | アホ猫
我が家のアホ猫(娘)が言いました。


「ねえ、ママ。お庭にイヌサフランが咲いたけど、どうしてネコサフランはないの?」

すると、母猫が答えていわく、

「そうねぇ、イヌフグリはあるけど、ネコフグリもないわね。」

娘猫は不満そうです。

「そんなの、不公平だわ。アタシたちはネズミを取って、人間サマに貢献しているのに。もっとアタシたちネコ族を大事にしてもらいたいものだわ!」
「そんなことを言ってもねぇ。こないだ、おばあちゃんが花の種を植えたばかりの畑をほじくりかえしてウ○コをしたのはアンタじゃない。」
「あっ、あれは失敗。今度は別のところにするようにしたわ。」
「そうねぇ、その方がいいわね~。」





例年通り、イヌサフランが咲きました。



ヤブランもあちこちに咲いておりますので、コンパクト・デジタルカメラで撮影してみました。一眼レフと違い、ピント合わせが難しい。マクロモードで、なんとか撮影できました。



ジャンル:
我が家
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« バックアップ・メディアの世... | トップ | たかが替え芯、されど替え芯 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (クラシカルな某)
2014-09-27 12:00:10
 わたくしが母猫であったなら、こう言って聞かせるかも知れません。
   
 「でも、ねこやなぎ、ねこじゃらしがあるじゃないの。猫目石とか、お菓子ではラング・ド・シャもあって、猫に目を向けてくれる人間もちゃんといるわ。そうそう、ねこいらずと呼ばれるものもあるの。考え方によっては、ネズミをつかまえないとかすると猫の存在意義が問われたりしそうね。あなたも精進して、せっせとネズミ、カエル、モグラなどをつかまえてはご主人様のもとに戦果を報告するようにしなさいね」とか。
クラシカルな某 さん、 (narkejp)
2014-09-28 05:52:47
コメントありがとうございます。そうですね、ネコヤナギ、ネコジャラシはありますが、たしかにイヌヤナギ、イヌジャラシはないですね(^o^)/
お菓子のラング・ド・シャは「猫の舌」という意味ですか。それは初めて知りました。我が家のアホ猫によ~く言ってきかせたいと思いまする(^o^)/
昨日も、小ネズミをつかまえてきて狂喜乱舞、いたぶる様はまさしくネコの本性、コトが終わると、何食わぬ顔でネコをかぶっておりました(^o^)/
飼い主といたしましては、ネズミ、モグラくらいですと、なんとかほめてやる度量もあるのですが、ピクピク動く細長いものを捕まえてきたときには、家じゅう大騒ぎになりまする(^o^)/
質問です (ぽかこ)
2014-12-17 23:14:41
こんばんは。質問と言うかアンケというか、猫さんの御飯って何を与えてらっしゃいますか?
実はうちの猫のごはんとして与えているロイヤルカナンが今度韓国工場製になるらしいのです。
なので代替品を探している最中なのですがいろいろ行き詰りまして…。
今は若いから心配ないのですが、将来的に療法食ラインがあるものを選びたいなあと思ってて。
2匹ともご高齢のようですし、腎臓ケアとか気になるお年頃だと思うのですけど、もしこれが良いよ!というのがありましたら教えて頂けませんでしょうか?
ぽかこ さん、 (narkejpさんちのアホ猫)
2014-12-18 19:48:43
コメントありがとうございますですにゃ。アタシたちの食事は、夏場は裏の果樹園でハンティングしてきた自然食(^o^;)を食べられるからいいけど、冬場が困るのよね~。もっぱら、奥さんと娘さんがスーパーから買ってきてくれる、「13歳以上」とかいうのを食べてるんですにゃ。ご主人は、アタシたちのエサのことなんか、ぜーんぜん知らないと思いますにゃ!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。