大黒さん

つれづれに、道行く人のながれを眺めている土塀のうえの大黒さん

中国 米の北朝鮮への先制攻撃を容認?

2016年10月01日 | Weblog
備えよ常に! 備えあれば憂いなし


            


9月20日、韓国の国内紙は「中国が北朝鮮の核施設を

狙った米国の軍事作戦を黙認する方針を決めた」と

報じたほか、米海軍特殊部隊「Navy SEALs」(ネイビー

シールズ)などが、金正恩ら北朝鮮幹部を急襲して、

排除する「斬首作戦」を実行する予想が広まっている。

独裁者などを対象とした「斬首作戦」はリビアのカダフィ

大佐やビンラディン殺害作戦で実績を上げている。

㋈9日の5回目の核実験後、北朝鮮は「核弾頭の小型化、

軽量化に成功した」と発表し、弾道ミサイルに装着が

可能になったとの声明を発表した。

ソウルや東京だけでなくアメリカ本土も火の海にする

との恫喝が現実のことになる危険性が一気に高まった。

朴槿恵も先制攻撃に傾き、同意しているようだ。

北朝鮮攻撃に備えた準備や体制はすでに整っていると

され、米原子力空母艦隊や戦略爆撃機「B1B」2 機も

韓国へ派遣されている。

朝鮮労働党創立記念日の10月10日、金正恩が

6回目の核実験を行う観測もあり、「人工衛星」と称して

米本土に達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射

実験を強行する動きも見られる。

米韓両軍は、10月10日から15日にかけて、朝鮮半島

西方海上の黄海で米原子力空母「ロナルド・レーガン」も

参加して合同演習を行う予定がある。

10月10日を中心に、金正恩が更なる挑発に踏み出した

場合には、Xデー到来となる可能性を備える。

備えよ常に! 備えあれば憂いなし」です。

健康と安心のメタボへの備えは?





W.ヒューストン DVD



マイケル DVD


Javari.jp レディース



  






gooリサーチモニターに登録!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国経済悪化 小売販売部門... | トップ | 断末魔の韓国造船業界 受注... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。