一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

ルビコン5+PM-11S3 セカンドインプレッション(その2)

2016-12-31 16:03:38 | 日記
 1年って、早いですね。もう大晦日です。 
 続いて、アンプについてです。PM-13S1だとルビコン5を鳴らし切れていないと思い、思い切ってPM-11S3を購入しましたが、結果的には上手くはまったと思います。
 購入する前は、ラックスマンや他のメーカーのアンプも、いろいろ候補として考えていましたが、自分にしては珍しく冒険せず、耳慣れた音調のPM-11S3にしました。ただ、前にも触れましたが、ルビコン5が絶妙なバランスで艶をのせてくれて、それがマランツの音調と合ったのだと思いますが、非常に音楽を楽しく聴かせてくれます。
 CDはもちろん、ハイレゾでもかなり満足度の高い音を出してくれますが、想定外だったのはフォノでした。今使っているレコードプレーヤーは、前述のとおり、オンキョーのCP-1050ですが、PM-11S3に替えてからレコードを聴くと、PM-13S1の時と比べ、レコードプレーヤーのランクが1つ上がったのではないかと思うほど、帯域全部の音が良く出て、また解像度も上がったように思います。フォノイコライザーが違うのでしょうか、最近はCP-1050を余り使っていなかったのですが、今後はレコードでも今まで以上に質の高い音楽を楽しめると思います。
 ちょうど生産終了のタイミングで非常に安価に(といっても私からすると、清水の舞台から飛び降りないと買えない金額でしたが)買うことが出来、しかもルビコン5との相性も良く、個人的な音の好みにも合っていて、PM-11S3は購入して正解だったと思います。おそらくは、ダリの最近のスピーカーだと、マランツの音調と相性がいいように思えます。
 今思うと、RS5+PM-13S1の時は、スピーカーに正対して座って、音の一つ一つを吟味して楽しんでいたのだと思いますが、今のシステムにして、音楽を楽しんでいると実感できるようになりました。難点は、今までのCDを聴き直したいと思ったり、また新しいCDを聴いてみたいと買ってしまったりして、CDが増殖して溜まっていくことでしょうか。今は仕事の関係で、音楽を聴く時間も限られるので、「早く多くの音楽を聴きたい」というストレスがちょっとずつ増えてきています。そういえば写真も撮りに行きたいのですが、時間が。。。

 こんなところに、何故?
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルビコン5+PM-11S3... | トップ | ダンロップ WINTER MAXX 02 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事