なんでやねん?ドラキュラ!

猫魂外伝は猫魂(名も無き猫の物語)のエピソード0になります。ぶぶぶ。
自分の中では絶賛連載中♪(* ̄∇ ̄*)でへへ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

其ノ玖

2017年04月07日 | 猫魂外伝 舞闘戦記編



レンは猫脚駿足の秘術を使ったが...それでも街までには半日の時を要した。
街は大勢の兵士やら民衆で賑わっていた。 もっこり山の熊鉄が退治されたとの張り紙も出されていたが...それよりも街では太閤が燐国に攻めいる為に屈強な兵士を募集との張り紙が...その選抜の為の勝ち抜き武道大会が催しされるらしい! 噂を聞き付けた屈強な者達が所狭しと集まっていた! なんでも...年齢性別不詳...勝ち抜いた数名の者には太閤が何でも望みを叶えるとの一文が!! 
詳しい状況を知ろうとレンは人々の声に耳を傾けた。

太閤が懲りずに兵を集めて他国へ軍を出すと言う。何でも勝ち抜いた者には好きな望みを叶えてくれるそうだ。ただ勝ち抜いた者は更に太閤の兵と幾つかの試合をして勝たなくてはならない。身分も素性も問わないが選ばれるのは各町から一名のみ。 それから...出場するには応募用紙に記入せねばならない!笑 

レン「困ったな応募用紙か! 言葉も解るし字も書けるのだけど...この風体じゃ信頼無いからな。」

そんなレンの前を呑気そうな一人の親父が通りすぎた! 身柄は偉そうな武士なのだが貫禄が無い。でも後ろの方には何人かの部下らしい者達が着いて来ている? 偉いのか何なのか?
最後尾にいる荷物持ちらしい者の箱には鍋嶋藩の家門が? レンが耳を澄ませ..部下達の声によれば...前にいる偉そうな親父は鍋嶋藩で家老をしているらしい。
レンは神通力を使い...鍋嶋藩の家老に語りかけた。

レン「おい...オマエ..俺の言葉が聞こえるか...もし聞こえたのなら..天に向けて指を差せ!!」
家老「えええええーっ! 何? 誰? 何処からか低くドスの効いた恐ろしい声が聞こえる? えっ? 聞こえているのは私だけ? ひぇええええ!!」 家老が声の指示通りに天に向けて指差すと..後ろの部下達が立ち止まった。  家老は小さな声で家臣達に此処で休憩をする胸を伝え...団子とお茶席の用意をさせた。
レン「衣服から見て大層立派な人間だと見込んだのだけど...そんなお前に頼みた事が有るのだが聞いてはくれぬか。 簡単な事だ...お前の家臣の一人として...あの応募用紙に俺の名を書き出して欲しいのだ。 頼みを聞いてくれれば...悪いようにはせぬ。お前を操ろうとか命を奪おうなどとは一切考えてはおらぬ。 絶対に考えてはおらぬ!!」
家老はしばし考えた....。どーしたものか? 命は奪わないと二度..説いてきた..ただし..頼みを聞いた場合と言う事か? 鍋島藩の家老にまで登り詰めた..この男...名前は過労と言う。爆
ふざけた顔をしているがこれ迄..幾つもの苦境をくぐり抜けて来た。希に見る才覚とゴマ擦りによって!!!
家老「分かった引き受けましょう...ただ。応募用紙に記述するにも名前が解らないと...。それから我..鍋島藩の家臣と語るとなると素性を知らないと言うのわ!! 」
レン「なるほど...それは当然の事だな。俺の名はレン!! 今..お前の隣で花見団子を食っている!笑 しかし..この団子♪旨いな♪」 家老の過労の隣で大きな山猫が...モグモグと過労が注文した花見団子を食っている。
家老「うげげっ..何時から隣に? しかも..ワシの団子を....。声の主は..この山猫なのか? 汗。」
レン「何を驚いている...見ての通り..隣に座っている大きな山猫が俺様..レンだ!! 」
家老「はははっ...まさか..レン様が..こんなに立派な山猫だとは....。」
レン「猫だと不服そうだな! まぁーいい..花見団子も美味しいが...最近..串に刺してある肉団子を食べて無いな? あれれ..お隣に丸々と太った肉の塊が♪」
家老「えっ? どこに..そんな美味しそうな肉の塊が? 」大汗 レンの鋭い視線が全身に降り注がれた。
暫く...二人の間に暗く淀んだ沈黙の空間が漂ったが.....。意を決したかの様に家老が立ち上がった!
家老「判りました..私も鍋島藩で家老まで努める男! 何故..レン殿が武道大会に出たいのか存ぜませぬが..この過労..命に変えて..レン殿の願い..叶えてしんぜましょう!!!」滝汗。
レン「過労殿..有難い...助かった♪」
過労はレンを連れ..武道大会応募用紙記述の為..受付窓口へ向かった。受付には大勢の強者が並んでいたが..よく見ると猿やキジ..犬などを連れた人間達もいた。ぼそ。
レンは鍋島藩家臣...MHアイルー班所属と記され..無事登録された!笑

武道大会は一週間後の明朝と決まった。

レンは熊鉄に状況を報告するべく..もっこり山に戻る事にした。その前に御世話になった過労に挨拶をしよう。
レン「過労殿..本当に助かった有り難う..御恩は忘れない..また..いつか何処かで逢うことが有れば何でも言ってくれ。力になれる事が有るやも知れぬ。では...。また...さて..もっこり山に帰るか!」
過労「えっ! もっこり山? レン殿..もっこり山へ行くのか!! 実は我等一行..もっこり山へ花見をしようと姫様の命を受け視察に来たのだ。病弱な姫様は旅籠で報告を楽しみにしながら待っておるのだ。 今の時季のもっこり山は満開の桜で山全体がピンク色に染まっているとか♪ ただ..最近..もっこり山には熊のような大きな山猫が人を襲っているとか! で..どーしたものか考えていたら..熊鉄とか言う化け猫が退治されたとかで...。では..視察に行こうとした時にレン殿に声を掛けられたのだ。もし良ければ..我等一行をもっこり山迄..案内してくれないか!!」
レン「過労殿の頼みと有っては断れないな。笑 じゃ...俺の後を付いて来てくれ!!」
過労「おい..早く姫様を連れて参れ!! もっこり山へ出発じゃああ♪」
過労が家臣に伝えてから暫くして..姫様が乗っていると思われる篭がやって来た。
いざ...もっこり山へ..レッツラゴー♪

             おわり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

其ノ捌

2017年04月01日 | 猫魂外伝 舞闘戦記編



一同が唖然としている中...熊鉄が静かに毛皮の着ぐるみの経緯を語り出した.......。
熊鉄「これが本当の俺の姿だ!!! くれぐれもこの事は...此処にいる者のだけの秘密にしてくれ。
妹の鈴も初めて見るのだから。笑
あれは戦乱で両親も戦火で失い...取り残された幼い妹と俺が途方にさ迷いながら飲まず食わずでようやく誰もいない山へ逃げ延びた日の事だった。 露草の雫で喉を潤し...泣きじゃくる鈴を宥め..何か食べる物がないか探そうと妹に動かないように言い聞かせ..俺は山の中を駆け回った。
そんな折..村と言うか集落なのか判らないが...数件の小屋が並んでいた。此処なら何か食べる物が有るかも知れないと探したが...何もなかった...それどころか人の気配も...。何処かへ逃げたのか?
そんな時..一番大きな小屋で俺は立派な猪の毛皮が掛けられているのを見つけたんだ。
何て大きな猪だ...怪物だな!!
ふと...俺は思ったんだ...俺には守らなくてはならない可愛い妹がいる。でも..今の俺は..小さな体で力もない...この先..どうして生きていけば良いのだろうかって。 俺もこの猪の様に大きな体だったら..どんな災難も蹴散らせるのに....。 んん?  この毛皮をまとえば...俺も少しは大きく力強く見えるかな!! 幸い..誰もいない様だから...この毛皮...暫くお借りするか!! 拝借する訳じゃない...俺が毛皮をまとわなくても大きく力強くなったら...絶対に返しにくるから。
俺は毛皮を持って..妹の元へと戻った。その夜は何も食料は見つから無かったけど...暗くて寒い山の中..俺達兄妹を毛皮は暖かく優しく包み込んでくれた。 俺はあの日の夜の事を今でも忘れない!
次の朝..近くに渓流があったので四苦八苦しながら何とか岩魚を捕まえて..二人で食べた。
そんな日がどれだけ続いただろう...。 渓流には時折...大きな熊も表れた。うげげ...デカっ!! あんな腕で殴られたら人堪りもないな! 恐っ!! んんんっ? あの大きな毛皮をあの熊の様な形に出来ないかな!! その日から...兄ーさんは夜なべして。着ぐるーみ編んだだよー♪ ぼそ。
そして改良の改良の末に完成したのが...その着ぐるみだ♪
あれ以来..俺は風呂に入るとき以外は着ぐるみを脱いでないから...鈴も知らないだろう!!」 

鈴「お兄ちゃん...私..知ってたよ。大きな毛皮を羽織って...ズルズル歩いていれば判らない筈無いじゃない。でも..一生懸命に頑張ってる姿を見てたら言える筈無いじゃない。いつもいつも傍で私を守ってくれて...苦しい時も泣き顔一つも見せないで...私の前ではいつも笑顔で....。ほんと...お兄ちゃんにはどれだけ感謝しているか!! お兄ちゃん...いつも誰も入らないように鍵を掛けて御風呂に入るじゃない。私..もしかして着ぐるみの事を誰にも知られたく無いのかなって思って。
だから...お兄ちゃんが御風呂に入っている時にそーっと忍び込んで...着ぐるみの綻んだ処を直してたのよ♪ 私がお兄ちゃんに出来る事はそんな事ぐらいしかないから.....。」ぐすっ。

熊鉄「えええええーっ!! 全然...気付かなかった!! 汗。 鈴..俺の方こそ...お前に感謝しているんだ!!
お前がいたから今日まで俺は生きてこれた...どんなに疲れた時も苦しい時も...お前の屈託の無い笑顔で俺は....明日も頑張っていくかって思えたんだ! もし..俺一人だったら...やけっぱちになって無理をして...多分...今日まで生きていなかっただろうな.....。有り難う...鈴♪ 傍にいてくれて。」

レン「熊鉄の親方...盛り上がっている所...悪いが...少し良いか! その毛皮..怪物の様な猪とか言ったな。 ちょっと臭いを嗅がせてくれ。」レンはそう言うと熊鉄が脱いだ毛皮の臭いを嗅ぎだした。
熊鉄「何なんだ..レンの旦那?」
レン「やはり...そうか...あの時の猪だ! 不思議な物だな..これも何かの縁なのか...。回り回ってこんなところで再会するとは...。 熊鉄に出会った時..何となく懐かしい感覚に襲われたんだが...。
俺はお前に導かれて此処に来たのかも知れないな! もしかしたらお前にも..熊鉄兄弟の様な大切な守りたい物があったのかも知れないな..その事を死して尚..俺に報せようと。 晴明様が言ってた様に...命とは決して一人だけの物じゃない..己の知らない処で繋がっているのだと。
大猪...有り難う..心の中にお前の想いを留めておくよ..忘れぬ様に。」

熊鉄「旦那..何なんですか? さっきから毛皮の臭いを嗅いで変な顔をして? 怪しい旦那に戻ってる!」
鈴「やだ..変態?」
レン「はははっ....。 実は..その大猪..俺の昔の知り合いなんだ。」汗
熊鉄「旦那...冗談はよして下さいよ..この毛皮の主の事を調べた事が有るんだけど...アッシの聞いた話じゃ...50年以上前に仕留められた物だと聞いてますぜ!! だとしたら..旦那は一体..何歳なんでさ!!」
レン「年齢か? 数えた事が無いから忘れたな?」
熊鉄「まぁーあ..年齢は良いけど...アッシの可愛い妹にちょっかい出さないで下さいね!!」キッパリ
レン「はははっ...出さない出さない。」大汗
熊鉄「頼みますよ旦那! それ以外の事なら何でもアッシに言って下さい!」笑
レン「そうだ..親方...多分...街では熊鉄の親方は死んだ事になっていると思うんだが。ちょっとばかり...様子を見に行きたいんだが...街までの地図を書いてくれないか。親方も状況が判るまで暫く静かに身を潜めていた方が良さそうだしな。」

鈴「お兄ちゃん...何やってんの!! 無理に着たら..破けるって..着ても着なくても変わらない体形になってるじゃない!! 怒 本当に世話がかかるお兄ちゃんね!!」
熊鉄「さっき..感謝してもしきれないと...言ってたよな...。」
鈴「感謝しているわよ..この着ぐるみの毛皮の様に...弾き切れそうな位にね!!超怒」
レン「姉弟喧嘩は犬も食わないと言うが....猫だからな? さっ..俺は温泉にでも浸かりに行くか!」逃

次の朝...熊鉄か街までの地図を渡されたレンは...暫しの間..山を下り...様子を見に街へと旅立った。

                おわり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加