風に吹かれて~撮りある記

身近な自然の撮影
詩・雑文・ペット・簡単料理レシピ等

楽器の演奏

2016-10-17 10:20:17 | 花撮り


こんにちは。

冷たい雨ですね。

昨日はいい天気だったのにな。

土曜日の日にピアノの調律の人がきました。

一年に一度来てくれます。

2時間位かな。

かみさんとよく話をしてます。

ピアノが実家に在った時の人からの紹介で来てもらってます。

10年くらいかな。

労音に所属していて、いろんな歌手のコンサートの際にも

ステージの脇で待機してるそうです。

一日5万円と言ってました。

緊張するそうです。

ピアノの弦が切れたときは困ったそうです。

手元にありませんから。

こっちのを取って張り替えれば

という無責任な声がしたそうです。

そうするとみんなずれてしまうのだそうです。

業者の方が弦をもってきて取り付けてくれたそうです。

さっそく調律して事なきを得たそうです。

以前は車を運転してたのですが、

どうも信号などで止まると

取り囲まれてるような気がして

辞めてしまったそうです。

自転車はすごいスピードで走る人に

恐怖を覚えてこれもやめました。

のんびり歩くのが一番ですよ。

ラッシュの電車も大嫌い。

仕事上仕方のない時以外は

時間帯をずらしてるそうです。

ひとり者なのでのんびり暮らしてるそうです。

食事は自分で作るそうです。

こったものは作らずに簡単に済ませてるそうです。

行列なんてとんでもないといっておりました。

お茶にはうるさい。

紅茶が好き。

その時だけ美味しい紅茶を買ってきますね。

ママも含めて3人で暫く会話を楽しんでいました。

彼が来ると冬の予感です。

また来年ね、と言って帰りました。

この近くでも何軒かお得意さんがいます。

かみさんが紹介したのもあります。

気さくな人なので好まれてます。

お父さんもああいう風に穏やかな人になればいいのに、

と必ず言われます。

余計なお世話です。私は私です。

そのうち未来も習うのかな。

たまにしかひかないので娘たちはへたくそになってます。

手がついていかないのです。

今は大人の音楽教室もあるそうですね。

やるとしたらどの楽器を習いますか。

私はバイオリンです。

あの音色が大好きなんです。

なんか楽器でもやれたらかっこいいだろうなと

学生時代考えたことがありました。

なんかやってみるかという話までは行きましたが、

それで終わりでした。

準備などの大変さに恐れをなしたんです。

あの頃もまだ音楽なんて

まともな人間のするものではないという大人の意見が

氾濫していました。

ブラスバンドに入って大勢の中の一員として演奏するのは

なんかいやだなともおもってました。

今になるとなんか楽器を演奏出来たらよかったなあと思います。

バイオリンでなくていいです。

難しすぎますから。

かっこいいとかではなくて、

気持ちが落ち着いたり、優しくなったり、

明るくなったりするからです。

仲間も増えますね。

下手な言葉よりずうっと分かり合えるかも。

国籍も年齢もなく自由です。

アメリカ映画で災害現場から脱出する黒人がいうんです。

水と食料、あとは自由と音楽、それさえあれば生きて行けるさ。

音楽なんて必要?とおもってましたが、

近頃なんとなく分かるような気がします。

言葉も勇気づけてくれますが、

音楽もそうです。

心が悲しかったり、寂しかったりするときに

よく音楽を聴きます。

なぐさめてもらいたいから、

勇気づけてもらいたいから。

楽器の演奏ができたらもっと素晴らしいのに。

いまさらそう思ってます。

オカリナでも挑戦して見ようかな。

前にもそんなことを言ってましたが、

やってませんね。

だめだな。一歩踏み出すのがね。

なんだかね。

さて今日は市民の森の温室の写真です。

リス園のわきの十月桜と一緒にご覧ください。

寒いですよ、風邪などひかないように。

ではまた。



   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リス28 | トップ | きつねうどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。