なんでやねん?ドラキュラ!

猫魂外伝は猫魂(名も無き猫の物語)のエピソード0になります。ぶぶぶ。
自分の中では絶賛連載中♪(* ̄∇ ̄*)でへへ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エピソード8

2016年12月08日 | 猫魂外伝 創世記編



運命の時を迎え...それぞれの族長リーダーを始めとする天民達の緊張はピークに達していた。
脚は震え..声は裏返り..額からほとばしる滝の汗。 そんな状況だが...天民達..共通の願いや想いが少しだけ恐怖心より勝った。重い重い足取りだが一歩...また一歩と進むのである。

黒兎族とセバス。
奄美のあまじい「はい...セバス様♪毒消し配合のカシス酒で御座います!早く元気になってくださいね。」
セバス「あれ...わて..ルードはんに噛まれていたんでっか? 全然..気付きまへんでしたわ!!ぷぷぷっ。てっきり...体がダルいのはインフルエンザかと....。笑 あっ..それ風邪薬でっか? 多きに頂きますー!!
グビッ...グビッ...ぷうふぁーあ!! げふっ!!!」 何の疑いも無くすんなり飲み干してしまったセバスであった。 ZZzz....。寝ている。はやっ?

白兎族と香。
因幡のオババ「香様だったらあんな亀..止まって見える事でしょう..まさに香様は我等が王♪さっさっ..先ずはググィーと一杯♪」むひ。
香「ふふふ...のろまな亀野郎!! 遂にわたしの強さに降参したか!!ふふふっふ! にょほほほ!! にゃははは♪にゃはははぁああ♪♪ 良し乾杯じゃああ♪ グビッ...グビビッビ♪ぷぅはぁーああ!!」
暫くすると...ゴロゴロと喉を鳴らして眠りだした。うにゃにゃにゃ♪ぐふふふ。

ロー族とルード。
ロジャー「ルード様に比べれば私の作戦など子供の浅知恵の様なものです。感服致しました!! 我等の神...ルード様!! 此れからも末永く我等をお守り下さいませ。」汗。
ルード「何..。姿が見えない敵と戦うのに疲れた...逸...襲われるか判らない恐怖に耐えられません!涙
香の奴...俺様のじわじわと締め付ける様な攻撃の重圧に耐えられなくなったか!笑 げへへへっ♪
手段を選ばない俺の戦略勝ちと言うことだな!! おい...ロジャー!!! 酒だ...酒♪ 早く酒を持って来い!!
今日は死ぬほど飲むぞー!!! ぐはぁはは!! グビッ..グビグビ..グビグビ! どひゃーああ!! うぇっぷ!!」

ルードはトグロを巻いて眠りだした。あららら? 意図も簡単に子供騙し様な作戦に引っ掛かった。
んんーんっ。おこちゃまか?笑 まぁー四獣達は或意味...無邪気で純粋な物達だからな。
まさか...小さな天民達が自分達を倒しに来ようなどと考えもしていなかったのだろう。警戒心0!!超爆

ピー族とメリル。

残るは神獣メリルのみ.....。
ピーターがメリルに話し掛けている。
ピーター「メリル様..先程..お願いした件なのですが是非..お力添えを......。」
メリル「えぇーえ♪分かったは直ぐに行くわ♪眠りコケている三獣達をあのイカダに乗せて..あの場所迄..運べば良いのね♪ それにしても酷い物達ね...大切な親友が旅立つと言う一番大事な時に飲み過ぎて動けないなんて。ぷぷぷっ。
はぁーあ! 疲れたわ。この辺で良いのかしら? 少し暗くなってきた...そろそろ行かないと♪ あなた方にはとても御世話になったわね。有り難う♪ 貴方達のピートルズも...とても良かったわ!! また...いつの日か此処へ戻ってくる事があったら..また宜しくね!ふふふ。さて..新しい自分探しの旅に出るとしますか。」笑
ムーンプリズムパワーメイクアップ♪ 月に向かって旅立ちよー♪ そう言うとメリルは空高く舞い上がった...月明かりがメリルの体を金色に輝かやかせていた.....。
メリルはロケットの様な速さで大気圏へ突入していく。
メリル「今だわ!! 科学忍法火の鳥.....忍♪」ぼわぁーん?
メリルの姿が消えた.....。 ピーターの目から何故か涙が溢れた.....。
ピーター「あれ可笑しいな...今夜は綺麗な満月の筈なのに.....僕には何故かおぼろ月に見えるょ。」ぐすっ。

メリルは旅立った。後は三獣を計画通りに封印するだけ!!

               おわり 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エピソード7 | トップ | エピソード9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫魂外伝 創世記編」カテゴリの最新記事