事のなりゆき

日々のなりゆきを語ります

便利さを感じていない・・・

2017-06-02 11:20:47 | Weblog
授業をしていて時々びっくりすることがある。びっくりすること自体が、おかしいのかもしれないが、歳の差を感じてしまう。年齢ではなく、生まれ育った環境の差というべきものかもしれない。小生の授業は映像制作実習だが、カメラの使い方、パソコンによる編集のオペレーションはあまり教えない。それよりも、どのような意図でマス・メディアは映像を制作するのか、なぜやらせが起きてしまうのかなど、メディアのリテラシーを主とする。しかしカメラやパソコンによる編集方法が分からないのでは、授業にならないので、極めて簡単にマニュアル本を使って説明をする。そこで、びっくりすることが起きる。彼らの頭の中はすでにアナログではなく、デジタル化された頭を持っているのである。子どもの頃からキーボード操作に慣れており、アナログではなくデジタル化されたものに接して生きてきた。そこがまったくちがう。特にパソコンによる編集操作は、最初にソフトの開き方さえ教えてあげれば、後は教えなくてもいろんなところを開けながら、技術を習得していく。なるほど、これがいまの若者なのかとあらためて感じる。小生のように一からいろんな機能を教えてもらわなければわからないということはない。彼らは自分たちでいろんな機能を見つけていく。まるでゲームをしているかのようだ。だから、逆な言い方をすれば、「便利さ」を感じていないという言い方もできる。小生らは、手作業でやっていた時代といつもどこかで比較している。だから「これは便利だね」と声を上げる。いまの若者にそんな比較はない。当たりのことなのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの人生に思う・・・ | トップ | 貴重な経験・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。