電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

映画「魔笛」を見る(1)

2007年09月14日 06時57分41秒 | -オペラ・声楽
ケネス・ブラナー監督のオペラ映画「魔笛」、もうすぐ上映終了ということなので、平日の夜間上映で見てきました。いや、予想以上に、はるかに面白かった!

まず、戦場のモーツァルトという想定が秀逸であり、もともと荒唐無稽な筋立を、映画的に納得できるものにした、最大の要因でしょう。冒頭の序曲が鳴り響き、三度休止するとき、戦場に訪れる沈黙は、実に効果的です。
また、いくつか重要な筋立の変更も見られます。ザラストロの館は僧侶の集団が暮らす宗教施設ではなく、戦争に傷ついた人々を救う赤十字や、戦争孤児や寡婦や戦傷者のための職業施設となっており、夜の女王が支配する戦場との対比が明確になっています。
映画的に印象的な場面は、多くの言語で若者たちの氏名と18歳、19歳といった没年が書かれた碑の前にザラストロが民衆と少女たちを伴い、鎮魂の祈りを捧げる場面。カメラがパンしていくと、そこには一面の白い墓碑が広がっている----このスケール感は、劇場におけるオペラでは絶対に表現することのできない、映画ならではの表現だと思います。
この場面の印象と主張は強烈で、渡米時にどこまでも続く米軍墓地を見たときの印象とまったく同じ----ベトナム戦争による死者が太平洋戦争における死者の数を上回ったという説明に、1960年代後半から70年代にかけてアメリカをおおった厭戦のメッセージを持つ音楽や映画等の数々を鮮明に思い出した----で、英語に置き換えられたオペラの歌詞にある愛や平和のメッセージ性も、まったく同一です。

音楽のほうも、ジェイムズ・コンロン指揮するヨーロッパ室内管弦楽団の演奏は、生気あふれるはつらつとしたもので、特にザラストロ役のルネ・パーペのバスは立派ですね。鳥刺しパパゲーノが、毒ガス検知の小鳥を育てる役回りというのも納得できますし、ベン・デイヴィスが陽気で善良な性格を、うまく表現して歌っています。タンクに乗って登場する夜の女王は、リューボフ・ペトロヴァが演じますが、女王のアリアをバックに、暗闇の中をタンクが走る様子は、憎しみと破壊と暴力を象徴する場面でしょう。

さて、出勤準備です。本日はここまで。
ジャンル:
おもしろい
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« モーツァルト「ピアノ協奏曲... | トップ | 映画「魔笛」を見る(2) »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観てきました~。 (きし)
2007-09-15 00:06:06
あやうく見逃すところでしたが、すべりこみセーフ。
おっしゃるとおり、連なる墓標の場面は印象的でした。
観にいってよかったです。
きし さん、 (narkejp)
2007-09-15 07:39:07
コメントありがとうございます。ベトナム反戦を掲げ、Love&Peaceが合言葉の、70年代ヒッピー・ムーヴメントとはまた別の意味で、メッセージ性の強い音楽映画だと感じました。歌劇「魔笛」の歌詞の中から戦場のモーツァルトを再創造したところに、単純に感動しております。
Unknown (korima)
2007-09-15 20:49:22
拙宅にお越しいただきありがとうございました。
クラシック経験あまり無いのに
モーツァルトだから~と気楽に観に行き
“当たり”で嬉しかったです。
年とともに「声」や「音」への興味が
深くなってきたようです。

またお伺いいたします。
korima さん、 (narkejp)
2007-09-15 21:28:58
コメントありがとうございます。映画「魔笛」、映像も音楽も素晴らしかったですね。私も、お正月の「敬愛なるベートーヴェン」とともに、本年の音楽映画のベストに入ると思います。どうぞ、またお気軽においでください。
TBありがとうございました (sakurai)
2007-09-17 07:36:33
迷宮映画館のsakuraiと申します。
TB&コメ、ありがとうございました。
ケネス・ブラナーの映画はうなされるものが多いのですが、これもまたしかり。
久しぶりのけれんみたっぷりの彼の世界を堪能しました。
わかりにくい世界を戦争の場に置き換えて、べただけど、きちんと平和への思いを告げる、という姿勢がよかったです。
当地では、一晩だけでしたけど、大学の声楽の教授をお招きして、ストーリーやら、オペラの楽しみ方などのトークをしていただいて、学生たちの生演奏もあったりして、いつもとは違う雰囲気を楽しみました。
フリーメーソンとも深く関係していた、などということも聞けて、勉強になりました。
長くなって、すいません。
またよろしくお願いします。
sakurai さん、 (narkejp)
2007-09-17 08:44:30
コメントありがとうございます。映画「魔笛」、たいへん楽しみました。私は都合で上映期間ぎりぎりになってようやく観ることができましたが、うち一日だけ、当地でも大学の声楽の先生が解説トークを担当した、通常と異なる形態の上映会があったようです。
「迷宮映画館」、拝見しております。今後ともどうぞよろしく。
sakurai さん、 (narkejp)
2007-09-17 10:38:25
なんと、山形にお住いだったのですね。「迷宮映画館」、2004年末~2005年頃の記事を拝見し、文翔館などの固有名詞で判明。なんともうろんなことですが、当地の映画情報を期待しております。
こちらこそ♪ (sakurai)
2007-09-17 16:08:38
音楽関係はとんとうとくて、大変失礼いたしました。
改めて、在山形のsakuraiと申します。以後、お見知り置きを。
私のブログはほとんど映画オンリーですので、映画の情報集めにはお使いくださいませ。
これからのですと、「エディット・ピアフ」が、とっても良かったです。
業務試写で見たのですが、これはお勧めです。是非に。
ではまたお邪魔いたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
魔笛 (迷宮映画館)
ケネス・ブラナーの頭の中って!!!
映画「魔笛」を見てきました (Maestro!)
久しぶりに映画館に行ってきました。ケネス・ブラナー監督&脚本による映画「魔笛」を大画面とダイナミック・サウンドで楽しみました。 もちろん「魔笛」といえば、シカネーダーが台本を書きモーツァルトが作曲したあの傑作オペラですが、舞台はおとぎの国から第1次世界...
魔笛(2007) ~ポスターの鳥っぽい子がパパゲーナなのかと (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 '''あらすじ'''  時は第一次世界大戦、最前線の塹壕では、'''まぶしい花畑の狭間で、今日も数千人の叫びのような轟音'''が響く。  青い軍の将校・'''タミーノ(ジョセフ・カイザー...
魔笛 (sigh.)
劇場が明るくなるまで席を立ちませんでした。