一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

動画

2014-03-23 17:25:04 | 日記
 先日、ビデオ撮影をしていたら、バッテリーがヘタっていたらしく、途中でバッテリーが切れました。どうしようかと思いましたが、α7と28~70のキットレンズを持ってきていたので、代わりにそれで動画撮影しました(α900を持っていってたら、動画を撮ることができませんでした。そういう意味ではラッキーでした。)。
 設定は、AVCHDの60i。持っているブルーレイレコーダーが、X95という古い機種なので、60Pは使えません。望遠の撮影はあまり必要でなかったので、なんとかキットレンズで撮影することができました。
 α7での動画撮影は初めてだったので、フルオートで、AFは中央固定にしました。ビデオカメラと違い、ピントがばっちり合っているという印象は、それほど強くはありませんでしたが、センサーサイズの違いがその原因でしょう。ISOもオートにしていたので、実際にどの位のISOだったかは分かりませんが、絞りがF11~F14くらいになっていました。
 家に帰ってきてから、テレビで確認しましたが、まあそこそこ使えるかなぁという印象です。でもビデオ撮影は、やはり専用機の方がやりやすいかも・・と、改めて思いました。

 キットレンズは、四隅はちょっとキツいと思います。ただ、何故か、立体感は感じられます。あくまで緊急用のレンズと思っていましたが、出番が増えそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

位置情報

2014-03-15 08:14:32 | 日記
 この前伊豆を走った時にも少し感じましたが、車の位置情報が、まだ時々ずれるようです。運転していると、時々、「リルートします」(←こんな感じでしょうか。意識して聞いていないので、未だに憶えません。)とのアナウンスが流れます。「えっ!」と思って画面を見ると、ルートからちょっとだけ離れて走行しているように見えたりします。ファームアップ前よりは、その頻度はかなり減りましたが・・・ソフトではなく、ハードの問題なんでしょうかね。今のところ実害はないので、何とか乗り切っていますが、出来ればメーカーさんに対策してもらえると嬉しいですね。

 やはりボケが大きくなるので、浮き上がるイメージが作りやすいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

α7 その4

2014-03-09 19:16:16 | 日記
 今回の車の赤の色は、ほこりや汚れが目立ちますね。今までがチタニウムグレーだったから、尚更そう感じるのかもしれません。洗車の回数が増えそうです。
 α7、今日は主に画質面です。私は、気に入った写真をプリンター(キャノンPro9000)でプリントしているので、今回もα7のRAWをライトルームで現像してプリントしてみました。ディスプレイ上だと、NEX-7の写真と全く差がないように思いますが、プリントすると、印象が少し違うように思えました。それが、色づくりの違いなのか、現像時の違いなのか、はたまたセンサーの違いなのか、原因はよく分かりません。一ついえるのは、立体感が少しだけ、α7の方が感じられるように思います。α900を購入して初めてプリントしたときにも感じましたが、センサーサイズが、もしかすると立体感に影響しているのかもしれません。α7のサイズで、フルサイズのセンサーが付いている、やはりこれはメリットなんだろうと思います(モニターで鑑賞する限りでは、センサーサイズの違いはほとんどないのではないかと考えています。)。
 ただ、今回、失敗したこともあります。何気なくISO100で撮っていましたが、全ての写真ではありませんが、1/60秒で撮った写真に、微ブレが見つかりました。55ミリのレンズなので、1/60秒あれば大丈夫だろうと思い、今までのNEX-7と同じように気軽に撮ったときもあったので、ブレている写真もあったようです。ISOを上げて撮るようにした方がいいかもしれません。でも、A4でプリントする限りでは、ブレは全く分かりません。

 原木も、満開でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

α7 その3

2014-03-08 11:24:42 | 日記
 この前のドライブの際に、スノーホワイトのアクセラとすれ違いました。スノーホワイトだと、一瞬、アクセラなのかどうか分かりづらいですね。でもオーナーは、それを狙ってスノーホワイトにされたのかも・・・

 α7の続きです。シャッターボタンと前ダイヤルの位置関係は、いろいろと話題になっていますが、確かに、何気なく握ると、前ダイヤルに人差し指がくることが多いです。特に、NEX-7と併用していると、その傾向が強いです。しかし、α7のシャッターボタンに指をかけると、少しカメラを手前に持ってくる感じとなり、NEX-7よりも、「写真を1枚1枚丁寧に撮ろう」と思うようになります。フルサイズの高画素機で、手ぶれ補正機能も付いていないので、そういう意味では、しっかりと構えて撮ろうという気持ちになることは、理に適っているといえます。慣れてくると、今シャッターボタンの位置に感じる違和感は少なくなるでしょう。
 操作性でいえば、いろいろとカスタムできるようになったのが嬉しいです。ネットでいろいろな方のカスタムを見て、自分なりにアレンジしていこうと思います。個人的には、後ろダイヤルでISO感度が変えられると良かったのですが・・・
 メニュー画面は、NEX-7やNEX-6よりも新しく、より使い易くなっていると感じました。ただ、これも今まで使っているカメラとの慣れの問題なので、使い辛いと思う方もいると思います。
 シャッターですが、電子先幕シャッターにしています。これが付いているので、α7Rではなくα7にしました。NEX-7で電子先幕シャッターを使い始めて、「結構使えるな」と思っています。ただ、シャッター自体は、フルサイズなので、NEX-7と比べて、そこそこの音とショックがします(α900よりは当然音もショックも小さいですが・・)。NEX-7はAPS-Cサイズなので、比べること自体どうかと思いますが、NEX-7のキレのあるシャッターと比べると、ちょっと好みから遠ざかる感じです。ただ、これも昔のミノルタX-700の印象を思い出させてくれて、懐かしい感じです。

 α900で撮っているときより、ボケが大きいような気がしています。検証はしていませんが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走る楽しさ

2014-03-03 21:22:17 | 日記
 久しぶりに長距離を走りました。東名から小田原厚木道路を抜け、熱海、伊東を通り、河津で満開の桜を堪能。そこから南伊豆を回り、石廊崎のちょっと先の展望スペースで写真を撮ろうと思いましたが、工事中で断念。松崎で食事をしようと思いましたが、店が混んでいて、結局、堂ヶ島まで行って食事をし、伊豆半島をほぼ一周する形で戻ってきました。
 伊豆半島は、全体的にアップダウンが多く、下田あたりまでは、道路もそこそこ走りやすいですが、そこから先の南伊豆や西伊豆方面は、道路も狭く、曲がりも急です。しかし、車の量が少ないので、煽られることもなく、走ることができました。
 初代、2代目のアクセラでも同じ道を走っていますが、今回が一番楽しく走ることができたと思います。アクセルを踏むとリニアに反応があって、上り坂を気持ちよく上っていきます。また、ボディに安定性があり、どんな状況でも重厚な感じで走り切ることができました。車幅が広くなったことやタイヤが効いているのかもしれません。初めて初代アクセラを運転した時のような、走ることの楽しさを、今まで以上の高いレベルで味わうことができました。
 今回は約500km弱、高速と一般道が6対4くらいでした。アップダウンが多かったので、燃費は余り期待していませんでしたが、大人3人乗車で、おそらくはリッター15km位いきそうです。2代目アクセラスポーツが、高速走行のみでもリッター14kmいかなかったことを考えると、スカイアクティブは結構効果があると思います。

 ここまで満開なのは、初めてでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加