習志野市民フォーラム

市民情報交流センター

JR津田沼駅巨大タワーマンション説明会概略

2016年10月31日 | 市情報
JR津田沼駅南口の旧仲よし幼稚園跡地(モリシア裏で現在は駐車場、駐輪場)の
タワーマンション建設が始まることとなり説明会1日目が28日に開催されました。
関連記事
http://blog.goo.ne.jp/narashinoshimin/d/20161024
当日の資料を掲載します(一部割愛)
また市民フォーラム例会において説明会参加者からの報告もありました。
28日の説明会は参加者は近隣を中心に50名程度。
フジタの社員が主に説明。
今回の説明会は2回目とのことで質疑では反対の意見はなく、安全対策や
日照などの質問が主だったようです。

市民フォーラム例会では下記討論がありました。
・多数の工事車両が入ってくるが、渋滞や工事車両の駐車はどうするのか。
・風害は調査中とのことだが実際建った後、想定外の風害があった場合はどう対応するのか
 (植樹などで間に合うのか)。
・市民集会室など市民スペースについて市民からの要望はどのように、どこまで取り入れるのか。
 そもそも行政はどこまで対応するのか。
・認可保育園はマンション住民以外も入れるのか。
・小学校は近隣は満杯で、離れたところに通学するが、実際に入居した住民から
 近隣になぜ通えないなどの苦情が出るのではないか。
・これを契機に習志野市は高さ規制に取り組むべきだ。
 などの意見が出されました。

タワーマンションはごく近隣だけでなく、広範囲に影響を及ぼすこととなります。
完成、入居した後、当該入居者や広い範囲にどのような影響が出るのかは予測できません。
もともとは市の一等地の不動産を売却した場所です。
行政はどこまで対応するのでしょうか。

谷岡市会議員の下記ブログにも説明会の模様は掲載してあります。
http://bootsman.exblog.jp/26103298/

(当日の説明資料)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10.30南スーダン問題講演会(... | トップ | 11.3「アベ政治を許さない」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事