電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

閑話休題

2016年10月12日 06時08分39秒 | ブログ運営
「歴史技術科学」カテゴリーで、東北帝大に初めて入学した女子学生のエピソードを書いていますが、調べれば調べるほど迫力があります。学生時代に知った史実でしたが、その後、様々な史料に触れるにつれて、先人が切り開いた道のりの過酷さと、大きな意味を感じるようになりました。その背景に一貫して流れる、リービッヒ以来の実験室を通じた教育のあり方と師弟の関係に、思わず襟を正すような思いです。

雑誌等と違い締切りはありませんが、逆に気分で中断することがこわい。この後、もう少し関係の記事を続け、写真等をまとめて入れる計画です。その後は……昭和に入るのかなあ。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 帝国大学に入学した女性たち | トップ | 佐伯一麦「Nさんの机で~もの... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。