一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

樹海ラインを通って桧枝岐村へ

2016-07-31 10:14:03 | 日記
 遊覧船に乗った後、次にどこに行こうかと思い地図で調べ、奥只見湖の周りの樹海ラインを通り抜けて、桧枝岐村を目指すことにしました。
 樹海ラインといえば、我が家では、八幡平から岩手側へ下る際のルートになるのですが(アスピーデラインは、山頂から岩手側に下る際には、正直余り景色が良くないと思っています)、ここのルートは初めてということもあり、走ってみることにしました。
 湖の周りに沿って道路が作られているので、ダム建設の際の機能保証道路という意味合いで作られたのかなと思います。道幅も狭く、また基本的に湖に沿って作られているので、鋭角での曲がりや湧き水の上を超えるなど、なかなか刺激的(笑)な道路です。しかも途中、携帯電話の電波が届かないエリアが数キロあり、そういう道なのに、地元の車はスピードを出して突っ込んでくるので、何回もブレーキを強く踏んで、その度毎に、ドライブレコーダーが反応するという状況でした。
 おそらく紅葉の時には素晴らしい景色になるんだろうと思いますが、いろいろな意味で厳しい道路なので、紅葉の時の混雑時に、ここを通るかどうかは、よく検討したいと思います。

 遊覧船は、外輪船の形をしていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾瀬への道

2016-07-30 10:06:38 | 日記
 奥只見湖遊覧船に乗っていると、隣の小さい船に、多くの人が乗り込んでいきます。皆、トレッキングの格好をしている。行き先を見ると、奥只見湖の尾瀬口行きとなっている。30年位前、家族と尾瀬に行きましたが、車での移動でした。湖を渡っても行くことが出来るとは・・・初めて知りました。大きい遊覧船にはわずかの客しかいませんでしたが、小さめの尾瀬口行の船には、沢山の人が乗船されていました。おそらく定員一杯ではないでしょうか。この人たちのおかげで、運営会社もやっていくことができるのかな・・・と、思いました。

 小さく見えるのが、尾瀬口行の船です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥只見遊覧船

2016-07-20 23:32:53 | 日記
 奥只見湖での目的は、遊覧船に乗ること。今年は事情により難しいですが、来年以降、紅葉の季節に奥只見に来て、遊覧船に乗りたいと考えています。その下見を兼ねて、遊覧船に乗ろうと思っていました。
 「もしかすると凄く混むのかも・・・」と思い、朝一の便に間に合うように来ましたが・・・大きな遊覧船に、大人7名、子2名という、なんとも言えない感じになりました。運営会社の方、人数少ないのにも拘らず運航していただき、有難うございました。

 人がいない、遊覧船の2階席です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥只見

2016-07-17 21:08:37 | 日記
 間が空いてしまいまして、ごめんなさい。
 ちょっと前ですが、奥只見に行ってきました。ドライブコースの本に必ず載っているけれど、キワモノ扱い(?)されている道路、シルバーラインを一度走ってみたいというのが、最初の動機です。あと「奥」と付く場所は、一度は(一度だけでも)行ってみたいと思っているので、今回、思い切っていきました。
 関越自動車道を小出ICで降り、一路シルバーラインへ。看板を見てシルバーラインを走り始めると・・・トンネル内の構造も一因かもしれませんが、他のトンネルを走るよりも、同じ距離を進むのに時間が長く感じます。対向車が来ると、接触しないかちょっとヒヤヒヤしたり。運転しているので、写真は撮れませんでしたが、ドライブ好きの人は、一度は走っていると面白いと思います。
 
 長いトンネルを抜けた後は、奥只見湖。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物理リモコンとアプリでの操作

2016-07-04 22:59:13 | 日記
 久しぶりにネットワークオーディオねたです。
 ネットワークオーディオプレーヤーには、通常、今までのAV機器と同じく、リモコンが付属しています。ところが最近、タブレットのアプリで操作することを念頭に、リモコンを付属していないネットワークオーディオプレーヤーが増えてきています。
 リモコンでの操作は、従来の危機と同じような感覚なので、慣れている反面、NASに入れてある曲数が増えてくると、簡単にお目当ての曲やアーティストが見つからず、結構大変です。反対にアプリでの操作は、十分使い勝手が考えられているアプリが増えてきて、数年前と比べると、格段に使い勝手が良くなっています。
 じゃあ、私がどうしているかといいますと、(物理)リモコンとアプリを併用しています。何故かといいますと、プレーヤー上ではNASを認識しているのに、アプリ上ではプレーヤーとNASを認識していないことがあるからです。私のところでは、無線LAN親機から間に中継器を挟んで子機があり、子機にプレーヤーとNASを接続していますが、時々アプリでNASやプレーヤーが認識されません。中継器をおいてから認識率は上がりましたが、それでも完璧ではありません。なので、今でも時々物理リモコンを使います。なくてはならないものだと認識しています。
 メーカーが、今後も、ネットワークオーディオプレーヤーにリモコンを付けてくれることを願っています。

 こういう白壁、いいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加