NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

スタッフを募集します

2017-06-29 08:09:31 | 2017シーズン
NARAYA CAFEでは新たにスタッフを募集します。

今年は9月にブックカフェスペース「NARAYA TABI BOOKS」のオープンを控え、夏休みのハイシーズンも近づいてきたためスタッフの増強を図りたいと思っています。

今までテレビなどにも取材され、みんなでワイワイと楽しむ「足湯カフェ」として定着してきた当店ですが、ブックカフェスペースを拡張オープンすることにより、本を読んだり、勉強をしたり、観光地でありながら、日頃の喧噪から離れてリセットできる場所を提供したいと思います。




フロア面積も増えるので、常にこれまでのスタッフ数+αのマンパワーが必要になります。
また今後、宿泊事業、各種イベントなどを企画していくためには、オーナー夫婦である我々自身が働き方を改めていく必要があると感じています。
つまり、僕とえみが中心となって家内労働的に働き、それに加えてスタッフにシフトに入ってもらうという形でなく、少なくとも我々のどちらかがシフトから外れて、より俯瞰的な視点から動けるようにしたいのです。

もちろん観光地ゆえに、シーズンのON OFFの浮き沈みは大きく、瞬間的にどうにも忙しくなってしまう時にはオーナーである我々が人の倍働くつもりで動いたり、逆にぽっかり暇になってしまう時には「自分が働けば給与の支払いは発生しない」というつもりで凌いできました。
ある意味、それは小さな店ゆえの気楽さでした。

ですが、ありがたいことに、年々、シーズンのONはあっても、スタッフを入れたら赤字になってしまうようなOFFはほとんどなくなってきました。
背景には外国人観光客の爆発的な増加があることを身をもって感じています。
今、動かなければ、10年先に生き残れない、そんなタイミングに立たされています。

ーーーーーーーーーーーー

前置きが長くなってしまいましたが、今回、若干名のスタッフを募集します。

業務内容:ホール、レジ、調理、店舗・足湯の清掃などNARAYA CAFEの業務全般を
     状況に応じてやっていただきます。 

勤務日 :土日・休日を含む週2日程度から
     
勤務時間:9:30~19:00頃(時短勤務等は要相談)

給与:  時給950円〜  (交通費支給・昇給あり)


感覚的にお客さんの2〜3割程度は外国人で、とくに最近増えています。
英語などの語学能力はあれば好ましいですが、必ずしも必要ではありません。
「英語は苦手だし話したくない!!」ということだとちょっとキビシイかもしれませんが、バイトしながら1日に何カ国ものひとたちとコミュニケーションできるなんて素敵ですよね。
近々、全身で入れるお風呂も完成予定なので、仕事の後に入浴することも出来るようになります。

雇用環境については、現在のスタッフも含めて、今後も随時改善していくつもりです。
NARAYA CAFEで働くことを通して、たとえば自分の興味のあるイベントを何か1つ企画・実現するなど、それぞれのスタッフが得意分野を活かして輝ける職場にしたいと思っています。


応募・お問い合わせはHPのお問い合わせフォームまたは電話(0460−82−1259)までお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« rain water展 -vol.5- | トップ | 7/15,16「遠足小田原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017シーズン」カテゴリの最新記事