一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

アクセラ 22XD PROACTIVE セカンド・インプレッション ~高速番長?~

2016-11-20 10:11:29 | 日記
 車を22XDに替えてから、あちらこちらと、4000km以上走りました。このペースで行くと、年間2万km越えですが、日常生活では車に乗らないので、これから走行距離のペースは落ちると思っています。
 で、いろいろ走ってみて、更に気づいたことに触れておきたいと思います。

1.燃費表示
 いつも燃費の表示は、瞬間燃費を表示するようにしています。で、ずっと見ていると、2.0Gの時は、瞬間燃費が結構よく表示されて、最終的に平均すると、15km/lくらい(満タン法)になっていました。22XDは、瞬間燃費の表示は、そんなに良くありません。「これは数値良くないかな?」と思い給油すると、16~17km/lいってます。走り方は、以前よりアクセルを踏んでいるので、ガソリンの時より下がると思っていましたが、何故か数値がいいです。500km走って、軽油代3000円いかないのは、とても助かります。
2.軽快さ
 平地で曲がるときには、2.0Gの方が軽快だったと思います。やはりディーゼルの重さを感じます。ただ、山道などで登っていくときには、トルクの違いで、余り頭の重さを感じません。また下りだと、足回りのセッティングが違うからかもしれませんが、22XDの方が安心してカーブに入っていくことができると思います。
3.高速で
 以前の2.0Gだと、オートクルーズをよく使っていました。それで燃費を伸ばしていた面もありますし、疲れを増やさないようにしていた面もあります。22XDにしてからは、オートクルーズは1回だけ試しただけで、あとは使っていません。ボタンが押しづらくなったのもありますが、アクセルを踏んでいても運転が楽で、オートクルーズにする必要が無くなりました。反応もいいので、ついつい、アクセルで運転しています。高速を80km/hくらいでオートクルーズで走ると、燃費もかなり伸びると思いますが、まだチャレンジしていません。いずれ試してみたいと思います。
4.安全設備の充実
 他社で有名なものがありますが、アクセラも十分なくらい充実していると思います。HUDに「急ブレーキ」という表示がちゃんと出ますし、音も出るので、目と耳で、ちゃんと危険を認識して対応できます。リアの方もカメラとセンサーがあるので、安心して対応できます。確かに他社の方が進んでいるかもしれませんが、運転する大多数の場面では、アクセラの設備はそん色ない出来だと思います。

 奥只見は、また訪れたいと思います。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥只見湖 樹海ライン | トップ | 身延山へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事