アラフォーの「あをによし」ブログ

奈良に住むアラフォーのおっさんの日常をつづります。ほんまにどこにでもいるおっさんです。

止まらない時間

2017-05-18 23:41:33 | 考えたこと
 私の長女は10歳、小学5年生である。そろそろ身も心も大人になる子も多いと聞くが、幸か不幸か幼いほうの分類に入る娘は、いまだにパパになついてくれており、少なくとも表面上はアメリカから帰ってきた6年前からそう変化がないように思われる。父親としてそれは限りなく嬉しいことだ。
 しかし、それが3年後もそうなのかと言えば、正直自信がない。
 ということは、そういう日(父親と距離を置き始める日)が遠くない将来に来るということである。それは1年後かもしれないし、3か月後かもしれないし、ひょっとしたら明日かもしれない。まあ、いきなりということはないだろうが、時間をかけて少しずつそうなって行って、3年後にはきっと大きく変化した親子関係になっているのだろう。
 そう思うと、とてつもなく寂しくて切ない。いま当たり前のように過ごしている日が、そうでなくなっていくカウントダウン。年初に見た「僕はあす、昨日の君とデートする」という映画が頭に残っているのだが、なんかその情景がリフレインする・・・さびしい中年の生き様である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復刻/限定ユニフォームへの... | トップ | 練習 2017-05-14 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。