時計修理と無駄遣いの日々

趣味でやってる機械式腕時計修理の記録をメインに紹介します。修理のご依頼は#000を参照下さい。

#130 BELL & ROSS 自動巻 ETA2895-1のオーバーホール

2015-12-24 19:00:44 | 時計
Bell & Rossに搭載されているETA2895-1のオーバーホールです。 . . . 本文を読む
コメント (1)

#129 Sellita SW200の組み立て

2015-10-05 19:45:43 | 時計
セリタSW200の組み立てです。 . . . 本文を読む
コメント (3)

#128 Ebel 1911 自動巻クロノメーター ETA2892-A2のオーバーホール

2015-05-06 04:40:59 | 時計
エベル 1911 クロノメーターでETA2892-A2搭載です。 . . . 本文を読む
コメント (2)

#127 ロレックス デイトジャスト Cal.3035 のオーバーホール

2015-03-09 11:47:09 | 時計
ROLEX DateJust Cal.3035のオーバーホールです。 . . . 本文を読む
コメント

#126 ETA 7750搭載のHAMILTOM KHAKI X-WINDのオーバーホール

2014-10-23 18:15:53 | 時計
言わずと知れたETA Valjoux 7750です。左右逆にムーブメントを利用しています。 . . . 本文を読む
コメント

#125 レビュートーメン エアスピード ETA2836-2のオーバーホール

2014-07-01 23:32:09 | 時計
ETA2836-2搭載のRevue Thommen Airspeedです。 ポインターデイトになっていますね。 . . . 本文を読む
コメント

#124 復刻版 RADO DIASTARのオーバーホール

2014-05-27 11:50:30 | 時計
復刻されたDIASTARです。 ムーブメントはETA2836-2が搭載されています。 . . . 本文を読む
コメント

#123 ORISの自動巻 ETA 2836-2 のオーバーホール

2014-04-25 23:05:01 | 時計
オリスの自動巻です。ムーブメントはETA2836-2です。 . . . 本文を読む
コメント

#122 ETA 2824-2 搭載 FORTIS AUTOMATIC の修理

2014-03-30 19:44:09 | 時計
不動状態で送られてきたFORTISです。 ムーブメントはETA 2824-2です。 3番車とアンクル交換、短針の補修とオーバーホールで14000円でした。 . . . 本文を読む
コメント

#121 グランドセイコースペシャル Cal.6156Aのオーバーホール

2014-02-11 20:39:13 | 時計
1972年6月製造のグランドセイコースペシャルです。 . . . 本文を読む
コメント

#120 ROLEX OYSTER PERPETUAL DATE Cal.1570のオーバーホール

2014-01-21 03:23:31 | 時計
Cal.1570搭載のオイスターのオーバーホールです。 特に問題点も無く、大変綺麗な状態でした。 . . . 本文を読む
コメント

#119 汎用・廉価7750 + 6時秒針モジュール登載 デイトナっぽい時計

2013-12-16 09:11:40 | 時計
汎用・廉価7750 + 6時秒針モジュールを登載さいたデイトナっぽい時計です。 このタイプに泣かされた方、沢山居ると思います。買った方も修理する方も泣く時計ですね。 . . . 本文を読む
コメント (7)

#118 キングセイコー Cal.4502A のオーバーホール

2012-11-25 13:14:25 | 時計
10振動の手巻きムーブメント、4502A登載のキングセイコーです。 基本料金10,000円です。 . . . 本文を読む
コメント (2)

#117 RADO BALBOA ETA2789のとオーバーホール

2012-11-19 00:12:19 | 時計
6振動のETA2789を登載したラドーのバルボアです。 リューズ操作が出来なくなったと言うことでお預かりしました。 丸穴車・角穴車の交換とオーバーホールの実施で18,000円です。 . . . 本文を読む
コメント

#116 OMEGA Geneve AUTOMATIC Cal.565 のオーバーホール

2012-10-14 20:25:35 | 時計
オメガの完全オリジナル自動巻きムーブ Cal.565 のオーバーホールです。シーマスターにも登載されてるムーブメントです。基本料金は15,000円です。 . . . 本文を読む
コメント (2)