ず~っと母島

小笠原旅行と趣味(オーディオ,カメラ)

サブシステムバズ音退治

2017-04-06 07:59:49 | オーディオ
プラズマテレビと同居しているサブシステムでは、DACにPS audio nuwave DAC、アンプにaudioanalogue puccini settanta 2.0、スピーカにDALI ROYAL TOWERを使ってます。DACには、BDレコーダーやネットワークプレーヤーを接続していて、まあ多くの時間はテレビ用で使ってます。
このサブシステムでは、ずーっと、ブー、ビー、キー、といったバズ音に悩まされてきました。

まず、電源から廻り込んだノイズを疑いました。例えば、冷蔵庫、洗濯機、換気扇、エアコン、蛍光灯、ケータイ充電器などからのノイズ流出ですね。サブシステム以外のブレーカーを落としてみましたが、状況変わらず。クリーン電源から給電しても、変わらず。次に外来の電磁波?と疑い、アルミ箔で覆ってみたりしても変わらず。仕方ないので、PLCノイズフィルター、ノイズフィルターつきタップを介して給電し、バズ音入りで聴いていました。

いろいろ検索すると、海外製機器は、アース取れとか、グランドループとか、引っかかります。じゃ、シャーシ電位を測ってみよ、と測ると結構な電圧です。機器間電位差も大きいです。アースかなーと思い、確かテスラクランプあったよなー、と段ボールをごそごそ。アンプをテスラクランプ経由給電しても、DACをテスラクランプ給電しても変わらず。じゃ、両方、とやってみたら、ノイズ消えた! テスラクランプ、すげー! と(笑)
いや、待てよ。これって、3ピン電源ケーブルじゃね?普通にアース共有してね?
ということで、タップに3ピン電源ケーブル挿して両者に給電してみたら、ノイズ消えた!!
テスラクランプ→ゴミ(笑)

ということで、アンプにMIT MAGNUM AC1、DACにWW ELP3+、共に1mもので接続中。これだと鮮烈すぎるだろうから、壁コンからは、luxのJPA-10000でバランスを取ってみた。
MITのは、メインシステムからの借用だから、メインシステム用の電源ケーブル買わなきゃ(爆)。まあ、買うのももったいないし、しばらくフジクラ電線を代用で刺しておこう。

教訓
海外製機器は、3ピン電源ケーブルで接続しよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく石垣島ラー油を買い... | トップ | 引っ越しました&骨折しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。