一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

車造りの哲学の違い

2015-09-23 12:14:38 | 日記
 夏に北海道に行った際、レンタカーとして、T社のCF(CMでもよく見かけますね)を借りました。荷物が沢山載せられるので、非常に便利でした。高速を走ることが多かったですが、燃費は思っていたよりは伸びませんでした。
 で、運転している間、ずっと違和感がありました。ただそれは、メーカーによる車に対する哲学の違いなのかなぁと、最近になって思うようになりました。
 CFは、とても素直なハンドリングで、荷物が沢山載せられ、さすがに内装はそれなりですが、非常に便利な車です。ただ、ハンドルを握ると、アクセルの位置が手前に感じられ、アクセルが踏みづらかったです。もしやハンドルの位置調整ができるかもと思い、レバー等を探してみましたが、時間がない中だったので、探すのを諦めました。また、特に高速を走行中、非常に揺れが少なく、静かでした。しかし、雨が時々ふる天候の下、路面の状態がタイヤから一切伝わってきません。路面が濡れているのか乾いているのか、路面が荒れているのか舗装したてなのか、分かりませんでした。目視で、道路の状態を見ていましたが、それでも完全には分かりませんでした。
 それに対して、いつも運転しているアクセラだと、荷物を沢山載せることは出来ません。ハンドリングは素直で運転する楽しみを与えてくれます。ハンドルを握ると、アクセルが踏みやすい位置にあり、すうっと右足をそえることが出来ます。また、初代からずっとそうですが、ノードノイズが(かなり)聞こえますが、その音やハンドルに伝わる振動によって、路面の状態が分かり、それにより運転を変えたりすることが出来ます。
 どちらがいいと言うことではなく、哲学の違いなんだろうと思いました。おおざっぱに言うと、「車の中を快適に過ごしたい」のか、「車の運転を楽しみたい」のか。自分は、免許を取って最初に買った車がアクセラだったので、慣れていますが、もし最初に買った車が別の車なら、その車の“哲学”が当然のものとして受け入れていたと思います。
 久しぶりにレンタカーに乗りましたが、たまにはレンタカーに乗るのも、いい勉強になりますね。

 たんばらラベンダーパークにて。入口付近から車椅子を押して上がっていくのは、結構キツいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有難うAマウント

2015-09-22 01:26:18 | 日記
 カメラを始めて間もなく、ミノルタの初心者用AFカメラを買いました。その頃からずっと、Aマウント(αマウント)のカメラを使ってきました。途中、ペンタックスを並行して利用したり、両親用にキャノンEOSを購入したりしましたが、メインはずっとミノルタでした。αー7やαー9で、50ミリや85ミリのレンズを用い、家族の写真を沢山撮りました。
 ミノルタがコニカミノルタとなり、カメラ事業から撤退するときには、「もう駄目か」と思いましたが、ソニーがカメラ事業を引き継いでくれました。そしてα700やα900を発売してくれて、それらのカメラやレンズで、長い間、写真という趣味を続けさせてくれました。
 ただ、Aマウントでは、やはり新規愛用者の獲得は難しかったのでしょう、ソニーはミラーレス一眼に力を入れるようになりました。最初はAPS-Cサイズから、ついにはフルサイズセンサーを採用したカメラを作り出すようになりました。
 個人的には、メインで使うカメラはAマウントで、サブでEマウントを使用してきました。ずっとこの関係が続くと思っていたのですが、Aマウントのカメラは、α900以降、個人的に魅力を感じなくなりました。自分でも理由は分かりません。そしてα7Ⅱを手に入れてから、だんだんと自分の中で、Eマウントの比重が高まりました。少ないといわれていたレンズも、だんだんと増えてきました。
 そして、Aマウントを残しておいた最後の理由、動体へのAFが、α7ⅡのファストハイブリッドAFでα900のAFとほぼ同等に使えることが確認できた今回、とうとう決断しました。AマウントからEマウントに完全に替えることにしました。
 複数回、Aマウントのカメラ、レンズをカメラ屋に持ちこみ、Eマウントのレンズに替えました。結構いい値で引き取ってもらったので、持ち出しは思っていたより少なかったです。手放したのは、α700・α900や、ミノルタ70~200F2.8G、50ミリと85ミリのプラナー、24~70ミリバリオゾナーです。迎え入れたのは、16~35F4、70~200F4、Batis85ミリです。Batisは在庫がないと思っていましたが、店に行ったら置いてありました。

 10数年、いろいろと写真を勉強させてもらいました。また、撮った写真は家族を喜ばせてくれました。Aマウント、本当に有難う。

 2008年12月、α900と既に手元にないミノルタ50ミリF1.4で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラスJ

2015-09-06 18:31:39 | 日記
 いろいろバタバタしておりまして、暫く空いてしまい、申し訳ありません。
 今回、飛行機での移動の際、悩んだのは座席でした。両親は、エコノミーだとちょっと座りづらいかも・・・と思っていました。すると、JTBの人が、「JALならクラスJがあります。」とのこと。少しの追加料金で、エコノミーよりゆったり座れるらしい。往復の便でそれをお願いしました。
 実際に飛行機に乗り込んでみると、以前は3列シートであったと思われる場所に、1.3~1.4倍くらいの横幅と、20cm弱ゆとりのある前後幅のシートでした。これだけのサイズであれば、脚の具合が悪くても、座るのに苦労はしません。おそらく以前からあるJALのサービスだと思いますが、今回の旅行ではとても助かりました。

 少し冷えた空気が気持ち良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加