習志野市民フォーラム

市民情報交流センター

ボートピア習志野の用地の一部が新たなギャンブル会社「東京都競馬」に売却

2017年05月17日 | 市情報
競艇の場外舟券売り場の「ボートピア習志野」の用地の一部が
本年4月27日に売却されました。
同用地は駐車場の一部が現在工事されています。
登記簿謄本によりますと売却されたのはこの用地の一部17,179㎡です。
売却先は公営ギャンブルの大井競馬場などからの収益(家賃)で
経営している東証一部上場企業の「東京都競馬」です。
公営競馬場外などの新たなギャンブル施設とならないのでしょうか。
本年3月28日の第30回ボートピア習志野環境委員会議事録によりますと
売却先は倉庫物流に限定との記録があります。
確かに「東京都競馬」は会社四季報によると賃貸倉庫も営んでいます。
仮に物流倉庫ができたとしても、やがてそれが場外馬券売り場に
衣替えしないという保証はあるのでしょうか。
そもそも、10年前にギャンブル場反対運動が起き、訴訟や住民投票署名
まで起きた物件です。
よりによって新たな公営ギャンブル業者の「東京都競馬」に売却することはないのでは
ないでしょうか。

該当議事録と謄本
https://www.city.narashino.lg.jp/joho/machidukuri/boatpia/iinkai.files/dai30kai_kaigikiroku.pdf
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国新大統領「私は憲法を守る」 | トップ | 5.19共謀罪廃案国会前行動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。